◎緊急事態拡散《法と証拠に基づく東京都の防護服関連の事実》

2020年04月08日 22:48

版画4(運河の響き) - コピー
4月の版画【運河の響き】 水間玲 (小樽運河のイメージ:ウィン幻想絵画風に仕上げてあります)

※上記【水間条項TV】支援版画購入希望の方は下記のURLで確認して下さい。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2962.html


◎緊急事態拡散《法と証拠に基づく東京都の防護服関連の事実》


■日本国民の民度を計る「証拠」を“みつばち”さんが調査してくれました。

実際、「日本みつばち」さんは、
エセ保守言論人が逆立ちしても叶わない調査能力のある方が沢山いらっしゃいます。

「みつばち」さんが、東京都の防護服に関する調査レポートを
報告していただきましたので下記を参考にしてください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
小池さんの濡れ衣といえば、中国への防護服提供がいまだ拡大解釈されていますが。

実際は、
都内機関は無論、クルーズ船対応の神奈川県に防護服やマスクを提供しています。
開催毎に更新される対策本部会議資料に記されておりました。

(第17回)東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議資料より
新型コロナウイルス感染症への各局の対応 令和2年4月6日
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/612/2020040603.pdf

備蓄数と併せて、提供実績をもう少しアピールして頂くと都民も安心するのですが。
言えば言ったで、中国にやった数より少ないのはけしからんと言われるのでしょうか?

ちなみに、都内の大学病院でコロナ対策で使用量が増えて医療用ガウンが不足し
手術が滞っている件に対し、小池さんが中国にガウンを贈ってしまったからだと
お怒りの方が居られますが、事実誤認です。
ガウンは手術などで着る割烹着状の物で防護服とは別物です。
しかも、元々東京都にガウンの備蓄はありません。

医療用ガウン不足、東京の大学病院で手術先送りも
待機延長で症状悪化の恐れ、医師ら対応に苦慮
https://www.cbnews.jp/news/entry/20200327183145

4/6小池知事出演の“東京動画”で、
日本医師会会長が医療機器でマスク・手袋・アイシール・ガウンの備蓄が逼迫。
緊急事態宣言後は都で防御用具の供給の仕組みを作って欲しいと知事に依頼。
知事は、防護服のセットは十分に用意しているが、ガウンは(備蓄の)対象外だった。
何れにせよしっかり整えたい。と答えています。

7分7秒から
https://youtu.be/rnEm2Okjevc?t=426

■東京都の資料から提供事例を書き出してみました。

【4/6現在、東京都の防護服・マスク提供のまとめ】

[防護服]
中国
約33万着
(2万1000+10万+約20万着)

都内医療機関・保健所
8万350着

地区医師会
4800着

神奈川県
2万着

[マスク]
都内区市町村
20万枚

都内バス団体
15 万枚

都内医療保健・福祉施設
11万枚
    
学校関連施設・医療機関
(東京マラソン財団と提携)
枚数不記載

クルーズ船検疫官
1万枚

神奈川県医療従事者
5000枚

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【中国への防護服提供について】

正論 田北真紀子編集長によると総計33 万6000着。
以下、贈与のタイムラインは川松真一郎都議によります。

外務省経由で邦人救出武漢チャーター機に乗せ東京都の防護服2万1000着を送る。
武漢市、清華大学に贈られる。

2/4
二階氏が小池知事に要請 

2/7
10万着「一般社団法人日本医療国際化機構(名誉理事長 二階俊博 )」経由で送る。

2/14
「北京紅十字会」の要請文を都が受領

2/18,20,21
3回に分けて約20万着を、
「日本医療国際化機構」経由で「北京紅十字会(アリババ・グループと縁が深い)」へ贈呈。

※防護服1着の単価約700円
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

上記を熟読すると小池都知事への批判は、問題外なことは歴然としています。

実際、小池都知事が緊急事態宣言を実施する上で
西村コロナ対策担当大臣と揉めている案件は、
「理髪店」を自粛要請を指示するか否かですが、
2mの距離を保つとなると「理髪店」は著しい「濃密接触」が明らかであり、
小池都知事の「自粛要請の指示」は当然ですが、
「必要無い」とする西村コロナ対策担当大臣の言い分は
国民の理解を得ることができませんので、
総理官邸と西村コロナ対策担当大臣に
覚醒されていらっしゃる皆様方の意見を要請してください。

※実際、死んでしまったら散髪など必要ありませんね。

■総理官邸ホームページや安倍総理と麻生副総理にガンガンメールで要請してください。

ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

安倍晋三首相ツイッターアカウント
https://twitter.com/AbeShinzo

安倍晋三首相フェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/abeshinzo


■西村コロナ対策担当大臣への要請先

西村やすとし議員公式サイトの意見箱
https://ssl1.secure-sv.com/cgi-bin/yasutoshi/opinion/form.cgi

西村やすとし議員ツイッターアカウント
https://twitter.com/nishy03

西村やすとし議員フェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/yasutoshi.nisimura



継続的な周知事項(女性宮家阻止、月刊中国、北海道支援)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■『女性宮家阻止論文』《月刊誌『WiLL』3月号で「不掲載」になったスクープ原稿全文掲載》【スクープ!街頭で宮内庁が隠していた情報を提供したら「女性宮家・女系天皇」反対が90%だった】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3360.html

■フリー動画【水間条項TV】第16回『女性宮家は必要無いと語る「大高未貴氏」と「大塚耕平参議院議員」』
https://www.youtube.com/watch?v=njcfqbr9mL4


■中国情報の第一人者は知る人ぞ知る鳴霞氏ですが、
華人民主派の国際ネットワーク日本代表でもあり、
毎月、中国情報を纏めて『月刊中国』を発行していますので、
中国に進出している日本企業とか中国の内情を
深く知りたい方に講読をお薦めします。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
【月刊中国】

◆年間講読料:5000円(送料込)

◆申込はFAX「0795‐46‐1880」まで住所・電話・氏名を記入して申込して下さい。
後日「月刊中国(見本)・郵便為替」を同封した封書が送付されます。

◆〒673‐1334
兵庫県加東市吉井493‐1

『月刊中国』鳴霞主幹
▲△▲△▲△▲△▲△▲△



■北海道を支援するために北海道在住の【匠】の作品を扱っている【ファインアート】を
通販で購入できますので、下記の画像をクリックしてリンク先のオンラインショップで
【作品】を閲覧してみてください。

FineCraft.jpg



■ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html


■女性宮家阻止に必要な情報が詰まった「ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘」

アマゾンで購入予定の方はこちら



紀伊國屋書店ウェブストアで購入予定の方はこちら



◆『青にゃん劇場新館:厳選動画一覧』
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。



■水間政憲:ジャーナリスト・近現代史研究家
 「外務省のホームページに掲載されている『尖閣諸島』を日本固有の領土と証明する
 中国(1960年・1969年)・台湾(1965年)発行の3枚の地図をスクープして
 中国を沈黙させた。
 遺棄兵器問題を終結させた『兵器引継書600冊』のスクープ等、
 日本の国益を護る数々のスクープがある」

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項TV第1部】(毎週数回)
https://www.youtube.com/channel/UC1xoN0okRvNJeUa5ZU4DbuA

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項TV第2部】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(165回分まで)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(緊急事態拡散:条件全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。