FC2ブログ

〇転載フリー《昭和天皇時代の皇室と現在の違い》

2018年06月30日 08:52

〇転載フリー《昭和天皇時代の皇室と現在の違い》


■昭和天皇時代の皇室と現在を比較すると様々な違いが明らかになります。

昭和天皇は、1945年5月25日に宮殿が全焼した後、
焼け残った文庫室にお住まいになり、宮内庁が御所の建設を繰り返し、
天皇に申し入れしても
「世の中には住む家の無い人もあるのに、私にはこれだけのものがあるのだから」と
却下され、1959年に皇太子殿下御成婚の2年後1961年に、
吹上御所が落成し住まわれるとき、還暦を迎えられ
「こんないい家に住めるようになったのもみんな国民のおかげだ」と、
述べられておりました。

この度の今上陛下の退位に関して、宮内庁が要求した予算に理解できないのは、
天皇皇后両陛下が移り住まわれる東宮御所(改装費8億9千万円)が改装されるまで、
仮住まい用として高輪皇族邸の改装費として8億4000万円が計上されている事です。

『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』を通読された方は、
理解できることですが、皇室には季節に適した御用邸があり、大正天皇は、
葉山御用邸で御療養されておりましたが、
その葉山御用邸の他に伊豆下田には須崎御用邸、
そして那須御用邸など仮住まいであれば御用邸があります。

その他に京都には、ほとんど使われていない京都迎賓館もあります。

実際、被災地に繰り返し行幸されていらっしゃる天皇皇后両陛下は、
仮住まいの被災者を間近に見ておられ、
「仮住まいは既存の御用邸で十分です」とのお気持ちだと思われます。

宮内庁は、天皇皇后両陛下のお気持ちを「忖度」し、
国民から疑問視されるような無駄な税金を極力使わないよう
心掛けなくてはいけないのです。

※昭和天皇が草葉の蔭で悲しまれていると思われることは、
最近の宮中祭祀の簡略化だけでなく、祭祀の中の重要祭祀を欠席する皇族に
「ぼっーと生きてるんじゃないよ」と、激怒されていらっしゃるように思われます。









◆【第1弾「南京完結」第2弾「韓国の歴史捏造粉砕」海外向け英文テロップ解説動画DVD制作及び大量頒布【支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。