●《南京問題を終結するのは、武器(完結「南京事件」を自在に操れる覚醒されていらっしゃる皆様方です》

2017年10月17日 09:36

●《南京問題を終結するのは、武器(完結「南京事件」を自在に操れる覚醒されていらっしゃる皆様方です》


■過去30年、南京問題に軸足を置いて歴史認識問題を検証してきましたが、
スポーツでも科学でもそれぞれのジャンルで最高レベルのものは、
他の追従を赦さない強さと説得力があります。

『完結「南京事件」』は、我が国を代表する保守言論界の重鎮の方から
お褒めの御手紙をいただきましたので、なによりにも増して嬉しいかぎりです。

実際、産経新聞1面の「南京検証記事」のレベルの低さに唖然となりましたが、
すでに覚醒されていらっしゃる「みつばち」さんたちが、
『完結「南京事件」』の内容を自在に使って、
産経新聞に抗議の電話をされた方からの御手紙を拝読し、
産経側が「新しい写真がでたから」などアホな回答に、
「1ヶ月後の意味のない写真より、
陥落数日後の東京日日新聞の佐藤振寿カメラマンの写真の方が証拠になる」と、
強烈な抗議をされた方に感謝致します。
また、同じように他にも読売新聞と秦郁彦氏に『完結「南京事件」』から
引いた質問をだしても回答がないとか。
「みつばち」さんはお気づきのように南京攻略戦から80年目の本年、
覚醒されていらっしゃる「みつばち」さんが、南京を語っている保守言論人に
「南京問題を終結できる一次資料満載の『完結「南京事件」』を
貴方が主宰している番組で取り上げなければ、番組を放送する意味がない」とか、
覚醒されていらっしゃる皆様に「武器」のつかい方はお任せ致します。
「保守論客」と討論が必要とあらば誰とでも公開討論を条件に受けます。

戦後苦しめられて来た捏造「南京大虐殺」を一撃で粉砕できる「武器」を
完成させましたが、あとは「武器」を自在に操れる皆様方にお任せ致します。

マッカーサーは、いわゆる「A級戦犯」の名誉を回復できないように、
処刑を今上陛下の誕生日に実施したことの倍返しを来年12月23日に、
松井石根大将の慰霊祭を大々的に実施しますので、
熟練した皆様方の抗議(拡散)内容をお知らせくだされば、
同志の方々の参考に動画で紹介させていただきます。

実際、来年の天皇誕生日の前には、今上陛下がご退位されるようですので、
松井大将の慰霊祭が可能になります。
反日サヨクはどうでもいいですので、ビジネス保守をターゲットに
ハガキとかフェースブック等インターネットを駆使して情報戦を実施していただければ、
結果はついてきます。
実際、『WILL』12月号の書評で
《聞くたびにコロコロ変わる「南京事件」の犠牲者数。
少し前まで「数万人」だったはずが、いつの間にか「三十万人」に増えている。
村上春樹に至っては「四十万人」と言う始末。
本書の著者である近現代史研究家の水間氏は、
実際は「三十四人」(!)であったと分析する。
本書をもって「南京事件」の不毛な議論は終わりにしませんか。》と、
書評にある通り「南京問題」は終わったのです。

あとは、覚醒されていらっしゃる皆様方との連携を深めて、
来年12月23日の慰霊祭までに「南京問題」を完結できるようにしますので、
情報の拡散を宜しくお願いします。










【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。