●《ブログを絞る効用を最大化します》

2017年10月29日 02:29

●《ブログを絞る効用を最大化します》


■ブログを「無断転載禁止」にした意図は、
日本人としての良識を持ち合わせていない者を、
ブログの対象から外すことなのです。

いま「排除」との言葉が一人歩きしてますが、
実際、「排除」とは「区別」であり戦後蔓延した「平等主義」の偽善に
楔を打ち込む「排除」(区別)は当たり前のことですので、
今後のブログの記事は、間口を狭めて
日本人としての最低限の「良識」を持ち合わせていらっしゃる方を対象にしましたので、
気持ちが楽になりました。
ブログに批判的な方は今後、ブログに訪問しなくても結構です。
また、無断で記事を転載した者に対しては刑事告訴の対象として対処します。

いま我が国には、情緒的な「判官贔屓」などと浮かれている場合ではありません。

実際、今回の選挙で我が国の朝鮮系テレビが
「立憲民主党」を熱烈歓迎していましたが、
当選した54名の中に朝鮮系国会議員がどのくらいの比率になっているのか。
これは北朝鮮の核ミサイルが、日本の安全保障を危機的な状況に陥れている中で、
北朝鮮を「祖国」とシンパシーを抱いている国会議員が
半数以上いるとは思いたくないが、
戦後存在した政党の中で最大比率の朝鮮系国会議員がいると思って、
これから注視する必要があります。

これは差別ではなく「区別」なのであり、
国益を損ねる法律が創られないように監視する必要があります。

いまマスメディアは、国家的危機を隠していますが、
歴史を踏まえて分析すると現在「戦時」と云えるほど危機的な状況なのです。

その弛みが日産や神戸製鋼の企業理念の喪失として現れています。
その根本に国家観の喪失があり、国家観を形成している根底に
日本が歩んできた歴史がありますが、
指導者層を養成するエリート校の「歴史教科書」が歪められています。

実際、エリート養成校の歴史教育が歪められていた事は、
学園祭展示パネルやプリント学習資料で明らかになっていましたが、
共産党系教員が執筆した『学び舎』の歴史教科書を、
灘や麻布、東大付属などが採択したことで、良識派国民の知るところになりました。

その教科書のなにが問題なのか興味のある方は、
『WILL』12月号に昨年の論文が再掲載されました。
みつばちさんには、11月1日ブログに記載する記事でご確認してください。

その記事では、再攻勢を実施するために必要な
基礎になる「論文」を5本を同封する予定です。
実際、絶版にされた著書に収録されていた、すべてスクープ論文ですので貴重です。








【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




転載は禁止ですが記事自体はツイッターやフェイスブックによる拡散をお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。