◎緊急拡散宜しく《インターネットの普及で新しい時代を切り開くのは良識派個人の連携が起点になる》

2019年09月08日 14:24

◎緊急拡散宜しく《インターネットの普及で新しい時代を切り開くのは良識派個人の連携が起点になる》

ひと目でわかる「皇室の危機」天皇家を救う秘中の秘

■最近、驚いたことのひとつに、保守活動を10年以上やっている方々が、
クライン孝子先生を知っていてもチャンネル桜の番組ぐらいの知識だけだったことです。

実際、何故、チャンネル桜がわざわざ開局当初からドイツと繋いで
クライン孝子先生の番組を放送していたのかを考えれば解ることなのですが、
1990年代、我が国保守言論界に影響力を与えていた
貴重な論文の執筆者がクライン孝子先生だったのです。

ましてや女性ジャーナリストとしての存在感は圧倒的であり、
並び立つ者などだれもおりませんでした。

純文学の衰退の事例からオピニオンの予測はできたのですが、
我が国の東アジアとの交流は、遣唐使までで終わりで善かったものを、
また懲りずに「猛毒」に栄養を注入したばっかりに、
中国を蘇らせて世界の不幸をつくってしまいました。

それに関しては、日本の罪は重いです。

芥川賞も審査員の永井龍雄は、1935年に芥川賞が創設されたとき
常任理事として事務を取り仕切り、GHQ占領下に公職追放され、
1958年から芥川賞の選考委員を務めていましたが、
1976年、村上龍の芥川賞受賞作「限りなく透明に近いブルー」の授賞に抗議し
選考委員の辞任を申し出るも慰留され、翌年の池田満寿夫の
芥川賞受賞作「エーゲ海に捧ぐ」でとうとう堪忍袋の緒がきれ、
その勢いで前受賞作と合わせ全否定して選考委員を辞任していました。
そのときを分水嶺として純文学の衰退が顕著になったと云えるのです。

当事、ジャンルは違いましたが純粋に芸術の枠内で活動していて、
出版業界の裏情報として、村上龍氏の作品は
『ミュージックマガジン』の懸賞小説に落選し、業界人の助言で
講談社の『群像』懸賞小説に落選作を応募したところリライトされて受賞し、
トントン拍子でその作品が芥川賞を受賞したと真しやかに語られておりましが、
当事のヒッピーの風俗が話題になりベストセラー、
また翌年も版画が話題になっていた人物の乱れた性体験風の作品が
また芥川賞を受賞して、谷崎潤一郎や永井荷風、横光利一、
そして三島由紀夫を愛読していた小生には違和感より、
日本から純文学が消えてしまうのではと思っていたことは確かです。

「エーゲ海…」は映画化もされましたが酷いの一言です。

そして、大手出版関係者曰く
「お笑い芸人の又吉直樹の『花火』が話題になり
 本屋に客が出入りしてもらえれば作品なんてでどうでもいいんですよ」と、
聞いたとき「日本の文学はすでに死んでいる」と確信しました。

保守派はNHKを一つ覚えのように批判してますが
「おもしろくなければテレビでない」とのフレーズで一世を風靡した「フジテレビ」の毒が、
軽佻浮薄な社会をつくりだし、その結果がまさに現在なのですが、
いま日本人の魂の胎動が始まっていることを感じています。

それはあまりにも軽薄になったテレビから離れた若者たちが、
インターネット空間に救いを求めてメディア環境の大移動が始まっているとことを、
様々な事象から読み取れるようになりました。

これが2000年以上継続してきた日本の伝統からでてきた魂の叫びなのです。

世界のどの国でもマイノリティは結束し、
米国では洗濯屋やバスケット選手に集中したり、我が国ではパチンコ屋だったり、
その第2彈の集中は芸能界そしてマスメディア・出版業界と一つ一つ勢力を拡大して、
国民の「民度」を衰退させて現出しているのが現代社会なのです。

実際、国民の民族比率が圧倒的多数でも、国家の中枢を牛耳られると
伝統文化もなにも薙ぎ倒され、殺伐とした無惨な風景しか残りません。

その兆候は、令和になってからの1週間心が休まることなく続く
異常気象・地震・事件・事故が勃発していても、なにに遠慮しているのか、
この国の根幹が変わり始めていることに気付いて行動している人物は極少数です。
インターネット空間には、それに気付かれている方々を散見できるのです。

その優秀なオリジナリティーを持って動画やブログで
「日本の危機」を発信している個々人の皆さんに呼びけます。

個人的な主義主張は、尊重されなければいけませんが、
こと「女性宮家・女系天皇」を阻止することが日本人としての存在証明ですので、
各々数十の動画サイトやブログ主が連携できれば、
マスメディアなんか怖くないのです。

◆まず連携するキーワードは、女性宮家・女系天皇を推進している個人や団体を
令和の道鏡一派】として、批判を浴びせられれば、
崖っぷちで日本を護れると確信しております。

※そのための「武器」として上梓したのが
今月14日発売の『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』です。



情報戦用の《南京ポストカード2セット「60枚」、日韓歴史ポストカード2セット「30枚」、
皇室安泰家系図ポストカード「20枚」、尖閣表記中国発行地図「3枚:A3」、
完結南京解説スクープ文書「3枚:A3」プラス
『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』3冊》を
5010円で配布しています。申込みは下記URLで確認ください。
発送予定日9月12日から順次発送します。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3187.html


アマゾンで購入予定の方はこちら




【皇室100年安泰家系図】ハガキ用のデータ記事は下記画像をクリックしてください。
バナー3



宮内庁が隠す今上天皇のいとこ、悠仁親王殿下のまたいとこの存在
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」PDFファイル
https://drive.google.com/open?id=1heo--hnxVzuNwXwRQxJhYOMByHF8w27y

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」画像ファイル
皇室100年安泰家系図_道鏡一派版

家系図の参照先書籍



原紙を編集しないことを条件に著作権フリーとしますので、
印刷して友人知人、政治家、テレビ局、新聞社、出版社などに配布したり、
URLをSNSやブログに貼りつけたりして日本各地に普及させてください。

全国のセブンイレブンでいつでも簡単プリント
https://www.printing.ne.jp/

パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷(セイコーマート、ファミリーマート、ローソン)
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

※PDFファイルを記録メディア(USBメモリー等)に入れて、コンビニのマルチコピー機で
PDFを印刷→メディアを所定位置に挿入→メディアを取り外す→
印刷したいファイルを選択する→用紙サイズ指定(A4)、色指定(白黒、カラー)→
料金投入→印刷(プリント)を選択。

安価に大量印刷のオススメ依頼先(プリントパック公式サイト)
https://www.printpac.co.jp/

※商品選択ではチラシ・フライヤー印刷を選択、
用紙サイズ(A4)、用紙の種類(光沢紙(コート紙))、
用紙の厚さ(標準)、色(片面4色)、
納期(急ぎでなければ7営業日/6営業日がオススメ)を選択します。
「データ制作環境に関する選択」では、
利用OSを「Windows7」、制作アプリケーションは「JPG(画像データ)」を選択し、
実際にデータ入稿する際はPDFファイルを入稿。
下記は実際の画面の一部ですので参考にしてください(サムネイルをクリックで拡大表示)
プリントパックでの注文方法


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

■青山繁晴参議院議員の面白検証動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



「山田耕筰記念館」設立要請関連
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

護国の会公式サイト
https://gokokunokai.jp/

「山田耕筰記念館」設立要請の署名用紙はこちら
https://drive.google.com/open?id=1D7CFMernr9lntWXuemjV5FtlYruPEGZ-

山田耕筰記念館設立要請チラシ
https://drive.google.com/open?id=1vXYFOnXNqw7yhPmzKZ3riM6E4qZabGV_

『護国の会』公式ブログ
https://ameblo.jp/gokokunokaze

『護国の会』公式YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UCudNyRw4-JV6MjBtNc2B35A/videos

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(毎週1回)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。