FC2ブログ

〇《NHKクローズアップ現代で取り上げた「♯MeToo」JAPANの現状》

2018年01月23日 01:22

〇《NHKクローズアップ現代で取り上げた「♯MeToo」JAPANの現状》


■NHKが「♯MeToo」について報道してましたが、
私はカトリーヌ・ドヌーブの見解を支持します。
いわゆる「業界」が「♯MeToo」だらけなので
「業界」と揶揄されていることは周知の事実です。

それら「業界」にマスコミも含まれますので、
たいした業績もないのにちやほやされている女性が沢山おり、
男性だけが批判的に報道されていることに違和感を感じます。


それは、昔から「枕営業」でのしあがった女性が沢山おり、
厳しいことを指摘するならば、「枕営業」でのしあがった女性も
批判の対象にしなければ、問題の根本は解決しません。

過重労働で問題になった大手宣伝会社に潜む問題には、
セクハラ問題は指摘されませんでしたが、そこが公になれば「いわゆる業界」は、
マスコミを含め、総崩れになるからです。
いま「文春砲」として恐れられている文春ですが、今後は「不倫問題」だけでなく、
「枕営業」でのしあがった女性を取り上げれば、
「文春砲」どころではなく「文春爆弾」の衝撃波は
「♯MeToo」運動など比較にならない衝撃を与えるでしょう。

知っているだけでもNHKや民放、言論界にも
「枕営業」でのしあがった女性は沢山おります。
その情報が弾ければ業界に激震が走ります。

いま文春は、不倫やセクハラを問題にしてますが、
西館好子さんの著書『修羅の棲む家』には、
文春の重役が「春画」を見せて誘惑してきたような事も暴露し、
井上ひさしのDVを暴露しても、当時、いわゆる業界は黙殺しました。

いわゆる「♯MeToo」の我が国の先駆けは、
西館好子さんの著書『修羅の棲む家』(ほとんどの図書館に所蔵されています)
なのですが、今からでも井上ひさしのDVを
国民が認識することから始める必要があるでしょう。


※【「1937南京」歴史戦完結】映画製作支援版画に御協力いただける方は、
詳細を水間条項国益最前線ブログの冒頭で確認してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2710.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。