●超拡散希望《「慰安婦問題」歴史戦は、売国決議をした地方議会に「慰安婦問題意見書撤回決議」をさせることをご検討ください》

2017年06月17日 01:32


●超拡散希望《「慰安婦問題」歴史戦は、売国決議をした地方議会に「慰安婦問題意見書撤回決議」をさせることをご検討ください》


■数日前、
群馬の「徴用工強制連行碑」の撤去を実現した女性メンバーが語っていたことが、
全国で戦っていらっしゃる憂国の志士の皆様方の「ヒント」になると
直感的に感じましたので呈示します。

実際、碑の撤去や売国決議撤回も、
今までのようにただ批判しているだけでは実現しません。
それは、歴史問題の基礎的な知識を持ち合わせてない地方議員の過半数以上を
抱き込む必要があり、まず教育が必要になります。

群馬県議会議員たちも、
「初め全然聞く耳をもたなかったが、
『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』を
各議員に寄贈した後にガラッと変わった」と、聞いたからです。

そうなんです。
「論争」はイデオロギーの主張のぶつかり合いであり、
そこに楔を打ち込むには「1にも2にも証拠がすべて」なのです。
その武器のために『ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実』を上梓したのですが、
利用されてないのが実態のようです。

中山恭子参議院議員は、
「海外に行くとき、慰安婦問題はこれ(同書)一冊もっていけば大丈夫ですね」と
評価していただきましたが、相対評価できてない方がほとんどのようです。

実際、東京、神奈川、千葉、大阪には戦う集団が機能していますので、
「慰安婦問題」売国決議をした共産党と社民党以外の地方自治体議員各々に
『ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実』に手紙を添えて寄贈することを手始めに、
売国決議撤回活動をスタートして見ては如何でしょう。

【慰安婦問題売国決議を可決した地方議会リスト】

【平成20年】
兵庫県 宝塚市
東京都 清瀬市
北海道 札幌市

【平成21年】
福岡県 福岡市
大阪府 箕面市
東京都 三鷹市
東京都 小金井市
京都府 長岡京市
奈良県 生駒市
大阪府 泉南市
東京都 国分寺市
京都府 長岡京市
千葉県 船橋市
東京都 国立市
福岡県 田川市

【平成22年】
埼玉県 ふじみ野市
千葉県 我孫子市
京都府 向日市
沖縄県 今帰仁村
大阪府 吹田市
大阪府 堺市
北海道 小樽市
東京都 西東京市
沖縄県 南城市
沖縄県 豊見城市
沖縄県 読谷村
沖縄県 多良間村
岩手県 一関市
大阪府 高槻市
北海道 士別市
鳥取県 北栄町
京都府 八幡市
北海道 函館市
京都府 木津川市
大阪府 大阪市
岡山県 岡山市(岡山市議会は決議)

【平成23年】
埼玉県 宮代町

【平成24年】
北海道 札幌市
京都府 宇治市
奈良県 広陵町

【平成25年】
島根県 島根県
京都府 城陽市
京都府 宮津市


上記の中で翻意させられそうな自治体は、
国会議員が保守派がいる「東京都小金井市」と「大阪市」に
ターゲットを絞って憂国の志士が合体して勝負に出れば勝てますので、
勇士の皆様方は検討して見てください。

尚、「チーム日本みつばち」にも、
東京都小金井市と大阪市の自民党と大阪維新の会、民進党、無所属の議員に
「日韓歴史戦ポストカード」を集中的に出していただき、
側面支援しますので東京都と大阪市の勇士の皆様方の健闘を祈ります。

東京都小金井市と大阪市が落ちれば、あとはドミノ倒しになり、
売国決議をした地方自治体を一掃できるでしょう。








※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件・全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。