●《マリーヌ・ル・ペンを極右と報道する極左反日メディア》

2017年04月27日 02:58


※写真は阿佐ヶ谷・神明宮境内


●《マリーヌ・ルペンを極右と報道する反日極左メディア》


■ル・ペン女史が率いる国民戦線を自国第1主義(極右)と
侮蔑的に報道する我が国のマスメディアは、
国民戦線の主義主張を報道せず、単なる感情論を垂れ流しています。

ル・ペン女史が訴えている政策は、
我が国の良識派保守層が共有している愛国主義なのであり、
愛国主義を「極右」と批判するマスメディアの立ち位置は、反日極左なのです。

実際、ル・ペン女史は、反ユダヤ主義発言を繰り返す父親を除名し、
バランス感覚を持ち合わせており、国籍に関しては、
米国と同じ「出生地主義」を改定して「二重国籍」の廃止を訴えています。
また、帰化に関しては、「フランスの法律や価値観、伝統・文化」を尊重して
共有を前提に認めるとしています。保守政治家として当たり前の政策なのです。

ル・ペン女史は、大統領選に勝利したときには、
「同性結婚」を廃止すると宣言しており、
どこぞのエセ保守国会議員とえらい違いですね。

そして、ル・ペン女史に一番共感できるのは、
グローバル化の欺瞞を見抜き反対していることです。

国民第1主義が極右なら、
グローバル化第1主義を「極左」と位置付けることもできますが、
国民を第1に考え、そのあとにグローバリゼーションについて考えて
バランスをとれば済むことで、人類が造り出してきた文明に
逆らうことに無理があることに、そろそろ気付くときが来ているのです。

※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲



■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件は全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。