●緊急拡散希望《『週刊朝日』の記者にだしたメール》

2017年08月10日 11:33


●緊急拡散希望《『週刊朝日』の記者にだしたメール》

※写真は、朝日新聞が発行している【南京大虐殺物語】本と違い、国際法廷でも通用する一次資料を中心にまとめた南京問題を終結する『完結「南京事件」―日米中歴史戦に終止符を打つ』の表紙ですが、是非、本来のクオリティーペーパーに復帰するためにも朝日新聞全社員に読んでいただきたい。

■2017年8月9日夕方、外出先から帰宅すると郵便受けに、
封印されてない封書が入っていました。

中には、A4の用紙に週刊朝日新聞編集部
西岡千史、亀井洋志
と記載された文書には、
『学び舎刊「ともに学ぶ人間の歴史」の
教科書採択抗議活動について取材のお願い』の見出しに傍線をつけていました。

最後に『※面会での取材が難しい場合はお電話でもかまいません』などと、
事前連絡もなく自宅にきたり、取材を受けるとも回答してないにも拘わらず
「電話でもかまいません」との物言いにも違和感を感じた次第です。

この文書には、
灘中高等学校の和田校長の「謂れのない圧力の中で」の内容を正しいとの前提で、
質問事項が
《抗議活動を始めた理由や、なぜ、ハガキによる抗議を訴えたのかについて
 お聞きしたいと思っております》
と、なっていたが、

和田校長は私について多数嘘を記述していることから、
内容に疑問符がつきますので、西岡千史氏に電話をして
「いま和田校長に公開質問状を出しているので回答が来てから取材に応じる」と
回答したあと、少し対話したことが記事にする可能性もあり、
西岡氏の口からポストカードが「威力業務妨害」にあたるような事をいっていたので、
私の発言が歪められないように会話の内容を明らかにしておきます。


◆「抗議活動を始めた理由」→ポストカードは抗議活動ではなく、一次資料を直接見る機会の少ない校長等への啓蒙活動と認識していること。

◆「なぜ、ハガキか」→これはあくまでも一次資料の報道写真で歴史認識を改める機会になることを期待してのこと。

電話でのやり取りで誤解がないように私のコメントは上記を使用してくだい。


また先のコメントの前に、この下記のコメントを記載できなければ、
一切取材は受けなかったこととして、
毎日新聞や産経同様に「水間政憲」の名前の使用を禁じます。

それでは、ジャーナリストとしてのコメントをひとつ
《そもそも『学び舎』の教科書採択等の根本問題は
 朝日新聞が火をつけた「慰安婦問題」と「南京問題」が主になっていますので、
 まず、朝日新聞の謝罪が先ですね》


週刊朝日は、【教科書採択に圧力】として大々的に報道したいのであろうが、
8月10日の産経新聞に灘の和田校長が
「当時は抗議のはがきなどと関連づけてしまった。
 政治的圧力だと感じたことは一切ない」と答えていますので、
『圧力』は使えない。
和田校長が「威力業務妨害」などと発言したのではなく
西岡千史氏の感じたことなのでしょうが。

朝日新聞は、『慰安婦問題』に関して国民と海外に向けても謝罪をしないで、
恥ずかしくもなく「慰安婦問題」が主になっている
『学び舎』の教科書採択問題を報道しようとの姿勢は、
超一級のブラックジョークになります。





近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲

■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で
注文・宛先等は【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を
検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。