FC2ブログ

〇《インターネット時代の歴史戦は世界史に刻まれた犯罪「尼港日本人惨殺事件」で戦うときが来た!》

2019年05月23日 00:04

〇《インターネット時代の歴史戦は世界史に刻まれた犯罪「尼港日本人惨殺事件」で戦うときが来た!》


■中国は「南京事件の嘘」がバレたら「正定事件」、
韓国は「慰安婦強制連行の嘘」がバレると「徴用工問題」と、
いつまでたっても中国・韓国が投げてくる「嘘」にあたふた反論していては、
いつまでたっても連戦連敗を覚悟しなくてはなりません。

日露戦争後の国際的大事件は、
ロシアの共産主義革命が及ぼす国際政治の激変の最中、
共産パルチザン4000人(朝鮮人1000人・中国人300人)が実行し、
世界史に刻まれている「大惨殺事件」を、戦後歴史から消す動きは、
ソ連は勿論のこと米国も歴史の読み違いの「汚点」を消す共通点があり、
GHQ占領下、GHQは、小樽手宮公園に建立されていた
「尼港殉難者慰霊碑・納骨堂」の破壊命令を出しましたが、
小樽市民が阻止した輝かしい歴史があり、その「尼港日本人惨殺事件」から来年、
100百回忌になる機会に歴史の大転換を図るときがきたのです。

戦後、反日左翼が編纂した教科書や百科辞典の記述は、
すべて過去の戦争を「日本罪悪史観」一色ですので、
ある意味わかりやすいのですが、「法と証拠」に照らし合わせると、
反日左翼を沈黙させられる資料は存在するのです。

「南京の嘘」は、ケリをつけましたので
戦前と「GHQ占領下」の小樽市民に敬意を表し、
これから「尼港日本人惨殺事件」を国内外に喧伝することも行います。

北樺太の対岸の尼港(ニコライエフスク)で、1920年初頭に勃発した
世界史上の大惨殺事件(白系ロシア人約6000人、日本人731人)の犠牲者は、
歴史から抹殺されたような状態ですが、日本人の「遺骨」が安置されていた
小樽の仏教会の有志が、慰霊祭を継続して来年100百回忌になりますので、
全世界に喧伝する機会がまいりました。

当時、生き延びた日本海軍士官の手記が、
大正9(1920)年4月20日付『大阪毎日』に次のように記載されています。
《彼等過激派の行動は偶然の突発にあらずして、
 徹底的画策の下に実行されたものとす。
 すなはち左のごとし。
 第一段行動として、露国資産階級の根本的壊滅に着手し、
 所在資本階級者の家屋を包囲し、資産の全部を公然掠奪したる後、
 老幼男女をとはず家人ことごとくを家屋内に押しこめ、
 外部より各出口を厳重に閉鎖し、これに放火し、容赦なく火中におう殺し尽くしたり。
 第二段の行動として、親日的知識階級に属する官公吏と私人とを問はず、
 容赦なく虐殺、奪掠、強姦など不法の極を尽し、第三行動として、
 獰猛なる彼等の毒牙は着々我が同胞日本人に及びたるなり。
 ここにこれが実例を指摘せんとするに当り、
 惨虐なる暴戻ほとんど言ふに忍びざるものあり、敢へてこれを書く所以のもの、
 すなはち犠牲者の尊き亡霊が全世界上、人道正義のため公言するものなり。
 深くこれを諒せよ。

 公然万衆の面前において暴徒悪漢群がり、同胞婦人を極端に辱かしめて獣慾を満し、
 なほ飽く処を知らず指を切り、腕を放ち、足を断ち、
 かくて五体をバラバラに斬りきざむなど言外の屈辱を与へ、残酷なる弄り殺しをなせり。
 またはなはだしきに至つては馬匹二頭を並べ、
 同胞男女の嫌ひなく両足を彼此の馬鞍に堅く結び付け、馬に一鞍を与うるや、
 両馬の逸弄すると同時に悲しむべし、同胞は見る見る五体八つ裂きとなり、
 至悲至惨の最期を遂ぐるを見て、悪魔は手を挙げ声を放ちて冷笑悪罵を浴びせ、
 群鬼歓呼してこれに和するに至つては、
 野獣にもあるまじき兇悪の蛮行にして言語に絶す。
 世界人類の公敵として天下誰かこれを許すものぞ、
 いはんや建国以来の民族血族においてをや。

 帝国居留民一同悲憤の涙を絞り、深く決する所あり、死なばもろとも、散らば桜と、
 一同老幼相携へ相扶け、やうやく身を以つて領事館に避難し、
 その後市街における同胞日本人に属する全財産の掠奪は勿論、
 放火、破壊その他暴状至らざるなし。
 しかりといへども軍人と云はず領事官民と云はず
 飽くまで 彼等と衝突を避くる事に注意し、切歯扼腕、堅忍自重す。
 しかるに彼等過激派はますます増長し、つひに領事館に向かつて砲撃を加へ、
 我が領事館は砲火のため火災を起こすに至り、もはや堪忍袋の緒も切れ万事休す。

 これまでなりと自覚するや、居留民の男女を問はず一斉に蹶起して、
 自衛上敵対行動をとるに決し、男子と云ふ男子は総員武器を把つて
 護衛軍隊と協心戮力、頑強に防戦し、また婦人も危険を厭はず、
 敵の毒手に斃れんよりは潔く軍人の死出の途づれ申さんと、
 一同双手をあげて決死賛同し、にはかに活動を開始す。
 しかも全員いかに努力奮戦するも、衆寡敵すべくもあらず、
 刻一刻味方の減少するのみ、ついには纎弱なる同胞婦人に至るまで、
 戦死せる犠牲者の小銃、短銃を手にし、弾はかく込むるものぞ、
 銃はいかに射つものなるぞと教はりつつも戦線に加わり、
 無念骨髄に徹する敵に対し勇敢なる最後の抵抗を試み、
 ことごとく壮烈なる戦死を遂ぐ。かくてもはや人尽き、弾丸尽き、力尽き、
 人力のいかにすべきやうもなくなほ生存の健気なる婦人
 または身動きの出来る戦傷者は、なんすれぞ敵の侮辱を受くるものかはと、
 共に共に猛火の裡に身を躍らし、壮烈なる最期を遂げたり》と、
驚愕の状況が記されております。

戦後、小樽仏教会の有志の僧侶によって、慰霊祭が継続していたことが救いですが、
「尼港日本人惨殺事件」を改竄し、悪意にみちた記述を粉砕して
日本人が心から追悼するときが、100百回忌の真実として国内外に拡げることは、
たまたま小樽に生まれ近現代史を研究している小生の使命として
実践するものであります。

これまで「水間条項」を読まれてる皆様方にも理解していただけると確信しております。

来年5月24日午後1時に
小樽手宮公園の「尼港殉難者慰霊碑・納骨堂」でお待ちしております。









◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。