◎検証Ⅲ【個人情報について】

2020年05月18日 18:00

◎検証Ⅲ【個人情報について】


■松尾氏なる人物の虚偽妄想につきあう法的な義務は、まったくありませんが
下世話な話がひとり歩きするのも世間の常であり、
あまりにもゲスな言いぐさにあきれていますが、
チャンネル桜を支持している者には常識が通用しないようですので、
一度だけ解説することにしました。

まず20代前半に「札幌すすきの」で水商売に従事していたとの虚偽が明らかになると
今度は、新宿歌舞伎町でホストをしていたなどと妄想を撒き散らし、
水島氏も番組で発言してもいまだに訂正謝罪をしておりません。

あまりにもバカげているので、25歳前後の全国的証拠を提示して、
松尾氏と水島氏の虚偽妄想を一撃で潰します。

ここに提示した『美術手帖』は1975年10月号です。
当時、美術手帖の展評欄に個展作品が取り上げられることは、
現代美術作家の登竜門的位置づけでしたので、若い美術家には憧れのコーナーでした。

7月に行った私の個展が、その月の唯一の「タブロー」として取り上げられ、
話題になり写真の平面作品は現在、美術館に所蔵されております。

このときの個展のテーマは『造形の変化と連続性』でしたので、
平面だけでなく立体作品『2 BEER BOTTLE』も発表しておりました。

このような作品を当時、「概念アート」と称しておりましたが、
現在の歴史認識検証と通じるところがありますので、簡単に説明しますと、
物体を細分化してあらゆる角度から実像に迫る手法なのです。

ピカソやブラックのキュウビズムは、立体を細分割して平面に再構成する手法ですが、
私の作品は立体のままビールビンをグラデーションで色を付け、
ビンの上から順番に8分の1づつ色を抜くことでその部分の造形が浮き上がります。
また割れているビールビンは、色を抜いた8分1の部分に色をつけて割り、
破片の色のついているビンの内側にも同じ色を塗ることで、
ビールビンの内側の造形も観察できるようにして、
立っているビンの8分の1を8本集めると「1本のビン」
そして割れている色の着いた部分を集めると「1本のビン」として、
合わせて2本のビールビンとの意味なのです。

これら一連の作品は、「造形の変化と連続性」ですが、
人間の歴史に転化させると「人間の歴史と連続性」となり、
個展の翌年に『東京展』に招待され、
現代美術の国際的なギャラリー『南画廊』の志水オーナーから
一年間ニューヨークに行ってきたら、南画廊で企画展を開催していただけることになり、
コツコツ作品を描きニューヨーク行きを準備していた1979年に志水オーナーが亡くなり、
日本に現代美術は必要無いと判断するに至ったのです。

1980年代になると朝日新聞の「南京大虐殺」と「慰安婦強制連行」大キャンペーンが
世間を騒がせていた中で『日本無罪論』と『南京虐殺の虚構』を手にして、
これは大変なことと認識し田中正明先生宅を訪ねることになったのです。

1964年の東京オリンピックで聖火リレーを日の丸の小旗を右手にかざして走った
サッカーの北海道イレブンに選出された体育会系男子でしたので、
直感的に日本人がそんな悪いことなどする訳がないと判断し、
芸術で培った洞察力を歴史検証に生かして、
「東京裁判で切り取られた日本の歴史を取り戻すには
 松井石根大将の名誉を回復することが一番はや道」と、
田中正明先生宅にお邪魔していて確信した次第です。

しかし、美術にも基礎のデッサンは絶対必要であり、
美術家が唐突に歴史検証を始めても世間の理解は得られないと判断し、
色々調べた結果、卒業が目的でなく社会人でも
慶應大学の法学部「乙類:正科生」なら基礎から学べることを知り、
39歳で入学し、ただひたすら
「歴史検証に必要な学問だけを選択し
 トータル十年以上在籍し学んで退学した」次第です。

今でも役にたっている学問は、
多田真鋤教授の「政治哲学」、中村勝範教授の「政治学」「政治学特殊」だけでなく、
その他に「法哲学」「法制史」「政治思想論」「日本政治史」「国際政治学」などの
基礎的な学問はすべて修めたことで、
歴史認識に関わるあらゆる政治問題に対処できるようになったことから、
皇室問題からあらゆる政治問題をテーマに論文を発表しておりました。

そもそも一流の先生たちに基礎を学ばなければ、
様々な政治問題の百数十本の論文を発表できる訳がありません。
この度の緊急事態宣言で慶應大学はすべての発行業務が行われておりませんので、
手元にあった成績表を提示することにしました。
私は田中正明先生には『パール判事の日本無罪論』の「あとがき」にあるように
「若き同志」と認識されていたのであり、
私は「田中正明先生の弟子」とは認識しておりませんでしたので、
「弟子」と発言したことはありません。

ただし、松井石根大将の直系との表現はときどきしていたことは事実です。

水島氏は私が松井石根大将たちが処刑された日がどのような日なのか
理解してないとの子ども騙しの妄言を発していたようですが、
私は松井大将の直系を任じるうえで、
上皇陛下が天皇を退位なさることが正式に決まったとき、
即、2019年12月23日午後1時から靖国神社昇殿で
『松井石根南京攻略戦総司令官』の慰霊祭を執り行うことを申し込みした次第です。

当然、発起人には
阿羅健一氏、小堀桂一郎先生、西川京子先生、伊藤重行先生に就任していただき、
私は同慰霊祭実行委員会代表を務めさせていただきました。

最後になりましたが、
チャンネル桜は「直言極言」にて訂正謝罪番組を放送することを要請致します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎検証Ⅰ【水間条項TVの「中国人3000人入国」をデマと批判したことも含めすべて「法と証拠」に基づき応えます】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3491.html

◎検証Ⅱ【『南京の真実』の紙コップの件について】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3492.html


※検証動画をYouTubeにアップしましたがBANされましたので、
ひとまずニコニコ動画に会員動画としてアップしましたのでご覧ください。

■第188回『5月18日検証動画』【水間条項TV】会員動画
https://www.nicovideo.jp/watch/1589789829



継続的な周知事項(女性宮家阻止、月刊中国、北海道支援)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■『女性宮家阻止論文』《月刊誌『WiLL』3月号で「不掲載」になったスクープ原稿全文掲載》【スクープ!街頭で宮内庁が隠していた情報を提供したら「女性宮家・女系天皇」反対が90%だった】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3360.html

■フリー動画【水間条項TV】第16回『女性宮家は必要無いと語る「大高未貴氏」と「大塚耕平参議院議員」』
https://www.youtube.com/watch?v=njcfqbr9mL4

■スクープ!『街頭で政府が隠していた情報を提供したら「女性宮家」反対が90%だった』第82回【水間条項TV】フリー動画
https://www.youtube.com/watch?v=BdDEeQ2wdvs


■中国情報の第一人者は知る人ぞ知る鳴霞氏ですが、
華人民主派の国際ネットワーク日本代表でもあり、
毎月、中国情報を纏めて『月刊中国』を発行していますので、
中国に進出している日本企業とか中国の内情を
深く知りたい方に講読をお薦めします。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
【月刊中国】

◆年間講読料:5000円(送料込)

◆申込はFAX「0795‐46‐1880」まで住所・電話・氏名を記入して申込して下さい。
後日「月刊中国(見本)・郵便為替」を同封した封書が送付されます。

◆〒673‐1334
兵庫県加東市吉井493‐1

『月刊中国』鳴霞主幹
▲△▲△▲△▲△▲△▲△



■北海道を支援するために北海道在住の【匠】の作品を扱っている【ファインアート】を
通販で購入できますので、下記の画像をクリックしてリンク先のオンラインショップで
【作品】を閲覧してみてください。

FineCraft.jpg



■ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html


■女性宮家阻止に必要な情報が詰まった「ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘」

アマゾンで購入予定の方はこちら



紀伊國屋書店ウェブストアで購入予定の方はこちら



◆『青にゃん劇場新館:厳選動画一覧』
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。



■水間政憲:ジャーナリスト・近現代史研究家
 「外務省のホームページに掲載されている『尖閣諸島』を日本固有の領土と証明する
 中国(1960年・1969年)・台湾(1965年)発行の3枚の地図をスクープして
 中国を沈黙させた。
 遺棄兵器問題を終結させた『兵器引継書600冊』のスクープ等、
 日本の国益を護る数々のスクープがある」

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項TV第1部】(毎週数回)
https://www.youtube.com/channel/UC1xoN0okRvNJeUa5ZU4DbuA

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項TV第2部】(毎週2回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(165回分まで)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。