拡散《政治家の有言実行が試される!》

2011年04月10日 18:10

ENGLISH TRANSLATION



拡散《政治家の有言実行が試される!》






レンホウ節電担当大臣が4月9日、福島県入りして、カメラを前にしイチゴを食べたそうです。
以前にボスの菅首相が厚生大臣のとき、0.157被害に対してのパフォーマンスで、「カイワレ大根」をテレビカメラの前で食べたことが、逆に風評被害を増長させたことを思い出しました。



今日の産経新聞には、相も変わらず防災服の襟を立て、ネギを手にしたレンホウ大臣の写真が掲載されていました。

そろそろレンホウ大臣には、パフォーマンスより実行力を披瀝してもらいたいです。


まず、民主党本部と総理官邸や中央省庁の食堂で使用する野菜類を、風評被害にあっている福島、茨城、栃木、千葉県産品を優先的に使うことにしましたと、記者会見をしていただきたいものです。


明日、11日正午から、自民党本部で【立ち直れ福島】(チャリティー産地直売会)が開催されるとのことです。

即売品は、水耕トマト・ハウスいちご・キュウリなどで、売り切れたら終了だそうですが、ただ、車での来場は、ご遠慮くださいとのことです。


この度の東北関東大震災は、我々国民に様々な問題点を提示しました。

私の地元に、一日中ジャズが流れ、老若男女が集う広い喫茶店があります。そこで耳を澄ましていると、吹きだしそうな会話が聞こえてきます。


■ 主婦の会話

▼ねぇねぇ電気の請求書、今月は検針しないで、先月分と同じなんだって。

▲ それって、東電の社宅とか名前を外しているとか、検針のオバサンたちがイジメられることを心配しているんじゃない。


▼それより節電節電って呼びかけられ、協力しているのに、どのくらい節電したのか分からないじゃない。


▲ それにしてもテレビに出てる東電社員って、危機感のない、おかしいのばかりだよね。世界中が注目しているのに、恥ずかしいのばかり。金曜日深夜のNHKのニュース番組に、東電副社長が出ていたけど、女性キャスターの飯田香織さんが厳しくやり込めていて、感心しちゃった。マスコミは東電から広告貰ったり、接待されたりで、なにもいうことが出来ないって、週刊文春にバラされてたじゃない。

東電じゃないけど、テレビ出ずっぱりの、なんとか安全院の人の頭、あれってカツラだよね。放射能あたって禿げたかなぁ~。友だちも乳ガンの放射線治療で禿ていたし、大変な仕事なのかもね。


▲ この1カ月間、枝野官房長官ってずーっと緊迫した中で記者会見していたけど、逆にブクブク太ったと思わない。


▼ そうそう、テレビタックルに出ていたころは普通だったものね。枝野さんもそうだけど副官房長官の福元さんも首が無くなって来た。

▲ 新聞で読んだけど、菅首相とかは高級焼肉店に入り浸っているらしいわよ。


▼菅さんとか前原さんとか、焼き肉屋さんに義理でもあるんじゃない。 麻生さんのときは、ホテルのバーでお酒を飲むのはいけないとか、大騒ぎしていたのにね。
おかしいよねテレビは。

▲それにしても菅さんもみんな危機感がないよね。主婦のほうが、よっぽど自分の子供をどう守るか、必死になっているのに。


▼ 和民の社長さんっておかしいよね。都知事に雇ってくれたら一円も給料いらないだって。お金持ちじゃなければ都知事できないみたいじゃない。


▲給料無しでも交際費とかいろいろあるじゃない。それらもいれてかな。公的交際費との区別なんて難しいしよね。あんなこと言って騙さないないわよ。


▼ 石原都知事の花見の自粛に、「その一言が何百億円の損失を生んだ」と、批判してたけど、いま大酒飲んで大騒ぎするのっておかしいわよ。お金ことばかり言っているのって、それっておかしいよね。


▲ いまやることは、「被災地の酒を買い、野菜を買うことで、東北は復興する」といってたけど、そんな簡単なことじゃないよね。東北にたくさんあるハイテク工場を早く元にもどすことのほうが大事だと思うけど。


▼ そんなこと言ってたの。それじゃ黙って、和民で使う酒と食材を東北産品にしますといって欲しい。和民は東北産品を応援していますとかなんとか謳ってさ。

▲ あなたところで、選挙に行ってきた?

▼ 行ってきたわょ。しっかり石原慎太郎と小宮あんりって書いてきたわ。


▲ そうよね。こうゆう時は、石原さんよね。都議会も小宮さんが当選すると石原都知事側が都議会で与党になるんだって。


▼ 早く、解散して選挙してもらいたいわ。いちばんの震災復興対策は、菅さんを代えることよね。


▲ それは賛成、菅さんの顔がテレビに映ると気分が暗くなるしね。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【東日本震災復興祈念リレーメッセージと子守唄:母と子への応援歌】日本橋三越劇場:4月16・17日11時~

★尚、中山成彬先生も賛同され、
過去現在未来塾も協賛することになりました。

■下記は御案内状です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

母と子への応援歌

●3月11日に起きた東日本震災は、地震、津波、原発事故と重なり、日本の歴史上類を見ない未曽有の大惨事となりました。

自然のなせる業とはいえ、その犠牲になった方々にはなんとお悔やみを申したらよいのか言葉を失うばかりです。


謹んでご冥福をお祈り致します。

家を、肉親や友人知人を失った方達は今も地獄の様を思い出し悲嘆にくれています。

日本子守唄協会は、出来る範囲で被災地への物資支援と災害にさらされた虐待で保護されている施設への寄付という支援をしてきましたが、多くの方の善意やご厚意だけではなく、今こそ、「この日、この時、私達の応援」をもっと伝えたいと思いました。

又、東日本、東北は子守唄の宝庫です。

そして母なる大地です。どんな困難な時でも母は子を育て慈しんできました。

そこで、皆様にお願いがあります。

応援のメッセージを一人でも多くの方達にして頂きたく思います。そして、故郷の歌をうたって勇気と応援をして下さい。


◆チャリティーのイベントは二日間にわたり、一人でも多くの皆様の参加とご協力を呼びかけ開催したいと思います。

◆ご協力のお願い


◇応援メッセージ:5分~15分・有名無名年齢を問いません。


◇応援の子守唄:どんな唄でも応援歌なら。あまり長いものはご遠慮下さい。

■日時:
2011年4月16日(土曜)・17日(日曜)
午前11時~


■場所:
日本橋三越劇場


■お申し込み:
日本子守唄協会(℡03-3861-9160:FAX03-3861-9418)


■出演決定後、追ってお知らせさせていただきます。感謝を込めて。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



★ジャーナリスト水間政憲:
ネットだけ転載フリー(条件:全文掲載・非営利)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/