●《2018年:朝日新聞との戦いは新境地へ》

2018年01月08日 01:22

●《2018年:朝日新聞との戦いは新境地へ》


■朝日新聞が戦後GHQの手先になっていたことは、
すでに保守派国民には周知の事実です。

それにも拘わらず、その事実に触れずに朝日新聞批判本を出版する編集者は、
すでに目覚めた国民より、知的レベルが低くなっています。

実際、朝日新聞批判本のタイトルだけは威勢がいいですが、
内容は朝日に痛くも痒くもない「床屋談義」に毛の生えた程度です。

もうこれまでのように読者を騙すやり方は通用しません。

最近、「スクープ論文集」を読まれた方からの感想に励まされ、
核心情報を認識された真の同志が確実に増えたと実感しています。

出版社とグルになり、国を憂いている善良な国民を欺いて
商売種にしか考えていない「保守言論人」と「編集者」に吐き気をもよおします。

実際、「みつばち」さんに届けた「スクープ論文」一本に見合う「スクープ」を
ものにした言論人はほとんどいない事に気付かれた
「みつばち」さんが驚いていました。

有名になっていてもスクープ資料の裏付けのない「論述」は、
マンネリ化して虚しく響いているだけで、はっきり言ってパルプの無駄遣いです。

情報戦は、決定的な「証拠」で根を裁ち切れば、いずれ萎んでしまいますので、
内容の薄い著書がいくらベストセラーになっても情報戦では勝利できません。

それは、年間2~3冊以上、著書を出版している人物は
ゴーストライターの手による著書がほとんどだからです。

国民が求めている著書が、国民に届いていないのが現実なのです。
この傾向は、とくに最近酷くなっていることは、皆様方がご承知の通りです。

そのような現状を変えるには、言論界の馴れ合いを排し、
一撃で潰せる「証拠」で反日ネットワークの中枢を
爆撃できるか否かですので宜しくお願い致します。

これからは「法と証拠」に基づいた検証本以外は、
歴史戦には不必要と一人ひとりが認識することが大事ですが、
南京問題に関しては本年夏までに製作する映画【「1937南京」完結】で終結させます。
我が国の言論界には不都合な映画になるでしょう。

尚、スクープ論文をファイルに収録することを想定して届けましたが、
スキャンしてスマホに収録された方からの画像を拝見し、すごいと感嘆しました。
スマホでいつでもどこでも読めるとなると凄いです。
興味のある方に拡げていただいても結構ですので宜しくお願い致します。

実際、一冊のありきたりの著書より、
特定の問題にケリをつけている「スクープ論文」は、
簡潔で価値がありますので、喜んで頂けると思います。



※【「1937南京」歴史戦完結】映画製作支援版画に御協力いただける方は、
詳細を水間条項国益最前線ブログの冒頭で確認してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2710.html










◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。