拡散《ナッソーの「慰安婦碑」と情報戦》

2012年06月20日 07:05

拡散《ナッソーの「慰安婦碑」と情報戦》


■韓国が「慰安婦」問題に力を入れているときは、この20年間を俯瞰すると、経済・財政がパンクしそうなときに、決まって大騒ぎしていました。今回も韓国はパンク寸前ですね。


米国の議員や自治体職員に、「慰安婦問題」を陳情するときの究極の資料は、第2世界大戦中に米軍が独自に行ったビルマ(現;ミャンマー)での、朝鮮人慰安婦20名と慰安所経営者2名の尋問調書を読んでいただくことが、最大の武器になります。それは、下記のサイトにでていますので、米国関係者に見てもらえるように呼びかけましょう。

http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.html

情報戦は、ポイントを絞って淡々と継続することが肝要です。とりあえず、この尋問調書のURLをできる限り拡散してください。


その為の方法は、断定して押し付けたら逆効果ですので、韓国もそこは慎重にやっています。「あなたは覚えていますか?」と、ヤンワリ新聞広告をだしています。

そこで日本側は「あなたは米軍の尋問調書を知っていますか?」との広告をニューヨークタイムズに出したいですね。


ただ米軍の資料を掲載するだけでいいのです。その 調書の冒頭に「慰安婦とは軍人のための売春婦である」から始まっています。その資料だけで、日本側の主張は一切載せなければ、広告を拒否できないでしょう。その広告の最後に、昨年度の米国務省が出した世界人権白書で「韓国は売春婦の供給国」と謳った文章を最後につけ加えたら完璧です。


このような広告に、数千万円を直ぐ出すために官邸機密費があるのですが、情報戦のイロハを知らないとなかなか分からないのでしょう。「これが真実」だ、などの広告は、子供の喧嘩レベルで逆効果になったことを反省し、米軍の尋問調書全文をニューヨークタイムズに載せましょう。誰れとは言わないが、国益を損ねた反省を込めて、載せる責任があるのですよ。金持ちの暇つぶしや遊びではないのですから。

≡≡≡≡≡≡「ニューヨークのなでしこ」さんから、ナッソーの「慰安婦碑」の情報が寄せられました。以下転載です。≡≡≡≡≡≡≡≡≡

◆ロングアイランドのナッソー群の慰安婦の石碑に関して、地元有権者の知人4,5名に先週末聞いたところ、誰も何も知りませんでした。それこそアイゼンハワーパークの年間パスを持っているアメリカ人家族の方々です!



そもそもあのエド郡長も詳細は知らないのかも、と言っていました。一人はエドの友人です。


もしこの件で役に立てることがあれば連絡をください、とおっしゃってくださった方もいます。

またお一方は、ホワイトハウスの請願に関しまして、日本人が日本からはっきり言ってくださったことに
大興奮していまし た。

これを機会にエドをはじめ道に迷ったロングアイランドの人に教えてあげていただけないでしょうか。


ナッソーの人は最近ようやく中国人と韓国人と日本人が違うことに気がつきはじめました。

率直に申し上げますと、日本だと思ったから今まで信用してたのに、違うの?といった感じです。


ロングアイランドのアメリカ人は日本在住の日本人に比べると教養が全くないかもしれませんが、そこが知りたいとは願っているのでご配慮いただけると幸いです。



エド郡長には、ここからメッセージは送信できるようです。http://www.nassaucountyny.gov/contact.html メールアドレスは公開されていないようです。
もしくはこちらから一度ログインするのでしょうか?https://nassaunow.localitymedia.com/auth/login エド郡長にはガンガン言って大丈夫です。

≡≡≡≡≡≡転載終了≡≡≡≡≡≡


小生は、「慰安婦碑を利用してカウンターパンチ戦略」の実行を呼びかけます。それは、韓国ロビー活動を最大限利用して、「慰安婦碑」を設置したニュージャージー州の新聞広告に「貴方は米軍の尋問調書を知っていますか?」と、全面広告をまずだして、その後に、バラセーズ地区の新聞の折り込み広告を全紙にいれる。これで、在米朝鮮人の信用はガタ落ちになりますよ。


そして、今回のロングアイランドの新聞に「貴方は米軍の尋問調書を知っていますか?」と広告をだし、そして、折り込み広告をナッソー郡の全紙に入れてもらいましょう。


冷静沈着に頭を使えば、情報戦に勝てます。これを理解して頂ける政治家は、いまの永田町にいないのが残念でなりません。


いずれにしても、
資料はなくなりませんので、資金を出せるものが賛同されたら、来月にもできることなのです。


※※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」代表 ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8》(条件;上記全文掲載)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


尚、「寄贈する会」の趣旨に賛同され御支援くだされる皆様方には、誠に御手数で御座いますが、下記の郵貯銀行番号口座まで宜しく御願い致します。


ゆうちょ銀行;口座名【『南京の実相』を国内外のメディア図書館等に寄贈する会】


●銀行から→郵便局へ振込する場合の番号。


018-80121811

●現金を持ち込みして郵便局から→下記指定口座に振り込む場合の口座番号は、次の通りになります。


10150-80121811


この場合の振込手数料は、振込額30,000円迄は525円が必要です。


振込額30,000円を超える場合の手数料は735円です。


使用する払込指定用紙は、電信払込請求書・電信振替請求書は「青色の用紙」です。


●個人の郵便貯金口座から→自動支払機で下記指定の郵便口座に振り込む場合の振込手数料は無料です。

10150-80121811


【連絡先住所】

〒105-0011
東京都港区芝公園6番23号;光輪会館5F;(株)日新報道気付;『南京の実相』を国内外のメディア図書館等に寄贈する会

FAX;03-3431-9564

【寄贈先住所氏名情報提供専用のメールアドレス】


xyz114xyz@docomo.ne.jp


▲△▲△▲△▲△▲△▲

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった