FC2ブログ

●超拡散希望《中国と朝日等反日メディアが沈黙した「1937南京城内の特定できる一般市民死者数は『34名』」が南京歴史戦の急所です》

2018年06月23日 08:54

●超拡散希望《中国と朝日等反日メディアが沈黙した「1937南京城内の特定できる一般市民死者数は『34名』」が南京歴史戦の急所です》


■某大手出版社の編集長がおっしゃるには、
私が「法と証拠」」に基づいた「発掘スクープ」を繰り返し発表していても黙殺されたのは
「引用することで自分が下になると思っている者には、無視する以外にないからです」
との助言に納得した次第です。

その方は、1996年12月2日、赤坂東急ホテルで行われた
「新しい歴史教科書をつくる会」記者会見の
マスコミ対策・会場予約・当日の司会進行を、私がひとりで取り仕切ったとき、
参加されていた保守系の編集者です。
また、その後の私の動静をすべて知っていらっしゃる方ですので、
助言は貴重な意見として受けとめさせて頂きました。

それは、歴史戦に決定的な「証拠」をスクープしても、
敵が「沈黙」しビジネス保守言論人が「黙殺」すると、
「証拠」がなかったことにされている実態を明らかにしてくれ、
これからの歴史戦の戦い方の方向を示して頂き感謝する次第です。

実際、2017年12月、APAホテルに設置されている月刊誌『アップルタウン』に拙論文
「『1937南京』日米中歴史戦完結―
 『南京城内』の特定できる民間人死者数は『34人』だった」が、
1ヶ月間客室に置かれていても、中国や国内外の反日メディア、
そして国内の左巻き言論人も一斉に沈黙しました。
決定的なことは、同12月13日に“南京大屠殺記念館”で開催されていた
追悼式に参列した習近平主席は、例年のようなコメントを一切発しなかったのです。

それは、『南京城内』の特定できる民間人死者数は『34人』が、
決定的な「証拠」になったことを証明された行動だったのです。

東京裁判検察側資料で1938年2月中旬までに南京城内死体処理数は「1793名」、
そして1938年4月16日付朝日新聞北支版記事の
南京城内の死体処理数「1793名」と合致し、
その中の民間人と特定できる女性と子供が「34名」だったことが、
これまでの「南京城内民間人虐殺数30万人」を一瞬で粉砕することになったのです。

これで南京虐殺問題は終結したのですが、一般化しない原因を
出版社の編集長が分析してくれましたので、心ある日本人の皆様方は、
論争ではなく機会のあるときに「南京城内の民間人死者数は34名だったんだって」と、
さらっとふれて、反論されたとき、
中国も朝日新聞も「間違いと反論していない」ことを告げると沈黙することになります。

すでに日本国内では「南京問題」は終わっているのです。
わかってないのは「お花畑」状態の一般国民ですが、
一般国民は歴史戦と別世界にいますので、反日メディアが沈黙していますので、
あとは情報戦の主戦場のアメリカのマスメディアと上下両院議員、
大学の歴史専門家を狙い撃ちすると終結します。

もう少しで南京問題は終わります。

つぎは歴史を捏造する韓国を粉砕する「海外向けDVD」を制作して終結です。


◆【第1弾「南京完結」第2弾「韓国の歴史捏造を撃つ」海外向け英文テロップ解説動画DVD制作及び大量頒布【支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。