●《御覧になった第59回:「水間条項国益最前線動画」のテレビ映像の基になったスクープ論文は「スクープ論文20本」に収録してあります》

2017年11月19日 18:20

●《御覧になった第59回:「水間条項国益最前線動画」のテレビ映像の基になったスクープ論文は「スクープ論文20本」に収録してあります》


■常に歴史問題にケリをつけるために資料を探して発表してますが、
価値ある「スクープ論文」を無視する我が国の言論界はガラパゴスのようなものですね。

覚醒されていらっしゃる皆様方に
「核心情報」(テレビ映像は第59回第2部20分50秒頃から)を
届けられて安堵しております。
http://www.nicovideo.jp/watch/1510989166
この情報が2005年8月1日にテレビと『正論』同時発表されたのに
保守言論人で触れた者はおりませんでした。
皆様どう思いますか。
また、2万数千円の二次会「領収書」の不正使用を問われ、
私の論文を取り上げた報道局長は、懲戒解雇になり、
局長のようになりたくない社員には、「なにが原因か」社内でわかったことから、
国益に直結する「歴史認識問題」は“タブー”になったと解釈して間違いないでしょう。
新聞社もテレビ局もサラリーマンしかおりませんので、自ずと限界は見えてきます。
フジテレビには「天皇」とよばれている日枝久氏が君臨しています。

2009年1月22日、韓国大統領令に基づき
「大韓民国ブランド委員会」が設置され、電通は接待されています。
電通のドン 成田豊氏(元在日朝鮮人)は韓国から表彰されています。
http://japanese.joins.com/article/072/113072.html?sectcode=&servcod...

また高麗大学は、日枝久氏(早大教育学部卒)に名誉経営学博士号を授与しています。(2010/02/25)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2010/02/25/0800000000AJP20...
http://www.waseda.jp/intl-ac/joint-symposium-j.htm

電通成田豊氏は、韓流の首謀者で
フジは利用されていると見れば、理解できるでしょう。

※歴史認識問題と国体の問題で現在進行形なのは、
『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』に掲載した天皇家の「家系図」で、
「皇太子殿下より天皇の血が濃い男性の従兄弟が3名いらっしゃる」ことを隠し、
抹殺しようとメディアも言論人も「沈黙」していますが、周恩来の靖国のときと同じです。

また、『完結「南京事件」』で
南京城内の民間人と特定できる死者数は「34人」と断言しましたが、
保守も反日サヨクも沈黙しています。

覚醒されていらっしゃる皆様方が、インターネットを駆使して「拡散」していただければ、
どのように厚い「鉄の扉」もこじ開けれますので、宜しくお願い致します。








【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。