●超拡散希望《「チーム日本みつばち」は、NHKの「ダーウィンが来た」が名付け親です》

2017年08月20日 21:13

●超拡散希望《「チーム日本みつばち」は、NHKの「ダーウィンが来た」が名付け親です》


■チーム日本みつばち隊は、
NHKの番組の「日本みつばち」と「すずめ蜂」の戦いをヒントに命名された愛称であり、
組織体も会則もなく、インターネット上の有志の集まりですので、
その時々によっては数千人が行動するときもありますが、
忙しくて半年なにもしなくても「チームみつばち」の一員と
自覚してる方もいらっしゃいます。

この度の朝日新聞の記事によって、
【都内や東海地方にも】〈「学び舎」の教科書を採択した他の中学校にも、
抗議のはがきや電話が寄せられていた。
東京都内のある国立中には採択直後の一昨年秋、
「なぜこの教科書を採択したのか」といった電話が数本あった。
また昨春以降同じような内容のはがきが計200枚以上届いた。
(中略)東京都内の私立中高一貫校にも昨年度、
批判する内容のはがきが約100枚断続的に届いた。〉とあり、
朝日新聞は、掲載写真で「同一文書のはがき」と「ポストカード」を分けていても、
本文中では単に「はがき」と表記していて、
「単なる抗議」と「啓蒙を目的」にしているのか区別がつきません。

また、浪本勝年・立正大学名誉教授(教育法)が
【「不当支配」懸念】との解説で
〈……何者かが同じ文面のはがきを大量に送ったりする行為は、
教育基本法が禁じる「不当な支配」にあたる可能性がある。
学校は自由な立場から、生徒にふさわしい教科書を選ぶ姿勢を貫いてほしい。〉と、
コメントを寄せているが、浪本氏は近現代史の専門家でないので、
検定を通っていることを錦の御旗にしていても、
たとえ検定を通っていても最新の研究によって『学び舎』の教科書に
明らかな「虚偽」が記載されていても、まったく問題ないと断言できるのか、
無責任なコメントを寄せられる時代は終わっているのです。
実際、大学教授も見たことのない一次資料に触れている国民も
沢山いる時代になっており、知識の逆転現象が現実に起きており、
みつばちさんが各中学校に届けた「ポストカード」の過半数は
浪本勝年立正大学名誉教授も、初めて見る一次資料がほとんどだと思います。

実際、この度の一件で、一次資料の「ポストカード」は、
「啓蒙」に有効だったことがわかりましたので、私学の中学校には、
イデオロギーによってつくられた教科書にシンパシーを感じている校長が、
一次資料を確認しても客観的に歴史を精査する能力がないようですので、
切手代を無駄にしないためにも、
これからは理事長だけに届けるだけで十分だと思います。

これから、フリー動画で『学び舎』の教科書の問題点を
毎回一点指摘することも考えていますので、
『学び舎』の教科書を授業で使っている国立と私立学校の中学生に
インターネット授業として視聴していただき、授業中に教諭に質問していていただければ
教諭が「真っ青」になるはずですので、
是非、中学生のネットワークで拡散していただければ、
まさしく「多様性の時代」の授業になると思われます。










【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。