●超拡散希望《インターネットゴミ情報に翻弄された茶髪の津田某》

2017年08月15日 09:27

●超拡散希望《インターネットゴミ情報に翻弄された茶髪の津田某》


■NHK大阪の記者が、
わざわざ上京してきて灘校事件の裏付け取材をした事と比較すると、
パソコンを駆使して世の中の問題を一知半解の知識で「批評」している
津田某とやらに踊らされたマスメディアの記者たちのレベルは、
報道に携わる資格はないでしょう。

なぜ、直接取材もしないで、思い込みで適当なことを無責任に発信している津田某が、
マスコミでちやほやされているのか、ネット上の粗大ゴミな事ぐらい
常識的に考えれば直ぐ理解できるでしょう。

反日極左の常套手段は、嘘を絡めて発信することにあり、
和田孫博灘校長の「謂れなき……」との寄稿文は将にその見本の文書です。

和田校長は、私を無理やり日本会議に結びつけようとして「嘘」を書いていましたが、
和田校長も反日極左グループとなんら変わらない、思想の持ち主なのです。

実際、私が日本会議とまったく関係ないことが解ると、
インターネット上で大騒ぎしていた連中が沈黙してしまいましたが、
良識的な日本人は、この度の灘校事件を参考に、
我が国の教育現場が反日極左に汚染されている実態を確認できるでしょう。

実際、NHK大阪の記者から「採択を中止せよ」などの駄文を見せていただき、
笑わせていただきましたが、まったく無関係であり、
文書を作成したものもネットで大騒ぎしている連中と五十歩百歩ってところです。

チーム「みつばち」さんたちの行動は、
「法と証拠」に基づいた「啓蒙活動」なのであり、似て非なるもの此処に極まれりです。

この度の灘校事件は、反日極左『学び舎』の教科書を採択した他校も
固唾をのんで注目しているであろうが、【多様性の教育……】などと
わかったようなことを宣うのであれば、
『学び舎』の教科書を採択した各学校の図書館に、
文科省が検定を通した各教科書会社の教科書を
並べられる事が最低限必要なのです。

反日極左は都合が悪くなると沈黙しますが、
最初に関西で和田校長の文書を取り上げたところに、
いずれ取材し、その報道目的を明らかにします。






近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。