拡散《本年8月14日15時~16時30分;紀伊國屋札幌本店でトークショー&サイン会》

2011年07月08日 03:48

ENGLISH TRANSLATION











※写真は、1983~1984年、札幌で造形作品兼多目的ホールとして、発表・運営していた『ART・Q・BIC』の室内


拡散《本年8月14日15時~16時30分;紀伊國屋札幌本店でトークショー&サイン会》


■『「反日」包囲網の正体』(新宿本店週間単行本ベストセラー第4位)と『いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』(同ベストセラー第2位)の実績が評価され、地元でもある北海道でトークショー&サイン会が開催されることになりました。

札幌は、1983~1984年、造形作家としての集大成の作品を兼ねた多目的ホール『ART・Q・BIC』(山下洋輔やTNネットワークなどがコンサート)を発表・運営していた街です。


その時、札幌への置き土産は、小生が実演をしてアイデアを提供した「雪祭り夜のカラー照明」でした。それまでの雪祭り夜の会場は、信じられないでしょうが真っ暗闇だったのです。


それは、『雪祭り条例』に、「色をつけてはいけない」との一項が記載されていたからでした。それに対して、「レインボーマシンは、色をつけるのではなく、カラー照明を投射するのであり、雪祭り条例に違反しない」と、札幌市観光協会と雪祭り実行委員会を説得して実現したのです。そのとき札幌にもって行った「レインボーマシン」は、その前年、世田谷の会社が開発した特許製品で、実質的に雪像に「虹色の照明」を投射したイベントは、世界で初めてのことでした。そのとき、HBCの雪像の特設ステージに出演して、「虹色の照明」のビデオ映像が全道に放映されたことで、ご記憶の道民の方もいらっしゃると思っております。また、そのときのニュース番組に出演したとき、「オフォーツクの流氷にも虹色の照明を投射して見たい」と、述べたことで「紋別流氷祭り」が、小生のアイデアを踏襲して実施しております。


そのアイデア1つで、現在、雪祭り会期中の夜の経済波及効果は、絶大になっているとのことです。

今回、二十数年振りの札幌は、様変わりしていることでしょうが、郷土になにか精神的な提言をできることに、今から楽しみにしております。


現在、拙ブログは、世界48カ国から閲覧されてますが、国内では、東京、神奈川、大阪、京都に次いで札幌(数百名)の方々が訪れてくれていますので、当日は楽しみにしております。できれば『「反日」包囲網の正体』《http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4569797857/ref=redir_mdp_mobile/377-4568134-4079727?uid=NULLGWDOCOMO》と『国益を守る「国家の盾」』《http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=redir_mdp_mobile/378-3272802-7651555?uid=NULLGWDOCOMO&a=4569794130》を、事前に読んでいただいていれば、面白おかしく話を聞いていただけると思っております。

また、拙著を手にされてくださっていらっしゃる方の中には、田中正明先生のファンの方も沢山いらしゃると思っていますが、当日は、田中先生からプレゼントしていただいた「落款」を押印させて戴きます。

当日の会場は、席は八十名位とのことですが、二百名位までは入場できるとのことですので、1人でも多く友人知人を誘って来ていただければ、北海道が精神的に元気になるお話をしたいと思っております。













そして、翌日(8月15日)は、日本復興の聖地『小樽龍宮神社』に参拝しますので、観光で小樽に行かれるかたと、16時頃にご一緒できればと思っております。《小樽龍宮神社で「日本鎮護」を祈願した麻生太郎元首相と中山成彬・恭子ご夫妻。龍宮神社は日本復興の聖地です!》http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=358&cr=b4c25a2cc273801e6f752538a0976932


※ジャーナリスト水間政憲;ネットだけ転載フリー《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/》