●超拡散宜しく《2017年3月31日から日中歴史戦の最前線に復帰して、まず村上春樹著「騎士団長殺し―南京虐殺40万人―」を粉砕します》

2017年03月19日 11:16

●超拡散宜しく《2017年3月31日から日中歴史戦の最前線に復帰して、まず村上春樹著「騎士団長殺し―南京虐殺40万人―」を粉砕します》


■過去6年間、
歴史戦の「武器」(ひと目でわかるシリーズ)造りに没頭していましたが、
この度、『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』(第10巻目)を上梓して、
最終巻としましたので、歴史戦の最前線に復帰し中国を蹴散らしますので、
宜しくお願い致します。

『Voice』の連載も30カ月連続執筆でとめ、
適宜オピニオン誌に寄稿して戦いを呼び掛けます。

実際、「ひと目シリーズ」やインターネットで核心情報に触れ覚醒された皆様方は、
すでに編集者のレベルを越えていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

まず、歴史戦を戦う基本は、1に「証拠」2「証拠」3、4がなくて5も「証拠」です。
要するに「証拠」がすべてなのです。

この度、南京城内の死亡者数は中国が公式に発表している「30万人」ではなく、
中国が東京裁判に提出していた一次資料で「1793人」だけだった事で、
南京歴史戦は終了しました。

このような時期に村上春樹氏が、『騎士団長殺し』2部81ページに
《その年(1937年)の十二月に何があったか?
 「南京入城」と私は言った。
 「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。
 日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占領し、そこで大量の殺人が行われました。
 戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。
 日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、
 降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。
 正確に何人が殺害されたか、
 細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、
 とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、
 打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、
 十万人というものもいます。」》と、
ギャグのような酷い内容になっていますので、
ここを一次資料で論破して「ハルキスト」と称する一塊を
沈黙させられると思っています。

これからアップする水間条項国益最前線第1部フリー動画は、
収録から24時間以内にアップして、
海外在留邦人のニーズに応えられるように考えています。

現在、アップしたYouTube動画【水間条項国益最前線動画第24回1部】
https://youtu.be/-3LGxlTJQaU


今後、YouTubeでの【水間条項国益最前線第1部】発信月日は、
3月24日、4月1日、4月6日、4月10日、4月16日、4月24日、4月30日、
以上です。


※2年以内を目標に「南京問題」を沈黙させますので、
国内外にいらっしゃる覚醒されている皆様方、宜しくお願い致します。


過去のニコニコ動画は下記の一覧から視聴してください。
【ニコニコ動画:水間条項国益最前線動画一覧】
http://www.nicovideo.jp/tag/%e6%b0%b4%e9%96%93%e6%94%bf%e6%86%b2










※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】



【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html


◆水間政憲のホームページアドレスは、
http://officezon.netです



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆http://himawarijapan.org

連絡先
【info@himawarijapan.org】





《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》







※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。