●《沈黙が「美徳」は時と場合によりますので、「国益」に必要な情報は発信することにしました》

2017年11月17日 17:08

●《沈黙が「美徳」は時と場合によりますので、「国益」に必要な情報は発信することにしました》


■現在、近現代史研究家・ジャーナリストと表記しています。
それがいま一番しっくりくるからですが、アップした「テレビ映像」は、当時、反日サヨクを愕然とさせたスクープ論文2005年9月号『正論』
「あの周恩来が靖国を拝観していた頃の神田と中国共産党の関係」に
基づく映像ですが、周恩来が靖国神社を「参拝」していた事実を、
反日サヨクだけでなく保守言論界も沈黙して、現在に至っています。
実際、保守を自認されている国民もこのことを認知されている方は、
ほとんどいらっしゃらないでしょう。

それが我が国の言論界の実態です。

2005年当時、YouTubeができたばかりでしので、
衝撃的ニュース映像も再度国民の眼に触れることはありませんでした。

私は、生活を二の次にして「歴史問題」に決着をつける事を目的にやってきましたが、
過去の「国益を護れる情報」が抹殺される状況を看過できませんので、
徹底的に反撃することにしましたので、
核心情報を必要とされていらっしゃる同志の方々に届けることにしました。

昨日は「スクープ論文20本」をアップしましたが、
その「スクープ論文1本」に基づくニュース映像が
『第59回:水間条項国益最前線動画』に収録しました。

スクープ論文:第3弾は、
『食べるな危険中国食品』関連レポート4本+6本を予定しています。
その中国食品問題レポートの衝撃は関係業界がパニックになっていたにも関わらず、
あまりにも影響が大きくマスメディアは沈黙したのです。


当時、食品の安心安全を訴えていたジャーナリストはほとんど左巻きの親中国系でしたので、
真正面から中国食品を批判できるジャーナリストはおりませんでした。

それ故、「毒餃子事件問題」が世間を騒がしていたとき、
「中国食品問題に詳しいジャーナリスト」として、
フジテレビやテレビ朝日の報道番組に出演していた事がありますので、その映像を使って、また動画を作成する予定ですので、とりあえず本日アップした動画をご視聴ください。







【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。