◎《「法案破壊神」と呼ばれてから10年目の課題》

2019年05月03日 11:53

◎《「法案破壊神」と呼ばれてから10年目の課題》


■その『法案破壊神』との記事は、
「水間政憲が動けばどんな法案でも潰せる………」と揶揄しつつも
「評価」していただいてました。
http://d.hatena.ne.jp/slpolient/20090422/1240401991

当時と今の違いは、知ったかぶりの「にわか保守」が多すぎ、
チョッとインターネット情報を「かじった程度」でなんの知識もない者が、
イッパシの活動をしていると錯覚している者が増えていて
実質的にはほとんど役にたちません。

いまこのブログを読んでいただいてる皆様方の中で、
私が「法案破壊神」と呼ばれていたことをご存知の方は、
ほとんどいらっしゃらないと思っております。

当時、気骨のある国会議員が周りにたくさんいらしゃったことから、
自然に連携することになり、役割分担をして私は「法と証拠」に基づく資料収集と、
ノンポリ国会議員へ呼び掛ける「文書」の作成など企画全般を統括しておりました。

そのような活動をしていて、
「国籍法議連」や「島礁議連」と二つの議連を立ち上げたり、
夫婦別姓法案を潰したり、人権擁護法案を葬ったり
国会議員と親密な連携ができていたから結果をだせたのです。

そこには少数精鋭の議員秘書の存在がなければ
実現できなかった成果だったのです。
すべてが上手く廻らなければ、動かない微妙なバランスで成り立っていました。

驚いたことは、
身近の議員秘書に中国に繋がっている反日団体のバリバリの「スパイ」が
潜り混んでいたことです。
怪しいと見ぬいたのは私です。
米国全国会議員へ発送する業務をサボタージュしていたので、
敵には相当都合の悪いことだったのです。
そやつの兄弟は外務省に入っていました。
外務省の情報も抜かれているでしょう。

また政策秘書のパソコンが操作され、自動的に「外」に転送されていました。
多分、現在も議員会館はこれまで以上にスパイ天国になっているでしょう。

国会議員が夜、議員会館に用事があって戻ったら、
閉められた部屋の中に中国人の清掃員が
机の上に置いてあった資料を読んでいたとか、新しくなった議員会館は、
非常に風通しの悪い構造になっていて様々なスパイの天国になっていますね。

まず、保守活動の基本は、東京裁判の本質を知ることですので、
以前から繰り返し時間の無駄を回避するために
『パール判事の日本無罪論』(田中正明著、小学舘文庫)を薦めてきましたが、
要するに読んでない者は私の周りに近寄らないで下さいとの意味を兼ねて
薦めていました。

この本は、絶版になっていた『パール博士の日本無罪論』を、
「博士」だと東京裁判から50年くらいたちパール博士が
東京裁判インド代表判事とわかっている方が少ないとの前提で
「博士」を私が「判事」に変えました。また必要な年月日とか加筆してあります。
これら復刻版は情報戦の武器として必要だから文庫化したのです。

最近、出版社といっしょになってパクり本をだして
副読本までベストセラーになって話題になったりしていても
パクり本では「武器」にならないのです。

いま資料調査や新たな論文を一から書き上げる体力は、まだありませんが
過去の論文と「パクり本」を比較して「パクり」の実態を大々的に明らかにすることは、
「パクり本」の出版社の「商品」には傷がつきますが、
一般国民がお金をドブに捨てることなく、
安くて高性能な【武器】を購入できるので好都合になるでしょう。
下記に企画した安くて高性能な「武器」を列記します。


①【パール判事の日本無罪論】(田中正明著、小学舘文庫:2001年)
※この本と同じタイトルの新書が出版されてますが、
文庫は私が解説を書いていますが、最近出版された新書は
百田尚樹氏が解説を担当していますので、
興味があり購入しようと考えていらっしゃる方は、
巻末の解説を比較して判断してください。
出版業界の現状が如実に現れていて、
言論界のレベルが低下しているのか一目瞭然になるでしょう。






②【「南京事件」日本人48人の証言】(阿羅健一著、小学舘文庫:2001年)
※この書は、1987年に出版された『聞き書き南京事件』の復刻版なのですが、
自信をもって南京事件を「」で括って企画を出しました。
この元本の全文コピーを1997年5月に「南京郵便袋事件裁判」に、
小林よしのり氏を案内した後のブリーフィングで、最初に読むことを勧めた本です。
小林氏の『戦争論』一冊より内容は濃いのです。





③『「真相箱」の呪縛を解く』(櫻井よしこ著、小学舘文庫:2002年、タイトルは私のアイデアです)
※この本は、真相箱の台本を私が「発見」したことから月刊『正論』で、
◆2002年4月号『正論』【戦後われわれはこうして洗脳された―NHKラジオ「真相箱」の真相(上)】
https://drive.google.com/open?id=1PtchBzwdpknEB2ibB6EVQbCaeDzxL1db
として「上中下」の予定で寄稿する予定だったのですが、
正論編集部の桑原氏が勝手に「完全復刻企画」を
一部摘まみ食い企画」に変更していたことで、「中下」の連載を中止し、
「真相箱の台本」を取り戻して小学舘文庫編集部に、新たに企画を持ち込んだのです。
ところが、また小学舘文庫編集部が勝手に
学術的引用をしやすいように櫻井よしこ監修」として出した私の企画を
「櫻井よしこ」にされ気まずくなりましたが、
まだ「武器」として復刻する絶版本があり、目的のため流していました。
実際、東京裁判が始まる前に「南京大虐殺」として
NHKラジオ放送『真相箱』で放送されていたのですが、
誰も検証できませんので私が【完結:「南京事件」】で
「真相箱」の嘘を一次資料で完璧に潰してあります。





④【「南京事件」の総括】(田中正明著、小学舘文庫:2007年)
※この本は、1987年に出版され絶版になっていた『南京事件の総括』を、
南京事件を「」で括って、不必要な部分を削除し、
項目も組み換えて南京攻略戦の全体像が理解できるようにしてあります。
この本が小林よしのり著『戦争論』の骨組みになっています。
しかし、『戦争論』が100万部を突破するようになっても、
まだ数万部でとどまっています。
本末転倒ですが、これが出版業界の実態なのです。
本気で「歴史戦」を戦っている意識があれば、
資料価値がある「武器本」をいかに普及させるか実践するべきなのですが、
自分たちがブログで発信できるようになると、
まず自分が目立とうとなり自己満足に留まっています。





そんなインターネット界に、彗星のように現れた「【青にゃん劇場】は、
自己満足が蔓延しているインターネット界に新風をもたらしました。

青にゃん劇場ツイッターアカウント
https://twitter.com/armourhigeraru?lang=ja

青にゃん劇場新館YouTubeアカウント(アカウントを新設されたようです)
https://www.youtube.com/channel/UC3D2puTdFPkYKcde_947b6Q

それは「動かぬ証拠(発言・画像)」を使い、
「動かぬ証拠(発言・画像)」で本人の嘘を暴く手法は、
「法と証拠」がすべてとして言論活動をしてきた私と根底は同じですが、
如何に資料(動画・画像)探しに苦労されているのか解りますので
敬意を表する次第です。

間違いなく令和時代の「情報戦」の先鞭をつけたと言っても過言ではないでしょう。

なかには、「青にゃん劇場」は、
「中国から莫大な工作資金が流れているから気をつけて」と、
言っている「アホ」がいますが、その程度の「知力」で工作員云々は笑止千万です。

青山繁晴議員を徹底的に糾弾するのには理由があります。
それは、一般保守国民の怒りが爆発し、抗議が政府に直接向かいそうになったとき、
国会議員になった青山繁晴議員は、一般「保守国民」の期待を一身に浴びていて、
なんとか阻止して貰えるような「過激な発言」に騙され、
最後に梯子を外された「移民法」と「アイヌ新法」の裏切りを見せられても、
まだ信じている方がかなりいますので、警鐘を鳴らしているのです。

二度あることは三度あると言われますが、
三度目の法案が「女性宮家・女系天皇」で、梯子を外す可能性大なのです。

また「反対の大声」が国会ではなく「独立講演会」なのが詐欺的なのです。

いま青山繁晴議員がやるべきことは、
悠仁親王殿下への「テロ未遂事件」の犯人の「国籍・実名」の情報を
公にすることなのです。


・パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)
https://drive.google.com/open?id=1f62RE22Fw0grvPiCVvZyfrPu-Bn73VrW

・ひと目シリーズ「天皇家の家系図」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)
https://drive.google.com/open?id=1qDQuR9LEy_OuuoTTpqBLZH404UIMZ-2t





『護国の会』公式ブログ
https://ameblo.jp/gokokunokaze

『護国の会』公式YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UCudNyRw4-JV6MjBtNc2B35A/videos

「山田耕筰記念館]設立要請の署名用紙はこちら
https://drive.google.com/open?id=1m3UoVGjpe39-cqxwq9auOB5yGlTpW_rp


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

【青山繁晴】続きは独立講演会で!
https://bit.ly/2Pm1G6o

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■青山繁晴参議院議員の面白動画紹介
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3057.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


●【法と証拠に基づく】水間政憲・論文一覧表
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2632.html
※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。


◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(承認以外の無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。