〇《アイヌ新法は中国の北海道侵略の一里塚》

2019年01月30日 01:10

〇《アイヌ新法は中国の北海道侵略の一里塚》

◆2019年1月29日、総理官邸前で
頑張れ日本の「アイヌ新法」反対街宣が行われましたので、
道産子として一言がなってきました。下記のその時の動画URLです。
https://youtu.be/vxjivaEvrpo

■道産子としてアイヌに対する認識は、差別意識など皆無であり、
それゆえ北海道各地の名称は「アイヌ語」由来の
札幌(サツ・ポロ・ペツ:乾いた大きな川・葦原の大きな川)とか
小樽(オタ・オル・ナイ:砂浜の中を流れる川)などになっています。

そもそも、最近の遺伝子工学で
日本民族の古代から現在までの歩みが解析されており、
アイヌも本土日本人と遺伝子の基層は同じだったことが明らかになっています。

アイヌ民族は、金属器時代以前の、
旧石器時代から新石器時代(縄文時代)に形成され、
その後あまり他集団と交わることがなかったから、
大和民族と違うように思われているが、遺伝子情報の亜型C3とD2の構成は、
アイヌ民族の祖先が本土日本人の基層と共通の集団で、
日本列島には約38000年前に渡来し、
出アフリカから北方ルートと北方ルートから枝分かれして
朝鮮半島経由の九州に渡来した北西ルートで
C3亜型(シベリア南部アルタイ・サヤン地域発祥のY染色体C3亜型)の
移動ルートで確認されている。

要するにアイヌ遺伝子の基層をなすC3亜型は、
北海道だけでなく東北地域や九州地方にも渡来しており、
アイヌと大和民族の遺伝子的基層は共通性が確認されているのです。

現代までの地域の特性で、アイヌとか大和民族とか呼称されているが、
途中の縄文時代から弥生と時代が進む中で
表面的な違いが確認できるようになっても、
同根の遺伝子からの発展系と捉えれば説明がつくのであり、
イデオロギーに基づくアイヌ新法(区別)は百害あって一利もないのです。

*『日本人はどこから来たのか?』(海部陽介・国立科学博物館人類史研究グループ長)
*『DNAが解き明かす日本人の系譜』(崎谷満、勉誠出版)







◆【『完結DVD:朝鮮半島歴史問題の嘘』予約注文受付】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2900.html

◆【南京問題終結は歴史的な事件なのです。「1937南京:完結」映画(DVD)版画以外での製作支援方法】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2875.html

◆【「1937南京:完結」映画(DVD)大量頒布と第2弾(「完結:日韓歴史戦」―韓国の歴史捏造を撃つ」)制作支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649

◆【版画一覧表≡申込方法】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2962.html











◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。