〇《韓国・ロシアのスパイ網に見透かされた岩屋防衛大臣・河野外務大臣》

2019年01月24日 05:04

〇《韓国・ロシアのスパイ網に見透かされた岩屋防衛大臣・河野外務大臣》


■現在、外交自慢の安倍政権が八方塞がりになったロシアと韓国は、
両国とも内実は近代法治国家でない独裁体制下にあることを
十分理解しているか否かが問題です。

現在、戦後の「お花畑」から脱け出し、高みから眺めていらっしゃる方の中に、
韓国の国を上げての「反日政策」に“堪忍袋の緒が切れた”と
息巻いている方がおりますが、それらの方々も自らの韓国に対する認識が
甘かったことの怒りも混ざっていることを自覚する必要があります。

いまの安倍政権は、派閥均衡人事の大臣ですので、
自民党内リベラル議員が大臣に就任しています。

永田町に自由に出入りしていたとき、
国会議員秘書に支給される国会通行書をもっておりましたので、
自民党本部で開催されていた政調部会の様々な勉強会を傍聴していましたので、
現在大臣になっているリベラル大臣の問題点は、
単なる保守言論人では知り得ない核心情報を現認していました。

直近10年内に政治に興味を抱き様々な政治ブログを読まれていらっしゃる方が、
最近の韓国やロシアに対する安倍政権のだらしなさに唖然茫然となり、
政治から距離を置き始めていらっしゃる方が増えています。

これが戦後我が国が、十数年を一巡として繰り返してきた世論の実態です。

縁あって拙ブログにたどり着いた皆様方には、
どのような政権になろうとも「是々非々」で
チェックできる基礎を伝授できればと思っております。

実際、韓国に怒り爆発した方は、心のどこかに
「通じるかも」との淡い期待感の反動もあった事を冷静に自己分析して、
よりバージョンアップした政治活動を期待します。
そのために有効な情報を拙ブログで提供致します。

毎週動画を発信し始めた当時、訪問者は5000人前後あり、
多いときは10000人を越えていましたが、視聴者が支持している政治家を批判すると、
ガクンと視聴者が減り現在に至っていますが、現在も視聴してくださっている皆様方は、
にわか保守市民ではなく、家庭環境だけではなく数十年、
保守思想を意識することなく自然体で愛国者だった方々と承知しております。

どのジャンルも本気本物は、疎ましく思われ嫌われる場合がありますが、
歴史的大転換期には、ぶれない精神力の持ち主との連携が
時代を切り開いてきましたので、国内外にいらっしゃる「みつばち」さんが動けば、
かならず結果はついてきますので、
抗議活動に疲れた保守市民の方を誘って上げてください。

「チームみつばち」の凄いところは、普段、仕事や家事に専念していても、
これはと納得できる呼び掛けに参加すると、
いつのまにか結果が出ている達成感を共有している事です。

直近の「みつばち隊」の成果は、ソフトバンクの「白犬CM」を
「日本人虐待のヘイトコマーシャル」との批判をJAROに集中抗議して葬ったことです。

無駄な呼び掛けをしないように心がけていますが、
自民党の国会議員の中にも朝鮮系日本人やリベラル議員もおりますので、
小生が呼び掛けるときの対象は、
時間の無駄になる国会議員への要請を呼び掛けません。

例えば、都道府県の教育委員会教科書採択と教科書会社との金銭問題が
発覚したときの呼び掛けは、文科大臣ではなく副大臣に要請をお願いしたのは、
そのような理由があったからです。

ここから本題に入りますが、10年位前、自民党防衛部会では、
北朝鮮が日本列島に向け発射した弾道ミサイルが大問題になっていましたが、
そのとき、ミサイル発射基地攻撃は
憲法違反ではないことを踏まえた会議だったのですが、
土屋正忠議員が「支持してくれている女性から自民党は
なにやっているだらしないと怒られております」と緊張感を和らげてから
「発射態勢に入ったことが確認できた時点でミサイル基地破壊は当然です」と、
発言したとき、その土屋議員の意見に顔を紅くして
北朝鮮の議員かと錯覚してしまうくらい猛反対していたのが岩屋防衛大臣でした。
現在、岩屋防衛大臣は、目が泳ぎ言葉をつまらせながら発言してますが、
北朝鮮のミサイル基地攻撃に反対したときのような大声で
韓国を糾弾できなければ防衛大臣を辞任せよ。

自民党の外務委員会や防衛委員会の関連部会には、
秘書通行書を持っていれば自由に傍聴できますので、
某外国系団体から無報酬で自民党議員秘書になっていることが問題になったこともあり、
どの議員が真の愛国議員か否かを韓国や北朝鮮、ロシアには筒抜けになっています。
実際、安倍首相が、岩屋議員の北朝鮮議員のような発言を承知していたら、
防衛大臣にしなかったでしょうが、その情報を知らなかったと思われます。
そのとき現場で一部始終を現認して、
岩屋議員は絶対防衛大臣にできないと判断できましたが、
このような核心情報すら安倍首相には入っていないのです。

河野太郎外務大臣は、あの「紅野傭兵」の息子ですよ。
リベラルのスタンスを続けていたら
いつまでも大臣になれないと麻生副総理に注意され、
大臣になりたくてにわか保守スタイルを演出していることくらい、
ロシアも韓国も百も承知していますので、
ロシアも韓国も居丈高にでてきているのです。

昨日の韓国の外務大臣との会議の場で、韓国の外務大臣から先制攻撃をされ、
それに対してアホのひとつ覚え「遺憾です」だけ、
例えば、「いい加減な嘘を聞く耳は持ち合わせてない」と机をドンと叩き、
席を蹴って会議を数分で終了できる気概がなければ、
安倍政権の外交は八方塞がりになるでしょう。

そもそも、河野太郎議員は、法務副大臣のときの議事録で確認すれば、
あの民主党政権の千葉景子元法務大臣と通じるリベラル議員だったのであり、
多重国籍を推進しようとした法務部会では、
河野太郎議員と柴山昌彦議員(現文科大臣)が主催者だったときに
配布された文書が衝撃的で部会は揉めに揉めましたので、
いまもハッキリ覚えていますが、多重国籍者が、皇族・裁判官・大臣以外であれば、
知事や自衛隊の下士官、公安調査庁長官、
海上保安庁長官を務められる法案だったので、
唖然となったことを、いまでも鮮明に覚えています。

そもそも麻生政権のとき、河野太郎議員は、
お台場に予定していたアニメ美術館(予算約400億円)を、
無駄だと委員会で糾弾して潰した過去がありますが、
アニメ美術館が実現していれば、今頃、東京観光の目玉になっていたことでしょう。


私が単なる言論活動をしているのと違い、実際、言論が国民の生活に活かされるには、
ビジネス言論ではなく、政治家と連携することが必要と判断し、
水面下で連携して成果をだした実積がありますので、
ビジネス言論人に付き合っている方たちが哀れに思えてなりません。


◆【『完結DVD:朝鮮半島歴史問題の嘘』予約注文受付】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2900.html

◆【南京問題終結は歴史的な事件なのです。「1937南京:完結」映画(DVD)版画以外での製作支援方法】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2875.html

◆【「1937南京:完結」映画(DVD)大量頒布と第2弾(「完結:日韓歴史戦」―韓国の歴史捏造を撃つ」)制作支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649

◆【版画一覧表≡申込方法】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2962.html











◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。