●拡散希望《ドイツ在住邦人の方からのアドバイス》

2016年09月18日 11:53

●拡散希望《ドイツ在住邦人の方からのアドバイス》


■このような一言コメント
「日本軍の戦場売春婦像を設置するのであれば
ドイツ軍の戦場売春婦像も並べて設置せよ」を、お願いしたところ、
次のアドバイスを頂きました。
《これは逆効果かも。。。ドイツ人はもともと攻撃的ですから、
喧嘩を売るとすぐに戦いの踊りを始めます》との事です。

情報戦は、心理戦ですので対抗する民族性を理解していなければ、
我々日本人から見て「正論」であっても、情報戦の目的を達成できなければ、
自己満足だけで終わってしまいます。

情報戦は、精神科医のような細心の注意が必要になります。

それが出来ないのであれば、単なる「暴走族」と大差ないことになります。

10月から始める情報戦は、
これらの事を理解して頂ける
覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの方だけが
参加していただければ十分です。

この一年半連携して頂いた皆様方で、
「チームみつばち」と認識され参加していただいている方々は、
我が国最強の知的層(少数精鋭)と敬意を表しておりますので、
様々な結果を出せると確信しております。

『Will』6月号で「学び舎」の教科書批判を寄稿したところ、
菊池寛賞を受賞されている著名なジャーナリストの方が編集部に
「6月号の中で出色の論文」と、評価していただいたメールが届いたとのことで、
解る方には直ぐ解ると安堵しております。

実際、保守言論人が、反日教科書を批判していても、
どこがどのように間違っているのか、
証拠を突き付けた検証レポートを寄稿するものが居なかったので、
反日日本人が跳梁していたのです。

『Will』のレポートに関して保守重鎮の方から、
一冊にまとめて出版するようにと某出版社を紹介して頂きました。
あと2本寄稿してから、タイトルを変えて出版される事になると思っております。

「ひと目でわかるシリーズ」の読者が十数万人に達しておりますので、
その一割の皆様方が、これから始まる情報戦に参加していただければ、
この二十年間、結果を出せずぐずぐずしていた歴史問題を、
東京オリンピック一年前までにクリアにして
「明るい日本を実現」できると思っております。

その為にも、
氷山の一角しか提示できてなかった数千枚の一次資料を順次電子書籍化して、
情報を共有化できれば、保守言論界を激変させれると思っております。
実際、十数年で数百万円以上の資金をかけて収集した一次資料を公開しますので、
個人的な主張本は一切必要なくなると思っております。

それが達成した暁には、自らIT技術を身につけて、
京都や奈良などの伝統文化を探索した取材動画をアップしたり、
主に文化面の発信ができればとの「夢」を描いています。


※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2248.html


※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》






★平成27年4月28日の主権回復の日から1000日を目処に、
覚醒されていらっしゃる皆様方に協力していただき
「日中・日韓」の歴史認識問題を終結させますので、
是非、「やまと新聞動画会員」(月額324円)の登録を、何卒宜しくお願い致します。
また、「水間政憲の国益最前線やまと新聞ライブ放送」を
継続するためにも登録をお願いする次第です。

やまと新聞インターネット放送;
毎週金曜日午後10時から1時間;
番組名【やまと新聞;水間政憲の国益最前線レポート】
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun



※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。