●超拡散希望 《【フリー動画:水間条項国益最前線】『女性宮家は女系天皇への一里塚:座して日本崩壊を待つのか》

2017年06月03日 13:35

●超拡散希望《【フリー動画:水間条項国益最前線】『女性宮家は女系天皇への一里塚:座して日本崩壊を待つのか》


■女性宮家は、「女系天皇」を意味する隠し語であり、
仮に認めたら皇紀2677年で初めての事になり
「天皇を戴く」我が国の歴史は終わることになります。

今回、第2部で【請願書】について解説しました。
請願法に基づく「請願書」は、憲法で保証されており、
天皇陛下への請願書は、内閣総理大臣へ郵送すれば、
内閣総理大臣から天皇陛下へ報告するシステムになっていますので、
どんどん請願書を安倍首相へ送ってください。

【女性宮家に関する天皇陛下への請願書】として、宛先は安倍内閣総理殿

あとは、住所・氏名だけで天皇陛下に報告されることになっています。

この制度は、戦前に【請願令】としてありましたが、
戦後、GHQ占領下に憲法と同様に【請願法】として書きかえられ、
請願書を提出しても、如何なる「差別」は行われないと法律で保障されています。

園遊会で山本太郎参議院議員が、直接、天皇陛下に直訴した行為は、
「請願法」の手続きを破ったから批判されたのであり、
内閣総理大臣へ宛てた【天皇陛下への請願書】は、憲法が保障しているのです。

実際、民主党政権下に落選中の中山成彬先生といっしょに
内閣総理大臣へ出す「請願書」を募集したところ、10万人から届けられました。

その時、実数を把握するために、
一度、中山成彬先生の事務所に届けていただきましたが、
この度の「女性宮家」の問題は、あまりにも「請願書」が意味する内容が、
国家の存亡に直結しますので、
場合によっては数百万人が動く可能性がありますので、
直接、総理大臣官邸にお出しください。

尚、衆議院議長や参議院議長への請願には、紹介議員が必要ですが、
総理大臣に宛てた【天皇陛下への請願書】には、
日本国民であれば、紹介議員は必要ありませんので、
失礼のないように淡々と、書式は「A4」一枚にまとめどんどんだしてください。
日本人であれば、海外からでも問題ありません。

記載する住所は「居住地」の住所でも「可」になっております。

とりあえずパソコンで【請願法】と検索して見てください。


●第35回1部【フリー動画:水間条項国益最前線】『女性宮家は女系天皇への一里塚:座して日本崩壊を待つのか。怪しい婚約者(海の王子)~他』

【YouTube】
https://www.youtube.com/watch?v=1pCI_JsNsXk

【ニコニコ動画】
http://www.nicovideo.jp/watch/1496425821

《背景画像は奥会津只見線:撮影 郷土写真家 星 賢孝氏》

●第35回2部前半【フリー動画:水間条項国益最前線】『バージニア州の慰安婦像にみつばち隊が急行す。鳥飼玖美子の売国英語度数…他』

【YouTube】
https://www.youtube.com/watch?v=RWLSWluo79I

【ニコニコ動画】
http://www.nicovideo.jp/watch/1496452099

《背景写真は京都の東寺です。京都のみつばちさん提供》


●第35回2部後半【会員動画:水間条項国益最前線】『皇室崩壊の危機だからこそ入江侍従長日記を読み説く。済南・通州両慰霊祭について…他』
http://www.nicovideo.jp/watch/1496460562

《背景写真は京都の東寺です。京都のみつばちさん提供》


近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲


■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件・全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。