◎《工作員の見抜き方》

2020年01月09日 13:24

ひと目でわかる「皇室の危機」天皇家を救う秘中の秘

※いよいよ覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方が
一丸となって戦うときが来ました。
自民党を執り仕切っている二階幹事長が、昨年11月26日夕方の記者会見で、
皇位継承について『男女平等と民主主義の社会で自ずと答えはでる』と
決定的な発言をしましたので、
【安倍政権は令和の道鏡一派】だったことが明らかになりました。

二階幹事長は、同じ発言を天皇陛下と同じ「祭祀王」であるローマ教皇にも
教皇継承について『男女平等と民主主義の社会で自ずと答えはでる』として、
過去一度も女性教皇のいないキリスト教社会を批判できるのか。

【令和の道鏡一派】幹部一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3299.html


◎《工作員の見抜き方》


■【新しい歴史教科書をつくる会】は、自由史観研究会が立ち上げましたが、
当時、私(水間政憲)は「自由史観研究会メディア総括責任者」との名刺をもって
同つくる会の立ち上げを取り仕切っていました。

1996年12月2日、「新しい歴史教科書をつくる会」設立記者会見は、
マスコミ対策、会場の赤坂東急ホテルの予約並びにホテルとのマイク等詳細な打合せ、
当日の司会進行はすべて私一人で取り仕切りました。

それは、自由史観研究会のメンバーのほとんどが教員の方々だったからです。
実際、立ち上げたあとは少し距離を置きましたが、
ほどなく工作員が事務局に出入りし始め、著名人会員の住所等が
インターネット上に流出したり、潜入工作員のやりたい放題になっていました。

いちばんの危機は、
つくる会が最初の教科書検定に臨んで白表紙本をつくる段階になっていたとき、
同会東京支部の大会で小林よしのり氏に罵声を浴びせたり、
私が参加した同会会合後の打ち上げのスナックで直接本人から
「経営していた『世界出版』が倒産して時間があるのでなにか手伝うことありませんか」と、
言っていた同つくる会のメンバーとなっていた茂木弘道なる人物が、
同会理事の小林よしのり氏に「お前はキツネにとりつかれたのか」等
罵詈雑言満載の手紙(小林氏からのFAXで確認)を出し、
それらに激怒した小林氏が、『SAPIO』誌上で同会との決別宣言の予告をしたことで、
同会が空中分解する状況になっていました。

実際、小林よしのり氏を誹謗中傷した同会メンバーは
ほとんどが同会東京支部のメンバーだったのです。

その状況を一番悲しんでいたのは、
「新しい歴史教科書をつくる夢」を見ていた千葉県と埼玉県の教員の方々だったのです。

自由史観研究会事務局長をなさっていらした上原卓氏や副会長の斉藤武氏は、
清廉潔癖な立派な方でしたので、
彼らの夢が組織だった妨害で頓挫することに憤りを覚え、
同つくる会藤岡信勝副会長兼自由史観研究会会長と
小林よしのり氏の両方に連絡がとれ調整できるのは、
同つくる会『メディア秘密会議』のメンバーだった私でしたのでギリギリの状況で、
藤岡信勝氏に
「つくる会の会報に同会の肩書をつかって
 小林よしのり氏に批判等の文書をださないこと、藤岡信勝氏が小林氏に
 一連の不祥事に関して謝罪の手紙を出すこと」を条件にして、
小林氏にはその内容を伝えて、次号『SAPIO』誌での同会との決別宣言を
待っていただいたのです。

その流れの中で、東京ディズニーランド横にある『NKホール』で開催された
同つくる会全国大会の楽屋に、藤岡信勝氏が小林よしのり氏に手紙を持ってきて
手交したことで、第2部冒頭で小林よしのり氏が
「楽屋で藤岡さんから手紙をいただきました。まぁ~これでいっか」と発言して、
危機一髪回避できたのですが、その夜くらいから同つくる会に関係しているところに
「水間政憲はスパイ」との怪文書がばら撒かれ、水面下の活動ができなくなり、
反日左翼の顔になっていた筑紫哲也氏を徹底的に批判した論文を月刊『正論』に
【まるで“朝貢”番組!筑紫哲也「ニュース23」その反日偏向報道を検証する】(2000年5月号)を
寄稿し、旗色を鮮明にしたのです。

反日工作員は、誰が反日法案阻止の「要」になっているのか徹底的に調べ、
その中心的人物の周りも調べ上げ、
「要」の人物が動けなくなるような「虚偽を撒き散らす」ため、
当時、毎日都内で中心的人物につきまとう活動ができるように
〇〇が定期券を支給していました。

それらの経験から組織があって実態のない
「チーム日本みつばち」さんが、有効になるのです。
敵はまったく妨害できません。

実際、ニコニコ会員動画の会員は、私にも会員はまったくわかりませんので、
誰が「みつばち」さんなのか私にもわからないのです。
そんな「日本一ゆるい」組織があるのかないのか、
まったくわからない方々の力が日本を崖っぷちで護っているのです。

東京の女性の組織化された団体・組織は、だいたい〇〇の別動体ですが、
どのような経緯で代表として活動をしているのかを、問い質すと
「一瞬うろたえる者」は、間違いなく〇〇の別動体です。
皆さんも〇〇代表に疑問をもたれている方は、
「〇〇さんがこのような活動をするきっかけはなんだったんですか?」と訊くと、
説得力のある回答はできないと思います。

普通の主婦であれば、家庭の雑用の合間に「ハガキ」を出すくらいですので、
政治活動を仕切るにはそれなりの覚悟と理由があるはずなのです。

「たちあがれ日本」設立とジョイントした日比谷野音でのシンポジウムを開催したとき、
会場で使っていただきたいと「日の丸の小旗」数百本送りますと連絡があり、
会場に直接送ってもらったところ、どうも中国製ですので、
「毒を刷り込んである危険」がありましたので、すぐ公安警察にきてもらい処分しました。

保守活動をしている言論人など、
工作員が蠢いていることなど、一切眼中にないのです。

私は24時間そんなことばかり考えており、
それを敵も承知しており、それ故「国益最前線」なのです。

実際、一時期、私のブログは
米国ニュージャージ在住の方でFBIに親族が務めていた方が管理していましたので、
妨害工作のIPアドレスがポーランドなど複数国のサーバーを経由した
最新の技術を利用していると調べ上げて助言をいただいたこともありますので、
コメント欄は当時の助言のまま常に閉鎖してあるのです。

そこら辺を一瞬で見抜いてきた私でも、「キョンヘ」を一瞬では見抜けませんでしたが、
すべて解ったからには、すでに、つきあいのある公安警察に情報を提供し
あらゆる場合にも対応できるように対処してあります。
本気になって日本を護るには、ここまで細心の注意を払う必要があるのですよ。

また、私が松井大将の慰霊祭などを往復ハガキで出欠をとると告知をすると、
まず工作員は参加しませんので、純粋に愛国者だけが参加することになります。
いちばんマズイのは東京の「同好会保守」の中に常に工作員が紛れ込み、
虎視眈々と妨害する隙間を狙っていますが、過去、私に近付くと
「工作員」はすぐに見破られる危険があり近付いてくる者はいませんでしたが、
この度の「女性宮家・女系天皇」阻止活動と付随している
「夫婦別姓→戸籍廃止」阻止を宣言した昨年12月からのトンチンカンな妨害活動は、
ある意味必死なのでしょうが、敵指揮官は、なんとしてもそれら法案を実現するため、
「百人斬り名誉回復裁判」のときに蠢いていた〇〇〇〇も
動き始めたことも察知できました。


ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html


アマゾンで購入予定の方はこちら



紀伊國屋書店ウェブストアで購入予定の方はこちら





【皇室100年安泰家系図】ハガキ用のデータ記事は下記画像をクリックしてください。
バナー3



宮内庁が隠す今上天皇のいとこ、悠仁親王殿下のまたいとこの存在
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」PDFファイル
https://drive.google.com/open?id=1CtvycmHKsv8jqLkS2h69f5jgErFjooWm

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」画像ファイル
皇室100年安泰家系図_道鏡一派改訂版


家系図の参照先書籍



原紙を編集しないことを条件に著作権フリーとしますので、
印刷して友人知人、政治家、テレビ局、新聞社、出版社などに配布したり、
URLをSNSやブログに貼りつけたりして日本各地に普及させてください。

全国のセブンイレブンでいつでも簡単プリント
https://www.printing.ne.jp/

パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷(セイコーマート、ファミリーマート、ローソン)
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

※PDFファイルを記録メディア(USBメモリー等)に入れて、コンビニのマルチコピー機で
PDFを印刷→メディアを所定位置に挿入→メディアを取り外す→
印刷したいファイルを選択する→用紙サイズ指定(A4)、色指定(白黒、カラー)→
料金投入→印刷(プリント)を選択。

安価に大量印刷のオススメ依頼先(プリントパック公式サイト)
https://www.printpac.co.jp/

※商品選択ではチラシ・フライヤー印刷を選択、
用紙サイズ(A4)、用紙の種類(光沢紙(コート紙))、
用紙の厚さ(標準)、色(片面4色)、
納期(急ぎでなければ7営業日/6営業日がオススメ)を選択します。
「データ制作環境に関する選択」では、
利用OSを「Windows7」、制作アプリケーションは「JPG(画像データ)」を選択し、
実際にデータ入稿する際はPDFファイルを入稿。
下記は実際の画面の一部ですので参考にしてください(サムネイルをクリックで拡大表示)
プリントパックでの注文方法


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

■青山繁晴参議院議員の面白検証動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(毎週1回)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(悪用しないことと全文を掲載することを条件に転載可)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。