●拡散宜しく《仏博物館で『南京事件』展覧会:じゃどうしたらいいの?》

2016年12月01日 10:38

●拡散宜しく《仏博物館で『南京事件』展覧会:じゃどうしたらいいの?》


■熱心な憂国の同志の方々の忘年会に参加させて頂きました。

皆さん、愛国活動に従事されている方々で、最近の不平不満は、
国際政治や戦争の裏に「国際金融資本」がコントロールしている事を指摘されても
「それじゃどうしたらいいのか?」、その答えがどの本にも書かれてない事が、
不満だと仰ってました。

それは、二十数年前から繰り返し言われてきた事ですので、
それらの不平不満はわかります。

実際、盧溝橋事件後、日中間で和平協定が結ばれたことに不満だった米国は、
当時、中国の国家予算に匹敵の2000万ドルを
上海銀行(ユダヤ資本)から支援するとの無線を
日本軍の諜報機関が傍受していた事実は、いまだ一般化していませんが。
だからといってユダヤ資本とどのように戦うか、
その答えはいまも昔も、これといった戦略はありません。

この件に関しては、20数年前から言われ続け、
またその事が問題だと指摘している書籍を出している者がいますが、
それらの本にはいまだ解決策を述べているものはありません。
「自分は知っている」と相変わらず批判だけです。

実際、本当に国際金融資本が世界をコントロールしているのであれば、
ヒラリークリントンが大統領になっていたのであり、
トランプが勝利した事実は、
20世紀の巨大化した利権構造の崩壊を意味しているのです。

そこに歴史戦を戦うヒントが隠されていますので、
チームみつばち隊が、コツコツ実践する価値があるのです。

来年は、韓国の政治は限りなく自滅の方向へ進みますが、
米国に言われて韓国を助ける事をせず、
崩壊を横目で見ている政策を実行できるか否かが問題になります。

フランスにおける「南京事件展覧会」を批判していても批判だけですね。

チームみつばち隊は、実際、結果をだす情報戦に特化して
淡々と活動する精鋭部隊ですので、どこに集中するか、
ズバリ在日本フランス大使館に「これからは観光に行かない」などのコメントをつけて
歴史戦ポストカードを送付してください。

【ティエリー・ダナ駐日フランス大使閣下】
在日フランス大使館 〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44
代表
Tel : (03) 5798-6000
メール : contact.tokyo-amba [at] diplomatie.gouv.fr
政治部
Fax : (03) 5798-6206/6212
広報部
Fax : (03) 5798-6308
メール : presse.tokyo-amba [at] diplomatie.gouv.fr (報道関係者のみ)
文化部
Fax : (03) 5798-6026
メール : culture [at] ambafrance-jp.org


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html


◆水間政憲のホームページアドレスは、
http://officezon.netです


※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》







※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。