●緊急拡散宜しく《3月11日20~23時のチャンネル桜【闘論!倒論!討論!】「南京の真実-反日プロパガンダの正体」に、南京を終結できる大スクープをもって出演します》

2017年03月11日 02:34

●緊急拡散宜しく《3月11日20~23時のチャンネル桜【闘論!倒論!討論!】「南京の真実-反日プロパガンダの正体」に、南京を終結できる大スクープをもって出演します》


■南京問題に係わって本年で30年になりますが、
南京問題を完全に終結できる「大スクープ」をもって、
3月11日20~23時の
チャンネル桜【闘論!倒論!討論!】「南京の真実-反日プロパガンダの正体」に
出演してます。南京に関心のある日本人必見の番組になっております。

松井石根大将の秘書兼大亜細亜主義協会機関紙編集長田中正明先生との約束を
果たすときが訪れました。

それは、松井石根大将の名誉を回復できるときが、日本に戦後が訪れる、
その役割を田中正明先生から引き継ぎ、田中先生に彫っていただいた
「落款」を押す「南京終結本」を出版できるときが来ました。

1990年代は「南京の真相」を拡げる工作を水面下で行っていましたが、
そのこともチャンネル桜の同番組で解説してあります。

同番組を見た編集者で、「南京終結本」を出版したい方は気軽に連絡して下さい。
実際、私が直接企画したり執筆した南京関連本は、7冊ありますが、
その中で20万円のプレミアがついていた自民党歴史議連監修『南京の実相』は、
私が執筆し纏め編集した図書です。
これを明らかにしたのは、
完全に南京問題を終結できる大スクープをものにできたからです。

チャンネル桜の同番組は、23時に放送終了後は
「YouTube」と「ニコニコ動画」に同時にアップされますので、
第1部だけでもご視聴下さい。
それだけでも南京問題が終結できる解説をしました。

YouTube版







ただ、討論番組で解説できなかったこともありましたが、興味のある方は、
下記に記した私の番組の第23回が、
3月12日夜10時頃にアップする中で補足解説してありますので、
チャンネル桜と「水間条項国益最前線動画」をご視聴ください。


【動画】水間条項国益最前線 第22回第一部「ゲスト:兼次映利加さん 沖縄の危機をどのように乗り越えるのか 1」
http://www.nicovideo.jp/watch/1489056635

【背景】杉並区街路の梅の花
※新刊「沖縄の危機! ―『平和』が引き起こす暴力の現場」(青林堂)の編者である
ジャーナリストの兼次映利加さんをゲストに招きお話を伺います。


【動画】水間条項国益最前線 第22回第Ⅱ部前半 「ゲスト:兼次映利加さん 沖縄の危機をどのように乗り越えるのか 2」
http://www.nicovideo.jp/watch/1489057059

【背景】井の頭恩賜公園のボート乗場


【動画】水間条項国益最前線 第22回第二部後半 「チームみつばち 次のポストカード戦の目標はここだ」
http://www.nicovideo.jp/watch/1489057543

【背景】北海道の実家の「おんこ松」に積った雪・チームみつばち

☆ 水間条項国益最前線は、
日本の国益を護るために有益な情報を発信するために開設されたチャンネルです。
共に戦ってくださる同志の皆様の加入をお待ちしております。


※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


緊急拡散宜しく《 「ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実(仮)』の先行予約のお願い!》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2416.html


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html


◆水間政憲のホームページアドレスは、
http://officezon.netです



●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆http://himawarijapan.org

連絡先
【info@himawarijapan.org】





《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》







※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。