●拡散宜しく!《トランプ大統領に弁解だらけのゴミマスメディア(専門家)》

2016年11月12日 09:56

●拡散宜しく!《トランプ大統領に弁解だらけのゴミマスメディア(専門家)》



■ゴミマスメディア(専門家)は、後だしジャンケン評論を垂れ流しています。

トランプ大統領に動揺している日米の世論は、
レベルが低下しているマスメディア(似非専門家)の情報に躍らされていた大衆です。

日米マスメディアの記者のレベルも戦後、右肩下がりに低下した結果が、
悉くトランプを外したと言っても過言ではないでしょう。

トランプの風貌は、1960年代の「よきアメリカン」の男性を彷彿させます。
例えば「奥様は魔女」が放映されていた時代のアメリカには、
移民問題(黒人差別はあり)、同性愛問題が社会問題になってませんでした。
その後の半世紀に治安の悪化(右肩上がり)が顕著になり、
民主党政権下には悪化が加速していたことが、この度の大統領選挙に現れたのです。
それを後押ししたのは、SNSがゴミマスメディアを圧倒した結果です。

この潮流は、世界的なものであり、
ゴミマスメディアと既得権の「偽善 」に気付いた
覚醒している市民が世界中に増えていることを、トランプ現象が象徴しているだけです。

日本の核武装(研究)に反対している日本人(被爆者)に
「再度広島に核爆弾が落とされる状況を受け入れますか」と質問したとき、
どのような説明をするのか非常に興味がありますね。

現在、日米のゴミマスメディアは、トランプは一期で終ると「希望」を述べていますが、
暗殺されない限りトランプは再選されます。
それは、預言でもなく100年単位での歴史を検証すると導き出される真実ですので、
歴史から学ぶとそのようになるのです。日米関係の100年をリセットして、
新日米関係を構築するときに必要なことは、
ルーズベルト大統領の前任者フーバー大統領(共和党)の
回想録(アメリカが日本を挑発しなければ、決して日米戦は起きなかった)を
熟読する必要があるでしょう。


◆参考資料:水間条項11月3日の記事◆


●《トランプの勝利を予見して心の準備を!》


■第2次世界大戦後の安全保障体制は、
トランプが勝利することによって大きく変化しますので、
いまから心の準備が必要です。

それは、トランプが米国大統領に就任することが、
第2次世界大戦後に構築された国際的な利権体制の崩壊を意味するからです。

実際、トランプが米国の国益を最優先にする当然の政策を選択して、
日米安全保障体制の質が変化すると思われます。

日本には今まで以上に米軍への「思いやり予算」の増額を求められたとき、
日本は自ら中国や北朝鮮の軍事力に対抗する予算を増額するか、
それとも今まで以上に米軍を頼りにするかの選択を迫られる事になります。

現在、北朝鮮の核兵器の脅威に晒されている現状では、
米軍の核兵器を日本国内で共同管理できる体制を構築できなければ、
核兵器開発も視野にいれた戦略の見直しが必要になりますので、
戦後の安全保障体制の大転換が視野に入ってくる事でしょう。

日本のメディアも米国のメディアと同様にヒラリーを望んでいる事は、
歯車が噛み合うように戦後利権体制の枠内にあるからで、
自主独立とか自主憲法制定を望んでいた保守国民には、
トランプ大統領の就任は千載一遇のチャンス到来になり、
一気呵成に反日左翼を潰して普通の国になるチャンスなのです。

ヒラリー民主党が起死回生のために、北朝鮮を攻撃する可能性を否定できませんが、
11月9日の投票日までに38度線で、戦争でも起きない限り、
トランプの勝利が視野に入ってきました。
本日(11月2日)、戦後初めて三沢基地にて
英国空軍と日米英共同軍事訓練が行われていますが、
北朝鮮への空爆を視野に入れた訓練ともとれ、
11月9日の米国大統領選前日に軍事行動にうって出る可能性を否定できません。

いずれしても、東アジアの戦後体制が激変しているのが現実なのです。

沖縄方面の基地問題も、
南西諸島で最大の無人島を自衛隊のミサイル基地にする事とか、
現在の沖縄自衛隊の3倍以上の軍事力を
今後10年以内に整備する事に反対する日本人は、
中国系か朝鮮系日本人だけでしょうから、
トランプが大統領に就任したら、
日本は米軍に変わって軍事力を整備する必要に迫られる事は逃れられないでしょう。

実際、ドゥテルテ・フィリピン大統領が、米軍に出ていけなどと宣言してますので、
米軍にとっては沖縄の基地は最重要になってますので、
トランプも強行な発言ができなくなっています。

また、トランプが大統領になった場合、北方領土問題も影響を受けますので、
スターリンの「北海道占領計画書」の公開は、米国大統領選後に延期しました。

いま国民に必要な情報は、一次資料による歴史検証であり、
評論家による「たられば」言論などではなく、
歴史の現実を踏まえたシビアな分析が求められているのです。


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】
http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html


◆水間政憲のホームページアドレスは、
http://officezon.netです


※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》







※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。