●《言論人は言論を戦わせても公に「人格攻撃」をするべきではない!》

2017年10月09日 18:57

●《言論人は言論を戦わせても公に「人格攻撃」をするべきではない!》


■ブログで櫻井よしこ氏を批判したことで、
反響が大きくなって心配された方から連絡がありました。

櫻井氏に苦言を呈したのは、
言論人として政策批判をするのであれば、無視していましたが、
国家的危機のいま櫻井氏が
「(小池さんは)日本人のメンタリティーではない」とか「中国共産党と同じ」など、
櫻井氏の常軌を逸した小池都知事批判動画が多数あり、見過ごすことはできません。

実際、安倍首相が「消費税の使い道」などうやむやにしていた
「9条を含む憲法改正」を、小池氏が前面にだし、
それに「安全保障法案支持」を謳えば支持をしますよ。

だからと言って、希望の党の立候補者を支持するか否かは、
立候補者の資質を見極める必要があるのです。

いま我が国の危機は、
国家に誇りの持てない日本人が大量に存在していることの弊害は、
一流企業(神戸製鋼所)のデータ改竄等に表れています。
いままでの日本ではあり得ないことです。

いまこのとき、政治家だけでなく経済界も言論界も倫理観が問われているのです。

9月27日の産経新聞一面の南京写真資料関係記事を見て、
本当に「南京問題」を検証して日本の名誉を回復する意思があるのか否か、
筆者の『完結「南京事件」』を無視する産経新聞は保守と言えるのか。

ずーっと「歴史問題」は証拠がすべてといい続け、生活を二の次にし、
靴の底を磨り減らして「証拠」探しに没頭して本を出しても、
陰湿な圧力で「絶版」になったことを知れば、
我慢の限界を超えましたので、ただでは済ましませんよ。

実際、なにひとつスクープ資料を発掘したことのない者が、
国益を守る力のある資料が掲載されている本を抹殺するのであれば、
全面的に戦いますよ。
それは、自分のためだけでなく国益のためでもあります。










【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(無断転載禁止)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。