●超拡散希望《吉祥寺と沖縄がつながった=反日極左の「天皇制いらないデモ」》

2016年11月25日 11:47

●超拡散希望《吉祥寺と沖縄がつながった=反日極左の「天皇制いらないデモ」》



■天皇の「譲位」に関わる8月のビデオメッセージは、
日本が混乱すると判断した反日極左の連中が俄然活気づき、
罰当たりにも吉祥寺の恩賜公園に集結し、静かな休日の街に繰り出したことで、
関東一円から集結した保守団体が激怒して、騒乱状態になりました。

田中正明先生が御健在の80年代から90年代、
休日には頻繁に吉祥寺に住まわれていた田中先生の御自宅で、
「梅のお湯割り焼酎」の杯を交わして、松井大将のことや南京攻略戦の真相など、
歴史問題だけでなく国の形をどう維持したらいいのか、
いつも楽しい時間を過ごしていましたが、
一度たりとて「天皇制打倒」などの反日極左デモなどに
遭遇したことなどありませでした。

この度のデモは、まともな言論を封殺する危険のある「ヘイト法案」など、
在日系反日極左を勢いづける環境ができ、沖縄の反基地闘争と、
この度の「天皇制いらないデモ」は一体化している事を、
次の動画の最後の方で女性が大音量のスピーカーでアジってました。

◆動画◆
https://www.youtube.com/watch?v=xHGmaVQ_rIA


これだけ反日極左が活気づているのは、
1960年1970年の安保闘争時代以上に国家が弱体化しているのです。

それは、安保闘争のときでも真正面から
「天皇制打倒」の横断幕をかざした街宣デモなどなかったからです。

このような時代状況は、突然、皇居前広場が「赤の広場」と化した1946年5月に似通っています。
『ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画』の真実』の12頁~16頁を参照して下さい。

現在の危機的な状況は、マスコミが現政権を総攻撃して万が一にでも、野党に政権が移ると中国人の名前に執着している「蓮舫」(村田蓮舫)が総理大臣になる可能性は「ゼロ」では無いのです。

それじゃどうするべきなのか、その答えは、ひとつだけでなく利害が複雑に絡み、
先が見えないでしょうが、この件については次回の動画放送で解説します。


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html


◆水間政憲のホームページアドレスは、
http://officezon.netです


※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》







※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。