FC2ブログ

〇《日中韓歴史戦終焉まであと1年》

2018年10月16日 00:46

〇《日中韓歴史戦終焉まであと1年》


■日中韓歴史戦にケリをつけると宣言しても、
信じられる方はほんの一握りの方だけだと思っております。

それは致し方ないことで、
真っ白のキャンバスに名画を描くと宣言しても信じられないのといっしょです。
しかし、数々のスクープ資料を発掘したことを相対評価できる「みつばち」さんの中には、
間違いなくケリをつけてくれると確信していらっしゃる方が少なからずいらっしゃいます。
南京問題をまず論争できる「土俵」をつくったのは私ですし、
私が終結できることを一番よくわかっているのは中国だと思っています。

著名なジャーナリストが、南京に関して間違っていることを新聞に寄稿してますので、
退院しましたら一次資料を添付して訂正を求めます。

これからは、外出も極力避け日常的な交流を絶ち、
後世に必要な様々な「武器」を最優先で作製することを日常にします。

後世に名を残しているレオナルド・ダ・ヴィンチ等画家には
強力な「パトロン」がおりましたが。

実際、それらパトロンが絵の内容にたいして口出しすることなどあり得ないことなのです。
本物のパトロンとはそうゆうものなのです。

最近我が国には、パトロンになれる財力を持っている人物がいても、
文化芸術を支援する人物はほとんどおりません。

実際、歴史戦では競馬等ギャンブルのようにはっきり白黒がつくことはありませんが、
相手を沈黙させたら勝利なのです。

来年は、いつまでも南京と慰安婦問題にケリをつけられなかったオピニオン誌は
必要ありませんので廃刊になっても仕方ないでしょう。

実際、中国で国民動員法が制定された以降も、
帰化した怪しい者を重宝しているオピニオン誌はまったく必要ありません。
実質的に親兄弟が人質になるにも拘わらず、
それが想定できない愚かな編集者が多すぎます。

だからといって、インターネット情報が主流で大丈夫かとなると些か心もとないですが、
スクープ資料情報や「調査研究」を助成(文科省から移設)するか否かを
客観的に見いだす財団(半官半民:各官庁横断組織)を創設し、
スクープ資料レポート発掘1件につき「公正な審査」に基づき、
それぞれ見あった対価を支払うことや、問題になった「科研費」の
「調査研究」にたいする助成金に対しても公正な審査システムが構築できれば、
サヨクの資金源のゴミリポートやくだらない雑誌対談など、
ビジネス目的のオピニオン誌はまったく必要なくなります。



◆【『完結DVD:朝鮮半島歴史問題の嘘』予約注文受付】
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2900.html

◆【「1937南京:完結」映画(DVD)大量頒布と第2弾(「完結:日韓歴史戦」―韓国の歴史捏造を撃つ」)制作支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。