FC2ブログ

●《Kazuo・Ishiguroと村上春樹の洞察力の違い》

2018年01月15日 10:28

●《Kazuo・Ishiguroと村上春樹の洞察力の違い》


■小説家の小説にイデオロギーが入ることは、致し方ない面もあるが、
軽薄な歴史認識をベースに創作されている小説は
ポピュリズムであり文学ではありません。

Kazuo・Ishiguroと村上春樹を比較すると、
歴史の真実に対する洞察力の違いが小説に現れています。

両氏とは世代が前後しますが、
日本は戦時中悪いことをしたと刷り込められたことは同じですが、
Kazuo・Ishiguroと村上春樹は、日本罪悪史観に大小がありますが、
Ishiguroは英国の歴史認識に影響を受け、
村上春樹は中国の歴史認識で日本を断罪していることが決定的な違いです。
Ishiguroは、英国で学んだ歴史認識ですので、
難はあっても極端な日本断罪史観にまでになっておりません。
しかし、村上春樹は朝日新聞の読者とリンクするような
「日本断罪史観」を反映されており、洞察力の弱い読者を対象にした
「ポピュリズム」小説で、大江健三郎のようにノーベル賞を狙ったのでしょうが、
時代が変わったことについて行けてないようです。

村上春樹は、
「南京大虐殺」があったとの前提で主人公に「南京40万人虐殺」と語らせています。
また村上春樹はノンフィクション作家と紹介されることもあり、
国際的な影響力から看過できませんね。
『「1937南京」歴史戦完結』が完成したときには、
両氏等歴史認識に無知な小説家にDVDを寄贈していただき
「法と証拠」に基づく歴史を学んでいただきたいと思っています。


※【「1937南京」歴史戦完結】映画製作支援版画に御協力いただける方は、
詳細を水間条項国益最前線ブログの冒頭で確認してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2710.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。