◎超拡散宜しく《「史実を世界に発信する会」の私文書偽造問題は、中山成彬元自民党歴史議連会長の回答書ですべて終了しております》

2019年10月26日 08:33

ひと目でわかる「皇室の危機」天皇家を救う秘中の秘

★新刊本『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』が、
保守本の壁10万部突破、
青にゃん劇場新館動画「令和の道鏡に俺はなる!?」が、
世論の壁100万アクセスを越えたら
「女性宮家・女系天皇」は阻止できますので、情報の拡散を宜しくお願い致します。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html


◎超拡散宜しく《「史実を世界に発信する会」の私文書偽造問題は、中山成彬元自民党歴史議連会長の回答書ですべて終了しております》


■今朝(2019年10月26日)、海外から下記のメールが届きました。

虚偽を拡散していますが、それら一連の虚偽に対して、
中山成彬元歴史議連会長は、「直筆署名」で下記の回答をされておりますので、
一連の問題はすべて終了しております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆【海外からきたメール】◆◆◆◆◆◆◆◆◆

水間さん
●●●●です。
下記のメールが回ってきました。背景は私は関知しておりませんが情報まで。
●●拝

From: jcnaus@googlegroups.com [mailto:jcnaus@googlegroups.com] On Behalf Of 発信する会
Sent: Friday, October 25, 2019 12:40 PM
To:
Subject: 水間政憲なる男の誣告に反駁す

水間政憲なる男の「発信する会」への誣告を駁す
「史実を世界に発信する会」

●● ●● 様

◎超拡散宜しく《【稲田朋美議員辞職勧告】と【加瀬英明「史実を世界に発信する会」会長は公式に謝罪して解散せよ】》

なるトンデモ・プロパガンダが最近出回っており、
これをご覧になった方もおられるかと思います。
ご心配いただいて、お問い合わせをしてきた方もございますので、
事実をご説明させていただきたいと思います。

もう11年も前になりますが、
自民党の南京問題小委員会が出した報告書に大きな問題があることに気づきまして、
小委員長の中山成彬先生にお手紙を出しました。下記のものです。
・平成20年5月19日付け手紙 http://www.sdh-fact.com/CL/NAN05.pdf
そう致しましたら、中山先生より、直ちに下記のご返事をはがきでいただきました。
・5月22日付はがき http://www.sdh-fact.com/CL/NAN03.pdf
中山先生の公正で誠実なご返事に感服し、下記の礼状を出しました。
・5月24日付中山先生あて手紙 http://www.sdh-fact.com/CL/NAN06.pdf

これで事は済んだと思っておりましたところ、
ある友人から報告書を激賞する手紙をもらいまして、
説明の最後に、実はこういうはがきを中山先生からいただいている、
とコピーをつけて出したところ、彼がこれを水間に見せたのでした。
そうしましたら、水間は、これは、議員会館から出しているのに、銀座局の消印がある。
これは偽造だと「国民新聞に」投書しました。
私は、このはがきのことで中山先生にご迷惑が掛かっては、と思い、
国民新聞にはこれには触れず、事実はこうですと訂正文を出しました。

これで終わったと思っていたところ、11年ぶりに突如、
水間は上記のプロパガンダを発信してきた、というのが事のあらましです。
茂木は私文書偽造をした、加瀬英明会長は謝罪して会を解散せよ、
とまるで中国かどこかの代弁者のようなことを言っているわけです。
なお、銀座局に行って確かめましたところ、ちょうどそのころ局の統合で、
議員会館からの手紙も銀座局扱いになっていたことが分かりました。

中山先生に昨日お会いしてお話しました。
このはがきを出した覚えはないということです。
しかし、私は確かにこのはがきを頂き、ご返事も出しています。
もしかしたら、秘書の方が書かれたのかもしれませんが、そこはわかりません。
中山先生は、こんな要求を水間がするとは思っていなかったということで、
これはやめろと言っていただけるとのことでした。
もし、それにもかかわらず水間がこんな犯罪的な主張を拡散し続けるようでしたら、
われわれは、「史実を世界に発信する会」 の名誉を守るために、
法的な措置もとる所存です。

皆様のご理解、ご支援をお願いする次第です。

なお、どこが小委員会の主張に間違いがあるかにつきましては、
「日本南京学会」(会長:東中野修道)の平成20年年報に、
私の論文が載っておりますのでご覧ください。
http://www.sdh-fact.com/CL/NAN02.pdf

もし疑問の点等ございましたら、ご説明いたしますので、
メールでご質問をお送りください。

令和元年10月25日 「史実を世界に発信する会」 会長代行 茂木弘道拝

--
You received this message because you are subscribed to the Google Groups "jcnaus" group.
To unsubscribe from this group and stop receiving emails from it, send an email to jcnaus+unsubscribe@googlegroups.com.
To view this discussion on the web, visit https://groups.google.com/d/msgid/jcnaus/201910250139.x9P1du1f057226%40www300.sakura.ne.jp.

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆【メールの引用終わり】◆◆◆◆◆◆◆◆◆


上記の文書の中の虚偽は、当時の自民党歴史議連は中山成彬会長で
南京問題の小委員長は戸井田とおる衆議院議員です。
国民新聞に「私文書偽造」の記事は掲載されましたが、
私(水間政憲)は投稿しておりません。
また、中山成彬氏から「やめろ」と言われる関係ではありません。


実際、2019年9月末、同「私文書偽造」に関する問合せがあり、
下記の回答を作成しました。

――――――――――――――――――――
《【史実を世界に発信する会】茂木弘道会長代理・事務局長の実像》


「史実を世界に発信する会」は、
2007年3月13日に設立趣意書を発表しスタートしました。
当時も現在も加瀬英明会長、茂木弘道事務局長の体制は同じです。

2006年当時、休眠状態だった自民党歴史議連が、
中山成彬会長、西川京子事務局長、戸井田とおる南京問題小委員長の陣容で、
2007年1月末に再スタートするきっかけは、2006年12月、
戸井田とおる衆議院議員が中川昭一政調会長に
「南京問題の検証」を申し入れたことがきっかけでした。

再スタートと同時に私は「南京問題を検証する」顧問として参加しました。

再スタートの趣旨は、当時、米国議会で「慰安婦問題」等、
我が国に対する「歴史認識」が問題になっていましたので、
それに対抗する「法と証拠」に基づく検証をすることになったのです。

その検証は、外国メディアが注目し、2007年2月13日に『TIME』、
同2月23日には『REUTERS』、その他、『AP』『ニューヨーク・タイムズ』からも
文書で取材が来ておりました。
質問と回答は『南京の実相』(自民党歴史議連監修、2008年11月1日発行)に
掲載してあります。

「史実を世界に発信する会」は、自民党歴史議連の「歴史認識」問題の検証が
外国メディアで注目された後に発足したのです。

2007年6月19日、自民党歴史議連が「南京問題」の検証結果を憲政記念館で
国内外の記者を集めて発表しましたが、外国メディアも朝日新聞、読売新聞も
一切批判することなく沈黙したのです。

「法と証拠」に基づく事実を明らかにすることで
国内外のメディアが沈黙したことを踏まえて、
自民党歴史議連は検証結果を英文対訳つきで纏め、
著書にして米国上下両院議員全員に送付する計画が持ちあがりました。

その計画を実行するため国内外のマスメディアの動向を計りながら、
「南京問題」の検証結果の発表後、外国メディアも朝日新聞からも
一年間一切批判がありませんでしたので、
『南京の実相』(2008年11月1日発行)として出版しました。

また、その著書に対しても、外国メディアも朝日新聞からも
一切批判がありませんでしたので、2009年6月、
自民党歴史議連は「米国上下両院議員全員」に『南京の実相』を送付したのですが、
米国議会は沈黙したのです。本来、情報戦としては相手方を沈黙させたら勝利なので、
米国内に於ける「南京問題」は、その時点で終結したのです。

実際、朝日新聞等国内外のメディアは、
自民党国会議員約120名が所属していた自民党歴史議連の南京問題小委員会が
「一次資料を中心にした検証の結果、南京攻略戦が
 通常の戦場以上でも以下でもないとの判断をするに至った」と総括したことに対して、
反論も批判も一切なかったにも拘わらず、
“史実を世界に発信する会”の茂木弘道事務局長と称する輩が、
「自民党歴史議連の検証結果の評判と専門家の評価を貶めるため、
 中山成彬会長から平成20年(2008)5月に頂いたと称する私文書偽造葉書」を
配布した一枚を入手しましたが、その資料が①です。

朝日新聞ですら一切反論できなかった完璧な同議連の検証が一般化すると
「史実を世界に発信する会」のビジネスに支障を来たすようで、私文書を偽造して
自民党歴史議連の検証結果を貶めていることを知らない国民のために、
この度、中山成彬元自民党歴史議連会長が、
【「史実を世界に発信する会」に送付したと称する葉書について】として、
文書で回答していただいものが資料②です。

令和元年(2019)10月8日

――――――――――――――――――

◆『上記解説文のPDF』
https://drive.google.com/open?id=1UKXJDcdvTaPpSDFNyFa8nsd7E1oLWh09

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■この問題の解説動画《【水間条項国益最前線】150回:フリー動画『「史実を世界に発信する会」の終焉』》
https://youtu.be/6VSkkL88a9c

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■【史実を世界に発信する会が犯した犯罪行為の証拠】

①『中山成彬自民党歴史議連会長が出したと称する私文書偽造葉書のPDFは下記の通りです』
https://drive.google.com/open?id=1EjoCZSZ4Vqp2iDpXCoDgI8Euo4_8Y89e

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

②『中山成彬元自民党歴史議連会長の私文書偽造葉書について「直筆署名」の回答書のPDF』
https://drive.google.com/open?id=1t0C-MmuIYuDBhwEv8x3VTOQ6EbZyhAGT

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■【中山成彬衆議院議員の「史実を世界に発信する会」への「直筆署名」の回答書】

――――――――――――――――――――
「史実を世界に発信する会」に送付したと称する葉書について

平成二十年五月吉日付で、私、衆議院議員中山成彬が
「史実を世界に発信する会」に送付したと称する葉書は、
私が出したものではありません。それは私文書を偽造したまったくの虚偽であります。

そもそも私が
《ご指摘の「小委員会報告」が間違っていることは承知しております。
 今後、十分注意して参ります。》
などと返答することなどあり得ません。

自民党歴史議連の会長である私が、
戸井田とおる小委員長並びに西川京子事務局長、
そして小委員会の検証結果を纏めた近現代史研究家の水間政憲氏に
相談なしに返答することなど常識的に考えてもあり得ないでしょう。

このような私文書偽造は、自民党歴史議連の名誉だけでなく、
我が国の国益を損ねる犯罪行為であり、史実を世界に発信する資格などありません。


以上


令和元年十月吉日

中山成彬

―――――――――――――――――――

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆










今週収録した動画は以下の通りです。

◆フリー動画【水間条項国益最前線】第152回「五輪マラソン札幌開催の黒い影・他」

ニコニコ動画版
https://www.nicovideo.jp/watch/1571931123

YouTube版
https://www.youtube.com/watch?v=h1jkgU1QjDw


◆【水間条項国益最前線】会員動画第152回第2部「女性宮家阻止の高まりに追い打ちを・他」
https://www.nicovideo.jp/watch/1571931664



◆【ひと目でわかる皇室の危機―天皇家を救う秘中の秘】を
複数冊購入していただいた方からサインをとの要請がありましたので、
単なるサインでなく「感謝のことばも添えたサイン」をすることにしました。
「新刊本一冊(サイン)プラス歴史戦対訳ポストカード=2010円」、
「新刊本二冊(一冊にサイン)=2160円」、
「新刊本三冊(一冊にサイン)=3300円」、
「新刊本4冊(配布用としてすべてサイン無し=4370円」で受付ますので、
ブログ冒頭から三番目の記事
★情報戦の武器「新刊本とポストカード」で確認ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3187.html


ニコニコ動画で会員動画を視聴するための手順はこちら。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3231.html


アマゾンで購入予定の方はこちら



紀伊國屋書店ウェブストアで購入予定の方はこちら





【皇室100年安泰家系図】ハガキ用のデータ記事は下記画像をクリックしてください。
バナー3



宮内庁が隠す今上天皇のいとこ、悠仁親王殿下のまたいとこの存在
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」PDFファイル
https://drive.google.com/open?id=1CtvycmHKsv8jqLkS2h69f5jgErFjooWm

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」画像ファイル
皇室100年安泰家系図_道鏡一派改訂版


家系図の参照先書籍



原紙を編集しないことを条件に著作権フリーとしますので、
印刷して友人知人、政治家、テレビ局、新聞社、出版社などに配布したり、
URLをSNSやブログに貼りつけたりして日本各地に普及させてください。

全国のセブンイレブンでいつでも簡単プリント
https://www.printing.ne.jp/

パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷(セイコーマート、ファミリーマート、ローソン)
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

※PDFファイルを記録メディア(USBメモリー等)に入れて、コンビニのマルチコピー機で
PDFを印刷→メディアを所定位置に挿入→メディアを取り外す→
印刷したいファイルを選択する→用紙サイズ指定(A4)、色指定(白黒、カラー)→
料金投入→印刷(プリント)を選択。

安価に大量印刷のオススメ依頼先(プリントパック公式サイト)
https://www.printpac.co.jp/

※商品選択ではチラシ・フライヤー印刷を選択、
用紙サイズ(A4)、用紙の種類(光沢紙(コート紙))、
用紙の厚さ(標準)、色(片面4色)、
納期(急ぎでなければ7営業日/6営業日がオススメ)を選択します。
「データ制作環境に関する選択」では、
利用OSを「Windows7」、制作アプリケーションは「JPG(画像データ)」を選択し、
実際にデータ入稿する際はPDFファイルを入稿。
下記は実際の画面の一部ですので参考にしてください(サムネイルをクリックで拡大表示)
プリントパックでの注文方法


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

■青山繁晴参議院議員の面白検証動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



「山田耕筰記念館」設立要請関連
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

護国の会公式サイト
https://gokokunokai.jp/

「山田耕筰記念館」設立要請の署名用紙はこちら
https://drive.google.com/open?id=1D7CFMernr9lntWXuemjV5FtlYruPEGZ-

山田耕筰記念館設立要請チラシ
https://drive.google.com/open?id=1vXYFOnXNqw7yhPmzKZ3riM6E4qZabGV_

『護国の会』公式ブログ
https://ameblo.jp/gokokunokaze

『護国の会』公式YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UCudNyRw4-JV6MjBtNc2B35A/videos

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(毎週1回)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。