●超拡散宜しく《情報戦の主戦場ニューヨークの情報は直接「ひまわりJAPAN」にアクセスして得ましょう◆http://himawarijapan.org》

2017年01月08日 01:15

●超拡散宜しく《情報戦の主戦場ニューヨークの情報は直接「ひまわりJAPAN」にアクセスして得ましょう◆http://himawarijapan.org


■歴史認識問題の主戦場は、
日韓も日中も舞台はニューヨーク(ニュージャージ)が発信源になっています。

米国で慰安婦碑が最初に設置された場所は、
ニュージャージ州パラセーズ地区の図書館でした。

米国の邦人女性が歴史認識問題で立ち上がったのは、
日本人の子供たちがイジメに遭う状況になり、
堪忍袋の緒が切れたことからだったようです。

日本人がひと度立ち上がり、一丸となったときの底力は歴史に裏打ちされています。

私が「ひまわりJAPAN」と連携できるようになったのは「1枚のFAX」からですが、
縁あって連携できるようになったからには全面的に応援することは
日本人としての使命です。

「チームみつばち隊」の皆様方と連携できれば百人力ですので、
情報交換等連携していただければ鬼に金棒ですので、宜しくお願い致します。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■【ひまわりJAPANさんからのメッセージ】

*「ひまわりJAPAN」の役員メンバーは、全員がNY/NJに住む日本人女性です。

*皆それぞれ主婦であったり仕事を持っていたりしておりますので、
 限られた時間の中での活動ではありますが、
 在米日本人やその子ども達の為にできることを日々奮闘しております。

*今後の活動は、皆さま方のご理解とご支援を賜りながら、
 教育関係者である役員メンバーを筆頭に現地校での虐めや
 反日教育等の情報収集、学校との調整、外務省や領事館へのレポート、
 悩まれている多くの保護者の不安を解消出来る様なサポート体制、
 そして願わくば領事館や外務省の理解と協力の獲得、
 といった活動に力を入れてゆくつもりです。

またご報告になりますが、現在「ひまわりJAPAN」が進めております活動は以下の通りです。

①毎年3月にニューヨーク国連で
 女性の地位委員会 (The UN Commission on the Status of Women) が開催され、
 その国連内外では世界中から数百の女性団体が参加して関連イベントを行います。
 昨年の3月には「GAHT-US」と「なでしこアクション」がパラレルイベントを開催しました。
※「GAHT-US」のイベントは "Misunderstood Comfort Women"というタイトルのもと、
目良浩一先生、細谷清先生、前衆議院議員杉田水脈先生が登壇し、
慰安婦は性奴隷でないという主張をされました。「なでしこアクション」のイベントは
≪紛争時の女性の人権~女性尊重に向けて日本の取り組み≫"Women’s Rights under Armed Conflict ・ Japan’s Approach to Respect Women"というタイトルのもと、
カナダやアメリカに暮らす一般の日本人女性たちやアメリカ人の賛同者などが参集し、
各々の視点から見た『従軍慰安婦の問題』を英語で発信しました。
私たち「ひまわりJAPAN」のメンバーもそこで
「慰安婦問題はもう終わらせて前に進みましょう」と力強くスピーチをいたしました。

今年の3月にも第61回目となる委員会が開催されます。
日本人数団体がパラレルイベントに参加予定ですが、
「ひまわりJAPAN」も世界に真実を発信することができるよう
各関係団体への協力態勢を整えているところです。

②日本でベストセラーになった、
 元ニューヨーク・タイムズ東京支局長であるヘンリー・S・ストークス氏のご著書
 『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』の英語版を、
 とある日本の方から「ひまわりJAPAN」へ300冊も寄贈して頂きました。
 この本を従軍慰安婦の像や碑が設置された(あるいは設置計画のある)NYやNJの
 市長や市議・学校長や教員、といった方たちに、
 ひとつの参考資料として配布予定です。
 また、子ども達や地域住民にも読んでもらえるよう図書館に寄贈したりと、
 地道な活動を始めています。

③水間政憲先生の歴史戦カード作戦にも賛同しております。
 参考:http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

④国連発世界反日時代」という新刊雑誌に
 「ひまわりJAPAN」がこれまで収集したNY/NJで
 実際に起こっている虐めの実態を記事に書かせて頂きました。

◆12月19日に発売されたばかりです。是非お読みくださいませ。


これからも、中韓による歪曲された嘘歴史の流布に歯止めをかけ、
日本や日本人の正しい姿やわれわれの主張が世界中に届けられるよう、
また、日本人自身にも 誇りをもてる「日本」を取り戻すために、
「ひまわりJAPAN一同、微力ながらも力を尽くす覚悟でおります。

輝かしい年頭にあたり、皆様のご健勝と益々のご発展をお祈り申し上げ、
年始のご挨拶とさせていただきます。
*どうぞ「ひまわりJAPAN」の今後の活動に、
 引き続きのご支援ご厚情を賜りますよう、何卒よろしくお願いを申し上げます。

「ひまわりJAPAN」一同 代表 黒田智子


●【ひまわりJAPAN】オフィシャルサイト◆http://himawarijapan.org

連絡先
【info@himawarijapan.org】


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html


◆水間政憲のホームページアドレスは、
http://officezon.netです


※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》







※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。