◎《5月7日~9日:オーストラリアのコロナ対策◇【IR】は国際的マネーロンダリング》

2020年05月11日 17:34

版画5(熱気球に乗った猫) - コピー
5月の版画【熱気球に乗った猫】 水間玲 (風景は北海道富良野や帯広をイメージしてシュルレアリスムの手法で描いてあります)

※上記【水間条項TV】支援版画購入希望の方は下記のURLで確認して下さい。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2962.html


◎《5月7日~9日:オーストラリアのコロナ対策◇【IR】は国際的マネーロンダリング》


■海外在住の邦人の方々は、いまのように祖国日本を心配したことがなかったようです。

コロナパンデミックは、第2次世界大戦後、
初めて日本人が真剣に政治を考える機会を与えられたようで、
かなりの方が覚醒されたようです。

【IR】については、
《国際的犯罪集団/者による*マネー・ロンダリング*の温床になりうる事を
 日本人は認識しているのだろうか?
 中国の大金持ちが来日し、大金を日本に落とす事を想定しているのであれば、
 見当違いである。
 コロナ後の状況は大きく変わり、反中・中国離れが
 世界的動きになりうる情勢を踏まえて、
 日本の政治経済の舵取りをしなくてはならないであろう》と警告していただきましたので、
しっかり連携して潰しましょう。

■ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■NSW 州 5月 7 (木), 新感染者 3人・・・ 累計 3045人 ・死亡者44人
全オーストラリア、6875人感染、5984人完治、死亡者97人 死亡(5月7日朝8:30 am)
カンタス航空は国際線運休を5月末から、7月末まで延長すると発表。
ビル・ゲイト氏がBCGワクチンの試験的接種に対し、
10億ドルをオーストラリアへ寄付すると発表した。
ナイジェル カーテイス(Nigel Curtis)教授率いる
マードック小児病気研究所(Murdoch Children Research Institute)チームは、
BCGワクチン接種が免疫性を高めコロナウィルスの力を弱める効果があるのではないかと、
研究を続けて来た。
この度、ビル・ゲイト氏の援助を得て、
重篤に陥る危険度の高い高齢者や高齢者施設で働いている職員に
試験的に接種を実行する事になった。
ビル・ゲイト氏はオーストラリアのほか、スペイン、オランダへも
同様に援助する模様である(The Sydney Morning Herald)。
我々、日本人のほとんどが、BCG ワクチン接種を受けているが、
其のお陰で 死者が他国に比べて格段と低いのであろうか、興味深い。

以上

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■NSW 州 5月 8 (金), 新感染者 4*人* 累計 3049人、死亡者46人
全オーストラリア、6896人感染、6035人完治、死亡者97人

死亡(5月8日朝8:30 am)

オーストラリア政府は今日午後、下記の部門を*ステップ1*として、再開する許可を下した。

レストラン、カフェー、図書館、市民公館、公園等 *10人以下*

其のほか、州内の移動許可もしたが市民にとっての社交場でもある、
パブ(酒場)やメンバー制の各町にあるクラブ(バー、レストラン、ストッロマシン併設)の
再開には言及がなかった。

各州はそれぞれの計画に沿って、実行する事になる。

オーストラリアの他、既に経済活動を始動した国々がある。
このグループはオーストリアが率先して作られて
“*ファースト・ムーバー・グループ*(TheFirst Movers)”と言われていて、
オーストラリアにもこの度、入会するよう誘われている。
現在時点でのメンバーは;
オーストリア (死者数 約600)
ギリシャ(死者数 約150)
デンマーク(死者数 約500)
チェコ(死者数 約250)
シンガポール(死者数 約20)
ノールエー(死者数 約200)
イスラエル(死者数 約150)
ニュージランド(死者数 約20)
これらの国はコロナ封じ込め作戦始動が敏速で完璧体制を敷いた共通点がある。
このグループによる二回目のオンライン会議は木曜日に行われ、
三回目の会議が来週に行われる予定だ。
これらの国は第二次ウエーブ(SecondWave)の危険性を鑑み
細心な戦略に沿って経済活動のステップを踏むとした。

今週日曜日は“母の日”であるが、
NSW州知事は今まで通りの同じ規制で変化なし。
州知事は朝の記者会見において中国人留学生のオーストラリア再入国についても
緩和はなく引き続き保留とし、その理由の一つに医療体制をあげた。
現在も、31ホテルには3500余りの人が隔離されていると報告した。
現在も入国者全てに2週間の隔離が義務付かれている。

日本の場合は空港から自宅へ帰れる、
このような中途半端な点が、問題なのではないか?

以上

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■NSW 州 5月9 (土), 10 (日), 11 (月), 新感染者 2*人* 累計 3052人 死亡者44人
全オーストラリアでは、6941人感染、6163人完治、死亡者97人

( 5月 11 (月) 8:00am)NSW 州は殆どコロナウィルスを撲滅したように見えるが、
今朝の記者会見で、知事は州民に外出する時は
自分がコロナウィルスに感染していると仮定し、
Socialdistancing(社会距離)を常に念頭に置いて行動するよう促した。
その上で、先週の金曜日にモリソン首相が国策として発表した、
3段階戦略(*ThreeStep Plan* )の
第一段階(*ステージ**1)*の実行を金曜日(5月15日)から行うことにした。

*ステージ 1 *
家庭訪問、レストラン、カフェー、図書館、市民公館、公園等 *10人*以下の集会許可。
因みに、結婚式10人、お葬式参列は、20人(屋内)、30人(屋外)が許されることになった。
其のほか、州内の移動許可もあったが、市民にとっての社交場でもある、
*パブ*(酒場)やメンバー制の各町にある*クラブ*
(バー、レストラン、ストッロマシン併設)の再開には言及がなかったが、
例え、再開しても10人が限度では、商売が成り立たない。
学校登校は、週1~3日と、その学校によって様々である。

*ステージ **1、*に続き*、*オーストラリア政府の説明によると、
3週間毎に状況見直しを行い、次のステージへと進む。上記先週末の
*ステージ **1 *を加えて、これを国家3段階戦略(*Three Step Plan* )とした。
*ステージ 2*家庭訪問、職場、公共場所においての集会は*20人以下*

家で働く事が可能であれば、引き続き、会社出勤を避ける。

ジム、美容院、理髪店、映画館、美術館、博物館、遊園地 ・再開

キャラバン/キャンピングパーク ・再開

限定的国内旅行 󾟩 󾟢 ・再開

*ステージ 3*

集会人数*100人以下*

職場復帰

ナイトクラブ、パブ(酒場)、メンバー制の各町にあるクラブ、フード・コート、サウナ ・再開

全国内旅行 󾟩 󾟢 ・再開

ニュージランド、パシフィック洋の島々、留学生再入国(再開*予定*)

実行のタイミングは各々州政府の采配となる。数ヶ月かけて、
徐々に正常生活に戻れるように段階的に慎重に進む。
従って、各州によって、多々違いがある。
国境を再開するのは、かなり先のようだ。

アジア人に対する嫌がらせは、ポツポツあるが、緊張するというような雰囲気ではない。
オーストラリアでは、差別(人種、年齢、性別等)はかなり厳しく取り締まれている。
更に、「日本人です」と言うと、大概の豪州人は笑顔になり、
漫画、アニメ、スキー、旅行の話になる。

現在、毎金曜日午後、モリソン首相は記者会見を行っているが、
NSW州知事と厚生部のトップが共同で毎朝(月~金)コロナ関連の記者会見をしている。
多数の記者が質問を投げかけるが、その質問にテキパキと答えている。
国民も政府の対策・方針を明確に説明されており把握している。

*IR について*

*IR*内に*カジノ*が盛り込められると推測しておりますが、
仮に、そうであれば、カジノは博打をして遊ぶ丈ではなく、
国際的犯罪集団/者による*マネー・ロンダリング*の温床になりうる事を
日本人は認識しているのだろうか?中国の大金持ちが来日し、
大金を日本に落とす事を想定しているのであれば、見当違いである。
コロナ後の状況は大きく変わり、反中・中国離れが世界的動きになりうる情勢を踏まえて、
日本の政治経済の舵取りをしなくてはならないであろう。

*日本カジノ参入企業向けマネーロンダリング対策(**AML) 準備マニュアル*
https://rdl.techfirm.co.jp/money_laundering/index

以上

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



継続的な周知事項(女性宮家阻止、月刊中国、北海道支援)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■『女性宮家阻止論文』《月刊誌『WiLL』3月号で「不掲載」になったスクープ原稿全文掲載》【スクープ!街頭で宮内庁が隠していた情報を提供したら「女性宮家・女系天皇」反対が90%だった】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3360.html

■フリー動画【水間条項TV】第16回『女性宮家は必要無いと語る「大高未貴氏」と「大塚耕平参議院議員」』
https://www.youtube.com/watch?v=njcfqbr9mL4

■スクープ!『街頭で政府が隠していた情報を提供したら「女性宮家」反対が90%だった』第82回【水間条項TV】フリー動画
https://www.youtube.com/watch?v=BdDEeQ2wdvs


■中国情報の第一人者は知る人ぞ知る鳴霞氏ですが、
華人民主派の国際ネットワーク日本代表でもあり、
毎月、中国情報を纏めて『月刊中国』を発行していますので、
中国に進出している日本企業とか中国の内情を
深く知りたい方に講読をお薦めします。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
【月刊中国】

◆年間講読料:5000円(送料込)

◆申込はFAX「0795‐46‐1880」まで住所・電話・氏名を記入して申込して下さい。
後日「月刊中国(見本)・郵便為替」を同封した封書が送付されます。

◆〒673‐1334
兵庫県加東市吉井493‐1

『月刊中国』鳴霞主幹
▲△▲△▲△▲△▲△▲△



■北海道を支援するために北海道在住の【匠】の作品を扱っている【ファインアート】を
通販で購入できますので、下記の画像をクリックしてリンク先のオンラインショップで
【作品】を閲覧してみてください。

FineCraft.jpg



■ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html


■女性宮家阻止に必要な情報が詰まった「ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘」

アマゾンで購入予定の方はこちら



紀伊國屋書店ウェブストアで購入予定の方はこちら



◆『青にゃん劇場新館:厳選動画一覧』
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。



■水間政憲:ジャーナリスト・近現代史研究家
 「外務省のホームページに掲載されている『尖閣諸島』を日本固有の領土と証明する
 中国(1960年・1969年)・台湾(1965年)発行の3枚の地図をスクープして
 中国を沈黙させた。
 遺棄兵器問題を終結させた『兵器引継書600冊』のスクープ等、
 日本の国益を護る数々のスクープがある」

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項TV第1部】(毎週数回)
https://www.youtube.com/channel/UC1xoN0okRvNJeUa5ZU4DbuA

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項TV第2部】(毎週2回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(165回分まで)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。