◎《オーストラリア緊迫「武漢コロナ」レポート》

2020年05月04日 21:00

版画5(熱気球に乗った猫) - コピー
5月の版画【熱気球に乗った猫】 水間玲 (風景は北海道富良野や帯広をイメージしてシュルレアリスムの手法で描いてあります)

※上記【水間条項TV】支援版画購入希望の方は下記のURLで確認して下さい。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2962.html


◎《オーストラリア緊迫「武漢コロナ」レポート》


■日本は、対中国戦略を間違えると第3次世界大戦でまた敗戦国になる。

いま日本国民が知りたいことは、「真実」ようするに「動かぬ証拠」です。

【シドニーの日本みつばちさん】から、
毅然としたオーストラリア政府の姿勢とオーストラリア国民の中国への認識が
送られてきましたので、確認してください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
NSW 州 5月 2 (土), 新感染者 6人, 累計 3031人 死亡者41人
NSW 州 5月 3 (日), 新感染者 3人, 累計 3034人 死亡者42人
NSW 州 5月 4 (月), 新感染者 *1**人* 累計 3035人 死亡者44人

全オーストラリアでは、6801人感染、5817人完治、死亡者95人

人死亡(5月4日現在)
NSW 州では過去24時間で、新感染者 は1人丈であったが
*、*NSW 州の学校登校規制は解かれなかった。
然し乍ら、5月末には正常に戻るだろうと州知事が発言した。
その他は慎重に慎重を課し、経済活動制限解除の発表はなかった。

今朝、インフルエンザの予防注射を受けるために、
二ヶ月半ぶりにバスに乗って街へ出たが、乗客は私を含め4人丈であった。
不要不急の外出禁止令は、よく守られている。
街中も人はまばらで、医者の待合室には誰もいなかった。
此方はこれから冬に入ります。

下記の動画の最初の方の宣伝は、
画面右下の「Skip Ads」をダブル・クリック して飛ばし、
ニュース「*China in Focus*」に入って、*0:50*あたりから見て頂くと、
中国で生産されているマスクが、いかに不衛生な環境下で、
製造されているかが良くわかります。
労働者も全く衛生観念がない、箱詰め作業中ですがその側で、
床掃除をしている人がいる。日本政府が国民に配ったマスクの中に
髪の毛が入っていたと聞いていますが、納得できます。
https://www.youtube.com/watch?v=i3qUS3DlfXg&t=53s

日本政府やメデアからあまり聞えて来ませんが、
複数の先進国は中国の責任追及を大変厳しい態度で進めている。
前回お知らせしたように、豪州政府は、コロナウィルスのオリジン(起源)調査と
中国の協力をグローバル規模で求めていますが、
EUプレジデント、リーエン(Ursulavonder Leyen)女史 も
コロナのオリジン調査要求と中国の協力を促していると、この同じリンクで紹介している。

イギリス、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドは、
中国は意図的に証拠を隠蔽しているか、
或は既に破棄したのではないかと、発言している。

オーストラリアの新聞、Daily Telegraph が最近、
入手した 15ページのレポート(出所は不公表)は
中国が犯した間違いの数々の指摘とWHOの対応に疑問視を投げかけている。

中国は12月31日には既にWHO へ前例のない異常な肺炎感染ケース発生、
その感染者の中には魚市場(多種動物が生息ままで商売も行われている)労働者も
いたということを伝えていた。

中国政府は、証拠隠滅の為に、
ウィルスのサンプルをゲノム科学研究所(Genomics labs)で破壊し、
魚市場の棚等を消毒した。
ゲノムの配列(genomesequence) は外部に公開せず、
上海研究所(the Shanghai lab)は
研究所の改正・修正(Rectification)という理由で閉鎖し、
又、学者の論文は、事前に科学技術省(the Ministry of science and Technology)の
観閲を義務付け、そのデータは極秘扱いとした。

中国国内に於いては非常に厳しい移動制限を執行していながら、
中国政府はアメリカ、イタリア、インド、オーストラリア、東南アジア諸国に対して
中国に旅行・入国制限をしないように働きかけた。
又、二人の中国人学者(Shi Zhengli and Zhou Peng) が
オーストラリア科学調査研究所(CommonwealthScientific and Industrial Research Organization)
にてコウモリ・コロナ・ウィルスの研究をオーストラリアと中国の両政府から
資金援助を受け研究をしていた。
その後、この二人は中国の武漢ウィルス研究所で働いていたとも公表した。

中国はオーストラリアにとって、貿易相手国 No. 1であり、
中国から豪州製品不買をチラつかされ乍らも、毅然とした態度をもって、
コロナウィルス発生の真実を追求しようとしている。
日本は、全くの黙り、中国に対しては誰も、何も、責任を問わないのか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

中国の新聞、Global Times のデスク, フー・ジイイン(Hu Xijin)が
中国の醜い本性を表した! 
フー・ジイインはオーストラリアを次のように侮辱した。
「オーストラリアは中国の靴の底に付着しているチューインガムのようなもの、
 岩にコスって落とさなくては。。。」と言っている。
オーストラリア政府がコロナのオリジンの追求と、
中国の初期対処に疑問を投げかけていることに対する嫌がらせと脅しです。
オーストラリア人は相当怒っています。
この動画に出ている中国人男性は、上海大学の教授、チェン・ホン(Chen Hong)、
正に、上から目線の彼らは、日本人のことをなんと形容しているのだろうか?
Chinese academic claims Australia's call for COVID-19 inquiry is 'divisive' | 60 Minutes Australia
https://www.youtube.com/watch?v=VLGGU3-kTws&t=9s


以上

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『シドニーの日本みつばちさん』より



継続的な周知事項(女性宮家阻止、月刊中国、北海道支援)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■『女性宮家阻止論文』《月刊誌『WiLL』3月号で「不掲載」になったスクープ原稿全文掲載》【スクープ!街頭で宮内庁が隠していた情報を提供したら「女性宮家・女系天皇」反対が90%だった】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3360.html

■フリー動画【水間条項TV】第16回『女性宮家は必要無いと語る「大高未貴氏」と「大塚耕平参議院議員」』
https://www.youtube.com/watch?v=njcfqbr9mL4

■スクープ!『街頭で政府が隠していた情報を提供したら「女性宮家」反対が90%だった』第82回【水間条項TV】フリー動画
https://www.youtube.com/watch?v=BdDEeQ2wdvs


■中国情報の第一人者は知る人ぞ知る鳴霞氏ですが、
華人民主派の国際ネットワーク日本代表でもあり、
毎月、中国情報を纏めて『月刊中国』を発行していますので、
中国に進出している日本企業とか中国の内情を
深く知りたい方に講読をお薦めします。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
【月刊中国】

◆年間講読料:5000円(送料込)

◆申込はFAX「0795‐46‐1880」まで住所・電話・氏名を記入して申込して下さい。
後日「月刊中国(見本)・郵便為替」を同封した封書が送付されます。

◆〒673‐1334
兵庫県加東市吉井493‐1

『月刊中国』鳴霞主幹
▲△▲△▲△▲△▲△▲△



■北海道を支援するために北海道在住の【匠】の作品を扱っている【ファインアート】を
通販で購入できますので、下記の画像をクリックしてリンク先のオンラインショップで
【作品】を閲覧してみてください。

FineCraft.jpg



■ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html


■女性宮家阻止に必要な情報が詰まった「ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘」

アマゾンで購入予定の方はこちら



紀伊國屋書店ウェブストアで購入予定の方はこちら



◆『青にゃん劇場新館:厳選動画一覧』
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。



■水間政憲:ジャーナリスト・近現代史研究家
 「外務省のホームページに掲載されている『尖閣諸島』を日本固有の領土と証明する
 中国(1960年・1969年)・台湾(1965年)発行の3枚の地図をスクープして
 中国を沈黙させた。
 遺棄兵器問題を終結させた『兵器引継書600冊』のスクープ等、
 日本の国益を護る数々のスクープがある」

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項TV第1部】(毎週数回)
https://www.youtube.com/channel/UC1xoN0okRvNJeUa5ZU4DbuA

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項TV第2部】(毎週2回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(165回分まで)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。