緊急拡散《全国人民代表大会で「南京大虐殺否定罪」が提出される》

2012年03月12日 16:30

ENGLISH TRANSLATION

緊急拡散《全国人民代表大会で「南京大虐殺否定罪」が提出される》



3月9日、全国人民代表大会で、南京芸術学院の雛建平院長は、国家規模の抗日戦争記念施設の建設を提案しました。


それに引き続き、2012年3月10日、全国人民代表大会代表雛建平氏は、「南京大虐殺否定罪」の制定を求める呼びかけを行った。(揚子晩報)


これは、ドイツの「反ナチス法」を見習って制定を呼びかけたもので「河村市長と極少数の日本の右翼分子に強力な威嚇になる」と、雛代表が述べている。


この法案は、「南京大屠殺記念館」から提案され、江蘇省代表団36人の同意を取り付け提出されることになる。


仮に「南京大虐殺否定罪」が法案化されると、日本で「南京大虐殺はなかった」と発言した河村市長や石原都知事、上田埼玉県知事などの政治家だけでなく、我々国民も観光やビジネスで入国すると逮捕拘留されることになる。


雛代表は「他国の法律を犯す政治家の政治生命に影響を与える」など、世界の田舎者だけにしか通用しない、寝ぼけたことをのたまっているようであるが、是非、同法案を制定していただきたいものだ。


その時こそ、人類史に残る「嘘つき漢民族」として、世界中の笑い物になるときなのだ。これは、現共産党一党独裁国家だけの問題だけではなく、中国大陸に過去に棲息していた主に漢民族全体に関わる名誉が、地に墜ちることにもなるのです。



日本政府は、本気になって日本人の名誉を守る戦いを決断し、ジュネーブで「国際南京問題検証会議」の開催を即実行できる準備をしておく必要があるのです。


世界のまともな歴史学者なら、「南京大虐殺」などは、中国が行った「戦時政治宣伝」と見抜いているのであり、それが証拠に過去に南京問題の「国際検証会議」など、ただの一度も開催されたことなどないのです。


「南京大虐殺」は、日中共同声明以降、戦前から「南京虐殺プロパガンダ」に従事していた、郭沫若が主導して政治宣伝を開始したのであり、一人でも歴史が分かるまともな政治家がいたら、とうの昔に「南京虐殺プロパガンダ」など、粉砕できていたのです。


それを証明するように、自民党歴史議連に中山成彬会長と西川京子事務局長が就任するやいなや「南京問題の検証」が実施され、『南京の実相』(日新報道)として纏められ出版されてから三年を過ぎても、中国や朝日新聞だけでなく、「南京問題」を商売にしていた保守言論人までが沈黙してしまっているのです。

1990年代から「南京の研究」を始めていた東中野修道・亜細亜大学教授は「南京学会」を主宰していたが、同議連が2007年6月19日、国内外の記者に「南京問題の検証」結果を発表した後に、西川京子事務局長へ宛てた手紙に「民間で出来ることはやり終えました、あとは国会議員の方々にお任せします」と認め、「南京学会」を解散しています。


『南京の実相』を国民に普及させることが必要なことは、東中野氏が言うまでもなく、「南京問題の検証」を発表後、これまで中国や朝日新聞が沈黙していることで明らかなのであるが、なんとか「南京問題」で商売を継続したいとする「保守」勢力が存在することもまた事実です。


その事例として、『南京の実相』が発売された直後に妨害工作が明らかになっております。国民新聞が報道した記事を参考に転載します。

以下転載≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

国民新聞 平成21年1月25日号



【内外雑報】


『中山成彬氏が茂木弘道氏の怪文書に激怒』


国民新聞前号の書評欄に掲載された『南京の実相』の評者宛に「史実を世界に発信する会」の茂木弘道事務局長から驚くべき手紙が届いた。


内容は、同書を監修した中山・元文科相に茂木氏が自身の南京事件に関する論文を送ったところ、中山氏から「指摘箇所が間違っていたことは分かっており、今後は十分注意する」旨の返信のコピーを添え、販売・PR活動を控えた方がいいという。



同書を編集したジャーナリストの水間政憲氏によると、中山氏は「私も秘書もこんな文書を出していない、これは酷い話だ」と私文書を偽造されて激怒しているという。



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡以上転載


■歴史認識の正常化を妨害する勢力は、左翼だけでないことを認識していただければ、いま我々がやるべきことは、自ずと理解して戴けると思っております。




南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
★一次資料で真相が分かる『南京の実相』は和英併記本です。「理美容室」「蕎麦屋」「とんかつ屋」「ラーメン屋」さんまた、歯科、医院など思い付く待合室に置いて頂きより多くの方に真実を知って頂きましょう。※全国の紀伊國屋書店にて御注文・購入が出来ます。


■閣議決定を阻止するには、大事な時間帯になりますので、淡々と一枚一枚とFAX送信をお願い致します。

★鹿野道彦議員会館事務所FAX番号;03-3508-3205


★松原仁・議員会館事務所FAX番号;03-3580-7336

★自見庄三郎・議員会館事務所FAX番号;03-6551-0901


★国民新党(亀井静香代表)FAX番号;03-5275-2675



偽装人権救済機関設置法案阻止:2大臣だけだと御心配の皆様方は、全閣僚の議員会館と地元事務所へもFAXで要請できれば完璧です。


★松原仁・議員会館FAX番号;03-3580-7336
http://www.jin-m.com/prof_3_iken.html


★自見庄三郎大臣・議員会館FAX番号;
FAX.093-531-1115(北九州事務所)
FAX.03-6551-0901(国会事務所)
http://www.jimisun.com/enquiry.php


★国民新党FAX番号;
http://kokumin.or.jp/index.php/pages/contact_us


※河村市長へ激励のメッセージをお願い致します。これからの政治活動は、抗議一辺倒ではなく、政治家が決断しての国益発言には、感謝のFAXとメールを送信することが大事ですので、河村市長があっと驚くほどのメールとFAXが届くことを願っています。

★名古屋市意見募集URL

shimin-no-koe@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp



★「河村市長室 直通ファクス」052-972-4105 


◆◇

※『南京の実相』を100人~200人単位で直接個々人に海外へ発送できるまでには、まだまだ時間がかかりそうですので、中山成彬先生に招かれ宮崎未来塾に於いて「真の歴史を知れば未来が見えてくる」との、演題で行った同じような講演を行い、その浄財で早期に海外へ発送することも考えております。そこでご要望がありましたらお気軽nankinnojisso@excite.co.jp》まで、お声をかけて頂けましたら幸いです。


■国内外の公共施設の地球儀や地図帳が、
「東海」とか「Sea Of Korea」に改竄されているのを発見しましたら、下記の情報のように、
①公共施設名
②住所
③電話番号&メールアドレスなどを明記して
nankinnojisso@excite.co.jp》まで送って頂ければ、「水間条項」本文で世界中の同志の方々に呼びかけますので、ドシドシ情報を提供してください。


◆「反日関係法案」(東海併記法案や慰安婦碑建立法案)などが、審議され始めている情報を察知された在米邦人の皆様にお願いがあります。

それらの情報を察知されましたら、その法案に関係している個々の議員のメールアドレスを調べていただき、《nankinnojisso@excite.co.jp》までにお寄せくだされば、また、今回の「東海併記法案阻止行動」のときと同様に、国内外の愛国邦人の皆様が世界中でいっせいに行動してくださいますので、また阻止できると確信しております。それは、提供する情報に真実があると分かれば、韓国以外の国々の議員や関係者は公正に判断できるからです。


◆海外で我が国の名誉や国益を毀損するような動きが御座いましたら、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」の「寄贈先情報提供アドレス」
nankinnojisso@excite.co.jp》まで、お気軽にお寄せください。その一部は皆様方に公開させて頂きますので、宜しくお願い致します。

◆いま日本では、連日、ヨーロッパの経済・金融危機に関心が高まっていますので、『寄贈する会』の寄贈先情報提供URLに、マスメディアで報道しきれない街の情景など、また海外で「南京問題」や「慰安婦問題」がどう見られているか教えて下さい。教えて戴ければ、拙ブログで紹介させていただきますので、是非、情報をお寄せください。
nankinnojisso@excite.co.jp

(*アドレスはいずれも@は半角に替えてください。
*Gmail以外のアドレスでお願いします。


◆「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」の活動状況URL《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=625&cr=5cf71bee0887dcc49832923a51cdc3d4


※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」
代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー(条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6