●超拡散希望《敵の仕組みを把握すると急所がわかり、そこを衝くと組織を崩せます》

2017年09月08日 20:32

●超拡散希望《敵の仕組みを把握すると急所がわかり、そこを衝くと組織を崩せます》


■この度、『学び舎』の教科書を採択した灘中学校等を擁護する報道は、
新聞各紙やNHKも行いました。

この口火を切ったのは、
「みつばち」さんたちの憂国啓蒙活動だったことが明らかになり、
それに危機感を感じた反日勢力が慌てて報道したと捉えると、すっきり見えてきます。
実際、毎度毎度、評論家が問題提起してもしっぱなしで、
それじゃ「どうするのか」との方策は一切ありません。
そんな評論を繰返し読まされても、
まったく無意味なことに覚醒されていらっしゃる皆様方が気付き、
シラケきっているのが現状です。

それに気付かれた憂国の同志の方々が
「チーム日本みつばち」を形成されていると解釈しております。

先日、某出版社の編集長と打合せをしていた中で、
優秀な執筆者の本を個人的には出したいと思っていても、
厳しいとの評判を聞かされると二の足を踏むとのことでした。

その執筆者は、郵便局を米国の圧力から護った、
私もよく知っている立派な方で、権力におもねる事なく一言で表現すると「侍」です。

実際、一般的に「本物」は嫌われるようです。

これから年末までの目標は、
「女性宮家」推進派を完璧に封じ込めることと、
「南京陥落80周年目」に南京問題にケリつけることに御協力をお願い致します。

それには『完結「南京事件」』を沈黙させない事ですが、
インターネットに「南京城陥落後、民間人と特定できる死者数は34人だけだった」を
拡散して下さい。

歴史認識論争は、「法と証拠」がすべてです。
常に「証拠を出しなさい」を共通語にして、偏向報道には「証拠を教えてください」と、
配達証明郵便で質問をマスメディアに出してください。

※「〇〇までに回答がないときは、貴社は裏付ける証拠もなく
 捏造報道をしていたとインターネット上で公にしますので、ご了承ください」との
1文を添えてください。










【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。