緊急拡散《在米邦人女性から憂国の檄文をいただきました》

2011年12月27日 08:51

ENGLISH TRANSLATION


緊急拡散《在米邦人女性から憂国の檄文をいただきました》


在米邦人女性が、米国で放送されたNHKの戦争特集番組を、国際的な視点に則って感想を述べられております。

日本国内では、あまりにも自虐的な映像に慣らされて、批判精神が麻痺していますので、非常に参考になります。この視点は、NHKの番組制作者が学ぶべきことですので、NHKの意見募集コーナーに、個々の意見をつけて転送をお願い致します。

以下は転載です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




NHKの戦争スペシャル、紅白抗議デモについて



アメリカ在住の日系の女性です。

NHKの戦争のスペシャルは、最悪ですね。
真珠湾攻撃から70年という時期を狙って、放送されたことに置いても、製作者の悪意を感じました。
 戦争当時の兵隊さんたちが打たれて、死ぬ間際の口をパカパカ開いているシーンや、打たれて、ズサーと、落ちていくシーン、また、女性が、崖から飛び降り自殺しているシーンなどを、一般の放送時間に、何も、規制なく、流しています。

これは、放送基準法に違反しています。 これを、NHKは、テレビジャパンで米国でも流しました。
米国では、法律として、一般TVで、暴力的な場面、不敬な言葉、ヌードなどは、すべて流してはいけないと決められています。
それを、破れば、処罰を受けます。
映画でも、大人用、子供用、青年用と、ランク付けが法律で義務付けられており、それを、違反すれば、処罰を受けます。

しかし、NHKは、そういう残虐なシーンを、平気で、堂々と 流している。
これで、いいのでしょうか?
日本国民は、こんな誤った番組を視聴料を支払って、子供達が見る時間帯で放送していて、静かに黙っていていいものでしょうか?

私は、怒りで、震えました。

また、80代後半~100歳代の帰還兵やその家族にインタビューして、その方達の顔や名前をそのままだしています。
中には、自分を人殺しをしたと、苦やんで泣かれている老人の方を、次々と、番組で実名そのままで、流しています。

このやり方は、プライバシー侵害にあたるのでは、ないでしょうか?

あれだけ、携帯電話やメールなどの個人情報に、神経をとがらせている国民が、どうして、国の機密を誤って湾曲して漏らすようなテレビ番組に対して、抗議の声を上げるどころか、身を縮めて、自虐的になって、自分達が悪かったと、逆の立場をとっているのでしょうか?

インタビューに応じた老人達は、人生も、間もないのであの世で、どんなことが待っているのかが、怖くて、自分の身が、かわいいが為に、自己反省として自分の過去のことを、公に、流して構わないと思っておられるのかもしれませんが、彼らの不注意な言動により、彼らのご家族や、ご親族に多大の被害を、与える原因を作ってしまいました。
そういうことを、彼らは、気づかないのでしょうか?
それとも、NHKが、上手く、騙して、彼らの口を開かせたのだと思います。(ほとんど、共産主義的思想の老人をターゲットに、取材をしていますが。)

しかし、家族やその親族だけでとどまるのであれば、まだ、防ぎようがあるのですが、NHKが誤った番組を流すことにより、中国や朝鮮から、あるまじき新たな攻撃を受ける原因を意図としてつくったことにより、日本国民全体を、危険に陥れてしまいました。

そして、誤った歴史観から、あらぬ天皇批判を巻き起こす原因を、NHKは、故意に中国、朝鮮、米国と組んで、作っています。
真に、無礼な犯罪組織です。

NHKは、これまで80人?800人?(番組を消去したので、確認できませんが)の帰還兵から、情報をとってきたと説明していましたが、こんなちっぽけな人数であれば、日本兵の0.01%にも及ばない情報であり、しかも、NHKの番組方針とは、違う意見の帰還兵の情報は、一切流さないという超異常捏造放送を日本国内にとどまらず、海外へまで、流しました。

このようなことが、あっていいものでしょうか?

仮に、米国、中国、朝鮮半島で、国営テレビ局が、自国の兵士が、どれだけ残虐だったかと元帰還兵達にインタビューした番組を放送したとすれば、その放送局の職員は、重い刑罰をうけることでしょう。中国においては、即、死刑です。

他の国であれば、その様な 事実は、全世界の歴史が、古来にわたって経験していることであり、口が裂けても、一般の国営テレビで、報道したりは、しません。

他の国からすれば、日本は、大馬鹿だ。 NHKは、なんつー、アホなテレビ局だろうか?
それを、静かに、何も怒らない日本人は、一体、どういう生き物なのだろうか?と、理解不能、見下されて、馬鹿にします。

できましたら、NHKの紅白の生放送で、多くの観客席から、世界へ向って、「NHKは、真実を流せ!捏造放送をするな!
放送法違反の大罪で、処分を受けよ!」というような横断幕を、突如、出して、生の編集なしの放送で、流してもらいたいものです。

あるいは、観客席から、「NHKぶっつぶれろー」コールが、生放送で、流れてほしいものです。

現実は、厳しいものがありますが、将来の日本の子供達の為に、私達にできることを、していきたいと思います。
皆様で、智慧を出し合って、この難関を、乗り越えられますように願っています。

来年は、良い年になりますように。


米国東海岸在住 男系天皇制を守れ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆以上転載終わり。


※「『南京の実相』を国内外のメディア図書館等に寄贈する会」代表;水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



超拡散《「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」を設立しました》

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=304584e95d4e73c03f44d7dc1319afea


尚、上記の趣旨に賛同され御支援くだされる皆様方には、誠にお手数で御座いますが、下記の郵貯銀行番号まで宜しくお願い致します。


■ゆうちょ銀行;口座名
【『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会】


● 銀行から→ 郵便局へ振込する場合の番号。  

   018-8012181 


● 現金持ち込みして郵便局から→下記指定口座に振り込みする場合の口座番号は次の通りになります。 

  10150-80121811

   この場合の振込手数料は 
  振込額 30,000円迄は               
525円必要です。
  振込額 30,000円を超える場合の手数料は  
735円です。
 
  使用する払い込み指定用紙は 電信払い込み請求書・電信振替請求書 (青色の用紙)です。

● 個人の郵便貯金口座から→自動支払機で 下記指定の郵便口座に振り込む場合の振込手数料は無料です。

  10150-80121811


※連絡先住所;〒105ー0011

東京都港区芝公園6番23号;光輪会館5F;日新報道気付;『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会


※【住所氏名の情報提供専用メールアドレス:
nankinnogisso@gmail.com

■【下記の例文は、海外発送時に必要なメッセージですので、誠に御手数ですが、住所・名称・氏名と共に現地語での翻訳も宜しくお願い致します。】


■《例文》< 前略 突然、日本から図書がお手元に届き、驚かれていらっしゃることと存じます。


実は、インターネットの普及により、世界中から寄贈先情報が、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」のメールアドレスに、寄せられた情報を基に発送しております。


同書には、1937~1938年当時の国際連盟議事録とか、ロンドンタイムズなどの資料も掲載されておりますので、「20世紀の戦争の実態」を検証するときに、学術調査研究の参考資料にしていただき、21世紀の世界平和に少しでも貢献できればとの思いで『南京の実相』を寄贈させて戴きました。


ご精査して頂ければ幸いです。


宜しくお願い申し上げます。


敬具

「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」 代表 水間政憲 」


※FAX;03-3431-9564


南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった



※「『南京の実相』を国内外のメディア図書館等に寄贈する会」代表;水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

◆◇◆◇◆◇




★超拡散《日本人の団結力の旗『国家の存亡』でのTPP阻止祭りは、11月20日~》

◎『国家の存亡』でTPP阻止祭りは、救国の情報戦です。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-583.html
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=577&cr=3a0c261f659dba599cef01847b29ff18

個々人の団結力を効果的に実現するには、各地方紙の「書店ベストセラー」の上位に『国家の存亡』をランクインさせることが重要です。そこで、過去の『パール判事祭り』での実績を踏まえて、各地方紙が「書店ベストセラー」のサンプリングに使われている「紀伊國屋書店各地方本店」で『国家の存亡』を購入してベストセラー入りを狙いましょう。

東京は紀伊國屋書店新宿本店、
大阪は紀伊國屋書店梅田本店、
札幌は紀伊國屋書店札幌本店
など各地方紀伊國屋書店本店でのランクインを勝ち取り、一気呵成に50万部を達成しましょう。

これが実現されたとき、TPP反対が日本人の意思になり、在日本アメリカ大使館所属のCIA職員の分析により、ホワイトハウスも理不尽な要求が出来なくなるのです。




インターネットでご購入の皆様は、アマゾンに集中して総合ランキング第1位をゲットしましょう。
国家の存亡 (PHP新書)



※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/