FC2ブログ

〇《以前のように拉致被害者救出の声が聞こえないのは誰のせい!》

2018年06月18日 06:18

〇《以前のように拉致被害者救出の声が聞こえないのは誰のせい!》


■拉致被害者の会ができる前の1990年代にNHKに故中村粲先生を代表にして、
NHK放送センター長や専務理事に抗議に行ったとき、
そのとき拉致被害者の有本恵子さんのご両親も同席していました。

そのような場が数回ありましたが、NHK職員の悩み事も聞かされました。
それは、北朝鮮が拉致した可能性に触れると電話が鳴りっぱなしになることなど、
テレビ局が萎縮する実態がその頃から変わっていませんが、
状況は自民党議員立法「ヘイト法」でより増長しています。

拉致被害者救出の声が小さくなっているのは、
家族のことのように本気で救出しようと思っている議員がへったことが原因です。

実際、「拉致被害者救出関連法案」より
在日朝鮮・韓国人擁護法案「ヘイト法」が
自民党政調会→自民党総務会をクリアして成立しましたが、
保守国民はよくわかっていないようですが、この反日法案は、
自民党政調会長と自民党総務会長が手を結ばなくては通らない法案だったのであり、
そのような自民党は日本人の魂が抜かれた集団になっているのです。

その閉塞状況を粉砕し、憲法改正を勢いづかせ、
拉致被害者救出を実現するには朝鮮総連に破壊防止法を適用するとか、
竹島で軍事訓練をする韓国に外務省は電話で抗議するだけでなく
国際司法裁判所に「領有権確認」を訴えるとか、
普通の国なら行っていることをしていない閉塞状況を打破するために
解散総選挙をすることが必要なのです。


◆【第1弾「南京」~第2弾「慰安婦」・3弾海外向け英文テロップ解説動画DVD制作及び大量頒布支援版画「猫とノスタルジー」一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。
【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。