●《天皇家の家系図を「デマ注意」と嘘を拡散している「女性宮家」を承認している言論人に注意》(この記事は転載可とします)

2017年11月03日 10:55

●《天皇家の家系図を「デマ注意」と嘘を拡散している「女性宮家」を承認している言論人に注意》(この記事は転載可とします)


■「女性宮家」を認める著書を出版している言論人が、
私を名指して「おかしい」などと頓珍漢なことを言いふらしているようです。
その人物の著書には、男系男子の維持が難しいときは
「女性宮家を否定するものではない…」と、
一知半解の知識を記載してあるため、
『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』に掲載されている
「天皇家の家系図」が邪魔なようです。

それら「女性宮家」を容認している執筆者には相当都合が悪いようで、
同書を抹殺しようとあの手この手と姑息なデマを飛ばしているようです。

実際、同書を手にした皆様方は御承知の通り、
今上陛下の御姉様であられる「成子内親王」(照宮様)は、
東久邇盛厚王殿下に嫁がれ、
信彦(昭和20年)、
秀彦(昭和24年)、
眞彦(昭和28年)と3方の男子が誕生しています。

今上陛下は正田美智子様(民間人)と御成婚され、徳仁皇太子が誕生されましたが、
天皇の血は、両親とも天皇の遺伝子をお持ちの
東久邇盛厚王殿下と成子内親王殿下の男子の方が、
従兄弟の徳仁皇太子より天皇の「血が濃い」ことは
小学生にも簡単に理解できるのですが、
この簡単なことが理解できない言論人がデマを流しているようです。

その程度の知識で出版されている本が、
『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』より数倍売れているようですので、
読者は詐欺にあっているようなものです。

実際、同書の天皇家の家系図がインターネット上で一般化した後、
小林よしのり氏や高森氏たちは沈黙してますが、
「デマに注意」など頓珍漢なことを言っている人物は
「保守」と認識されているから余計にタチが悪いのです。

この度の総選挙で、憲法改正が実現できるようになりましたが、
それと同時に「皇太子殿下より天皇の血が濃い男性の従兄弟」の
皇籍復帰を実現する必要がありますので、賛同していただけれる皆様方には、
SNS等あらゆる手を使って、
皇太子殿下より天皇の血が濃い男子が3方いらっしゃる」ことを拡散してください。

これは、「女性宮家」推進派の急所になりますので、
推進派は沈黙しているのであり、この重大な情報を沈黙させてはいけません。

十数年前にインターネット上を席巻されていらした通称「鬼女」の皆様方には、
今一度、「皇太子殿下より天皇の血が濃い従兄弟」の皇籍復帰を
大々的に呼び掛けていただければ、
「皇室100年安泰」の究極の選択として宜しくお願い致します。



【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




ツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。