◎《『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』についての補足説明》

2019年05月24日 19:02

◎《『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』についての補足説明》


■第130回『動画:水間条項国益最前線』に於いて、
『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』が注文できない現状を説明し、
目次を見せて第1章をPDF化すると告知しましたが、
出版社との兼ね合いから同じ記事は「SAPIO」にありましたので、
それを再アップしましたので、ご了承ください。
また、同書の価値判断はアマゾンの「レビュー」を参考にして下さい。

来週は、2005年3月9日号『SAPIO』
【王毅駐日大使よ、世界のVIPにならい靖國神社に「公式参拝」するべきだ】を
無料PDFとしてアップします。


今週の収録動画は以下のものです。

■フリー動画【水間条項国益最前線】第130回第1部「『WiLL』7月号:拙稿「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」の解説。『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』注文できない事について:新コーナー「私が見てきた保守30年全部話します」第1回「座禅会」

ニコニコ動画版
https://www.nicovideo.jp/watch/1558658706

YouTube版
https://www.youtube.com/watch?v=_atUgSePB_g


■会員動画【水間条項国益最前線】第130回第2部:歴史認識問題は文科省との戦い。第2弾「2013年4月10日:衆議院予算委員会で使う予定だった『靖国問題と教科書問題のフリップ:2枚」解説』
https://www.nicovideo.jp/watch/1558658823



今週再アップした論文と新聞記事は以下のものです。

◆外国人が島奪う
https://drive.google.com/open?id=1UOTZ1QwovhnHw-9FB1KNsxNO0Zs1ZOjn

◆2007年11月14日号『SAPIO』【発掘スクープ:幻の一級史料「朝日新聞・朝鮮版」が報じていた「大日本帝国下の朝鮮半島」近代化の真実】
https://drive.google.com/open?id=1pAJMTeogrbzVqCSqizxInoMUlrbJ5mRv












・パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)
https://drive.google.com/open?id=1f62RE22Fw0grvPiCVvZyfrPu-Bn73VrW

・ひと目シリーズ「天皇家の家系図」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)
https://drive.google.com/open?id=1qDQuR9LEy_OuuoTTpqBLZH404UIMZ-2t





『護国の会』公式ブログ
https://ameblo.jp/gokokunokaze

『護国の会』公式YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UCudNyRw4-JV6MjBtNc2B35A/videos

「山田耕筰記念館]設立要請の署名用紙はこちら
https://drive.google.com/open?id=1m3UoVGjpe39-cqxwq9auOB5yGlTpW_rp


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

【青山繁晴】続きは独立講演会で!パクりは正確に
https://www.youtube.com/watch?v=ni6LvVls2zg

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■青山繁晴参議院議員の面白検証動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。