◎超拡散宜しく《歴史的大シンポジウム【今甦る10・27「中川昭一先生追悼の会と日本解体法案反対要請集会:全記録動画」は保守市民必見です】https://youtu.be/8-5cTkWPdko

2019年07月12日 23:37

◎超拡散宜しく《歴史的大シンポジウム【今甦る10・27「中川昭一先生追悼の会と日本解体法案反対要請集会:全記録動画」は保守市民必見です】https://youtu.be/8-5cTkWPdko

◎この「動画の【著作権】は私がもっていました」ので、
一本で全記録公開はこれが初めてです」

■この集会は、戦後保守国民集会のベスト3に入る大集会です。

会場の熱気は、まず動画を見ていただければ、
司会を担当していただいた西川京子先生がその都度触れていますので、
感じていただけることでしょう。

実際、朝日新聞とか反日メディアは、
日比谷公園から国会議事堂をぐるっと廻って憲政記念館まで
列が途切れず繋がっていたことに驚愕して、ヘリコプターを飛ばしていました。

ましてや火曜日の午後4時に日比谷公園を出発して
日本時間午後5時18分に合わせてヨーロッパ、オセアニア、アメリカ等
全世界で同時に1分間の「黙祷」を実施していたのです。

憲政記念館大ホールでは、
午後5時に中川昭一先生追悼の会はスタートしていましたので、
黙祷は会場内とまだ国会議事堂の周りにいらっしゃった方々も
立ち止まって「黙祷」をしていたのです。

実際、国会議事堂周辺の交差点ごとで警備を担当していてくれた警察官が、
「黙祷」1分前に時計を見ながら「皆さんそろそろ黙祷ですよ」と
呼び掛けてくれていたのです。

なぜ、警察が好意的だったのかは、いままで明らかにしてませんでしたが、
日比谷公園から出発して順番に要請書を提出していただくために、
日比谷公園を集合場所にして出発していたのです。

この集会を相談した警察署は麹町署でしたが、
申請もすごく協力的で申請の打合せでは、担当者から
「日比谷公園から麹町署が全面的に警備を担当しますので、
 憲政記念館までの交差点には警察官を配置します。」とか、
「道路を歩くと機動隊もでてきますので、歩道を二列行進していただき、
 歩行者の邪魔になるプラカード等は丸めて出さないように」と
アドバイスをしていただきました。
また、私が「国会議事堂の裏側の道は角から角まで交差点がないので、
地図で示しながらここを通ろうと考えています」と、申し入れると
「国会議事堂側の道は丸の内署管轄なので、
 中川昭一先生のいた第1議員会館の前を通ってあげたらいいでしょう。
 第1議員会館の交差点から参議院会館までの間は、我々麹町署の管轄で
 普段もこの区間は、日の丸もプラカードも掲げることを認めているので、
 この区間に誰か立たして、ここから日の丸とプラカードを
 出してもオーケーと呼び掛けてもいいですよ」とか、
一事が万事懇切丁寧に指導していただきました。

そのとき、中川昭一先生は警察官にもファンがたくさんいらっしゃった事を確信しました。

また、自民党の秘書の方々にも中川昭一先生のファンがたくさんいましたので、
午後5時18分には、手の空いている秘書は各議員会館の1階ロビーに集合して
国会議事堂に向かって「黙祷」をしており、ロビーに降りられなかった秘書の方々は
それぞれの部屋で国会議事堂に向かって「黙祷」しましたと後日教えていただきました。

要請書の受付は、憲政記念館の会議室を借りて行い、
当日は憲政記念館全館貸切状態で広い駐車場も人々で溢れ、
正門前の歩道にまで参加者が溢れていたのです。

それは、当日が火曜日で、集会が午後5時スタートでしたので、
会社勤めのOLやサラリーマンが退社後に駆けつけて来てくれたからです。

午後6時半には、日比谷から警備を担当していただいた担当刑事と
憲政記念館を担当していただいた刑事さんから日比谷から3500名くらい、
そして憲政記念館に直接来たのが1500名くらいと報告を受けました。

この集会は、私が企画立案総指揮をして
経費はすべて当日の寄附によって賄いました。

この盛り上がりは、それまで「人権擁護法案反対要請集会」も、
私が企画立案をした関係上、このような流れになることは想定内だったのです。

実際、この集会を狂ったように
関係各所にファックスや電話をしまくって妨害した保守団体がありました。
「みつばち」さんにはお話しする機会があれば、
保守系組織の実態を把握するためにも解説します。

※この動画は、2時間40分と長いですが、ラスト20分くらい前に
一切声を掛けなかった稲田朋美衆議院議員が姿を現し登壇して、
「中川昭一政調会長はおかしな法案は通さない」と言っていたと発言していますが、
その発言から6年後に稲田朋美自民党政調会長は、
ヘイトスピーチ法案」を通した張本人だったのです。
いまだに単なるパフォーマー稲田朋美衆議院議員を
「立派」な「保守議員」と勘違いしている度しがたい「同好会保守国民」が、
我が国を崖っぷちに追いやっていることを、期待しておりませんが自覚していただきたい。

◆今甦れ10・27中川昭一先生追悼の会:全記録動画◆
https://youtu.be/8-5cTkWPdko




宮内庁が隠す今上天皇のいとこ、悠仁親王殿下のまたいとこの存在
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」PDFファイル
https://drive.google.com/open?id=14qSkhCvmCx775IysjYKVqHZOslIk0txd

【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」画像ファイル
皇室100年安泰家系図QRコードつき

原紙を編集しないことを条件に著作権フリーとしますので、
印刷して友人知人、政治家、テレビ局、新聞社、出版社などに配布したり、
URLをSNSやブログに貼りつけたりして日本各地に普及させてください。

全国のセブンイレブンでいつでも簡単プリント
https://www.printing.ne.jp/

パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷(セイコーマート、ファミリーマート、ローソン)
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

※PDFファイルを記録メディア(USBメモリー等)に入れて、コンビニのマルチコピー機で
PDFを印刷→メディアを所定位置に挿入→メディアを取り外す→
印刷したいファイルを選択する→用紙サイズ指定(A4)、色指定(白黒、カラー)→
料金投入→印刷(プリント)を選択。

安価に大量印刷のオススメ依頼先(プリントパック公式サイト)
https://www.printpac.co.jp/

※商品選択ではチラシ・フライヤー印刷を選択、
用紙サイズ(A4)、用紙の種類(光沢紙(コート紙))、
用紙の厚さ(標準)、色(片面4色)、
納期(急ぎでなければ7営業日/6営業日がオススメ)を選択します。
「データ制作環境に関する選択」では、
利用OSを「Windows7」、制作アプリケーションは「JPG(画像データ)」を選択し、
実際にデータ入稿する際はPDFファイルを入稿。
下記は実際の画面の一部ですので参考にしてください(サムネイルをクリックで拡大表示)
プリントパックでの注文方法


家系図の参照先書籍


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

■青山繁晴参議院議員の面白検証動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



「山田耕筰記念館」設立要請関連
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

護国の会公式サイト(開設しました)
https://gokokunokai.jp/

「山田耕筰記念館」設立要請の署名用紙はこちら(改訂しました)
https://drive.google.com/open?id=1D7CFMernr9lntWXuemjV5FtlYruPEGZ-

山田耕筰記念館設立要請チラシ
https://drive.google.com/open?id=1vXYFOnXNqw7yhPmzKZ3riM6E4qZabGV_

『護国の会』公式ブログ
https://ameblo.jp/gokokunokaze

『護国の会』公式YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UCudNyRw4-JV6MjBtNc2B35A/videos

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【動画】【YouTubeチャンネル:水間条項国益最前線第1部】】(毎週1回)
https://www.youtube.com/channel/UCjYbvg_V9nQfJpen1Ne9zxg


◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。