〇《新宿東口にあった「青我」を知っていますか》

2018年07月14日 17:55

〇《新宿東口にあった「青我」を知っていますか》


■暑くてダウン寸前ですが、このように暑くなると思い出すことがあります。

1970年代、アートの世界に棲息していたとき、
新宿東口三越の脇道をちょっと入った左側に、
クーラーのない小さな和風建築の喫茶室「青我」に通っていました。

実際、「青我」では、ちょと無理し気張って真夏の暑い日、
ホット珈琲を注文したりしてました。
憧れは形から入る典型ですね。

暑い日は、窓を開けていましたので、たまに浴衣姿の美人が窓辺に佇んでいると、
まさに「竹久夢二の美人画」が動いているようで、田舎者には眩しい情景でした。

そのような思い出も遥か昔、そもそも芸術は庶民には別世界のものですが、
芸術と無縁の人生もまた寂しいものですが、芸術とはなにかに触れた頃、
別世界に移りましたが手足が自由に動くときに封印を解き、
芸術作品を最低でも36枚くらい仕上げて死ねればと夢見ております。

実際、世界最高峰の芸術家、葛飾北斎の代表作も富嶽三十六景ですが、
その浮世絵でも芸術と認識される作品はそんなに多くはないのです。

琳派の系譜を現代に甦らした作品をイメージしていますが、
しがらみ無しに純粋に作品そのものを評価してもらえる環境は欧米なのが残念です。

芸術作品を制作するには、日常生活からの解放が必要ですので、
パトロンの存在が鍵になります。

戦後、我が国で世界メジャーになった芸術家、棟方志功は、
東急グループの五島慶太がパトロンになったからなのです。

それ以外は、国内で巨匠と言われても海外では無名の画家がほとんどなのです。
言論界も美術界も似たようなものでうんざりですが、
みつばちさんが知っている通りです。


◆【「1937南京:完結」映画(DVD)大量頒布と第2弾(「完結:日韓歴史戦」―韓国の歴史捏造を撃つ」)制作支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。