◎《沖縄は日本の危機の先進地》

2019年11月21日 14:10

ひと目でわかる「皇室の危機」天皇家を救う秘中の秘

★新刊本『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』が、
保守本の壁10万部突破、
青にゃん劇場新館動画「令和の道鏡に俺はなる!?」が、
世論の壁100万アクセスを越えたら
「女性宮家・女系天皇」は阻止できますので、情報の拡散を宜しくお願い致します。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html


◎《沖縄は日本の危機の先進地》


■国を危機に貶める危険要因は、
朝日新聞と毎日新聞以上に反日リベラルの琉球新報と沖縄タイムス、
多文化共生と称する「移民推進」、
日常的に繰り返されている尖閣諸島海域の領海侵犯等、
沖縄は安全保障上の危機の最前線にあり、
よほど心してかからないと中国の手に落ちてしまいます。

沖縄は地政学上、太古の昔から東アジアの要衝ですので、
沖縄の安定は日本の安全に直結しているのです。

それを深く認識し、先行してあの手この手の策謀を弄して、
世論は反日イデオロギーに汚染され、あとひと押しで
中国にコントロールされかねない危機的な状況になっています。

それを阻止するには、まず琉球新報・沖縄タイムスに汚染された沖縄の世論を
正常化することが、日本を護る第一歩になりますので、
過去20年、何一つ政治的な結果を出してない
本州中央のビジネス保守団体並びにビジネス言論人に
期待していても日本を護ることはできません。

日本防衛の最前線基地は、沖縄と認識して
我那覇真子さんが代表を務めていらっしゃる
【琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会】に支援を集中して、
沖縄から直接、国連や欧米への情報発信地になっていただければ、
日本に蔓延しているリベラリズムを一掃できるでしょう。

※ビジネス言論人が沖縄を繰り返し訪れていても、何一つ結果をだしてないのは、
しょせん情報戦を戦って結果をだした者など皆無であり、
自由に活動できる方策をまったく講じてなかったことを反省しております。

実際、情報戦とは、これから何をすると告知して、
活動するのではなく水面下で活動するから結果を出せるのであり、
活動資金は必要ですが活動内容を告知できないジレンマがあります。

実際、沖縄の実態を一瞬に見極められたところもありますので、
衝撃的な結果を見たい方々は、一石二鳥・三鳥として
『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』を、
あらゆる方策を講じて国民の目にとまる10万部を突破させていただければ、
沖縄の諸問題も一気呵成に結果を出せると思っております。

◆同書を公的価値ありと評価していただき礼状を頂けた神社一覧を以下に記載します。

※出雲大社、熊野神社総本宮熊野大権現、猿田彦大本宮、
上加茂神社(加茂別雷神社)、靖国神社、愛知縣護国神社、大阪護国神社、
広島護国神社等からの「礼状」を送っていただき深甚の謝意を表する次第です。

実際、国会図書館に所蔵されるより新聞等の書評で評価していただくよりも
神話に登場する神社等が公的に評価していただいた事の重要性は、
なにものにも代えがたいと認識した次第です。

※世界遺産の京都一の宮である上加茂神社(加茂別雷神社)から戴いた礼状には
《……此の度は水間政憲氏の新著
 『ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘』一部を
 ご寄贈賜りましたこと厚く御礼申し上げます。
 非常に由々しき問題であると心得ておりますので
 職員一同拝読のうえ問題点を共有し
 当神社図書台帳に記載し宝蔵させて頂きます…(以下略)》と、
丁重な礼状に大感激させて頂きました。

京都で一番古い神社に宝蔵して戴けることは、身にあまる光栄なことでもあり、
これまでの苦労が一瞬で氷解した次第です。


◆【ひと目でわかる皇室の危機―天皇家を救う秘中の秘】を
複数冊購入していただいた方からサインをとの要請がありましたので、
単なるサインでなく「感謝のことばも添えたサイン」をすることにしました。
「新刊本一冊(サイン)プラス歴史戦対訳ポストカード=2010円」、
「新刊本二冊(一冊にサイン)=2160円」、
「新刊本三冊(一冊にサイン)=3300円」、
「新刊本4冊(配布用としてすべてサイン無し=4370円」で受付ますので、
ブログ冒頭から三番目の記事
★情報戦の武器「新刊本とポストカード」で確認ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3187.html


ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html


アマゾンで購入予定の方はこちら



紀伊國屋書店ウェブストアで購入予定の方はこちら




【皇室100年安泰家系図】ハガキ用のデータ記事は下記画像をクリックしてください。
バナー3



宮内庁が隠す今上天皇のいとこ、悠仁親王殿下のまたいとこの存在
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」PDFファイル
https://drive.google.com/open?id=1CtvycmHKsv8jqLkS2h69f5jgErFjooWm

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」画像ファイル
皇室100年安泰家系図_道鏡一派改訂版


家系図の参照先書籍



原紙を編集しないことを条件に著作権フリーとしますので、
印刷して友人知人、政治家、テレビ局、新聞社、出版社などに配布したり、
URLをSNSやブログに貼りつけたりして日本各地に普及させてください。

全国のセブンイレブンでいつでも簡単プリント
https://www.printing.ne.jp/

パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷(セイコーマート、ファミリーマート、ローソン)
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

※PDFファイルを記録メディア(USBメモリー等)に入れて、コンビニのマルチコピー機で
PDFを印刷→メディアを所定位置に挿入→メディアを取り外す→
印刷したいファイルを選択する→用紙サイズ指定(A4)、色指定(白黒、カラー)→
料金投入→印刷(プリント)を選択。

安価に大量印刷のオススメ依頼先(プリントパック公式サイト)
https://www.printpac.co.jp/

※商品選択ではチラシ・フライヤー印刷を選択、
用紙サイズ(A4)、用紙の種類(光沢紙(コート紙))、
用紙の厚さ(標準)、色(片面4色)、
納期(急ぎでなければ7営業日/6営業日がオススメ)を選択します。
「データ制作環境に関する選択」では、
利用OSを「Windows7」、制作アプリケーションは「JPG(画像データ)」を選択し、
実際にデータ入稿する際はPDFファイルを入稿。
下記は実際の画面の一部ですので参考にしてください(サムネイルをクリックで拡大表示)
プリントパックでの注文方法


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

■青山繁晴参議院議員の面白検証動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



「山田耕筰記念館」設立要請関連
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

護国の会公式サイト
https://gokokunokai.jp/

「山田耕筰記念館」設立要請の署名用紙はこちら
https://drive.google.com/open?id=1D7CFMernr9lntWXuemjV5FtlYruPEGZ-

山田耕筰記念館設立要請チラシ
https://drive.google.com/open?id=1vXYFOnXNqw7yhPmzKZ3riM6E4qZabGV_

『護国の会』公式ブログ
https://ameblo.jp/gokokunokaze

『護国の会』公式YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UCudNyRw4-JV6MjBtNc2B35A/videos

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(毎週1回)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。