●緊急《渡部昇一先生が昨日(4月17日)、心不全でお亡くなりになりましたご冥福を御祈りいたします》

2017年04月18日 09:28


●緊急《渡部昇一先生が昨日(4月17日)、心不全でお亡くなりになりましたご冥福を御祈りいたします》


■昨日(17日)、保守論壇を永年に亘って牽引されていらした渡部昇一先生が、
心不全のためお亡くなりになりました。

我が国の学界で「南京大虐殺」を最初に否定されたのは渡部昇一先生でした。

1984年、朝日新聞の本多勝一氏は『朝日ジャーナル』に
「南京への道」の連載を始め、本紙も連動して「南京大虐殺キャンペーン」を
スタートさせていたそのとき、田中正明著『“南京虐殺”の虚構』が
出版されたのですが、
渡部昇一先生は同書の巻頭に推薦文「“南京虐殺”の虚構」を寄せていました。

それは、歴史学者等の専門的な見解ではなく、
いち日本人として常識を尺度にした判断ですので、
良識ある日本人の胸に響くのでした。

渡部昇一先生は、戦時、空襲が一度もなかった山形県の小都市に育ち、推薦文には
《……将校や政府の役人とは全く無縁の存在だった。
 それでもミッドウェーの敗戦という最高の軍機が、
 あまり時間の経たないうちに、われわれ少年の耳にも入ってきたのである。
 ところが戦後あれだけ騒がれた、“南京大虐殺”という噂は
 敗戦まで耳にしたことがないのだ。
 しかも日華事変の初期の頃に出征した兵隊には、
 一度、内地に帰還した人もいたのである。
 私の家の南隣の家の御主人も事変がはじまると
 間もなく出征して大陸の戦場で戦い、帰還した人であった。
 南京陥落は事変後わずか半年足らずの時に起ったことである。
 それが七年近く経っても
 デマとしても伝わってこなかったということはどうしたことだろう。

 もちろん東北地方の田舎町の一少年に伝わらなかったと言っても、
 “南京大虐殺”がなかった証拠にはならない。
 しかし、私などとは比較にならないほど情報源を豊かに持った
 高級将校や高級官吏や新聞記者たちの耳にも入らなかった、
 ということになると話は大いに異なってくる。
 更に重要なことは、中支派遣軍総司令官として
 南京攻撃の際の最高司令官であった松井石根大将が、
 敗戦後に東京裁判で告発されるまでその話を知らなかった、
 ということになると話は更におかしくなる。……》と、
人間がつくり出す物事の核心をわかりにく衝いて、
一般国民を戦後の「洗脳」から、解き放っていただいた絶大な功績は、
良識ある国民には永遠に記憶として刻まれることでしょう。


心よりご冥福を御祈りいたします。


尚、今月24日放送予定の動画【水間条項国益最前線】は、
予定を変更して渡部昇一先生の追悼番組とさせていただきます。



■【歴史戦ポストカードの注文は一種類だけ:価格は送料込みで2000円】に
変更しましたので水間条項記事の
【歴史戦ポストカードの趣旨と申込み方法】《韓国・中国歴史戦ポストカード(合計40枚)・尖閣地図(1969年中国国土地理院制作A3:1枚)・南京犠牲者1793人の解説文A3:1枚》を参照してください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2458.html


◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】(毎週1回)
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方で宛先等は
【オフィス存ホームページ】(水間政憲のホームページ)を検索して見てください。
http://officezon.net



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆
http://himawarijapan.org



◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件は全文掲載)
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/




※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。