拡散《『国家の盾』が増刷になりました!》

2010年12月18日 18:45

ENGLISH TRANSLATION

↓Please click this banner.Thanks!

人気ブログランキングへ


拡散《『国家の盾』が増刷になりました!》





● 中国が焚書した「尖閣の地図」を「動かぬ証拠」として収録した
いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』が増刷になりました。皆様方の御尽力に心より感謝いたします


これで、中国が仕掛けた日本国内での焚書が徒労となり、少し溜飲が下がりました。


中国が仕掛ける情報戦に手を拱いてましたが、これから本格的に反撃するためにも、普段、外交問題に興味を示さない友人や知人に、一連の「尖閣ビデオ」で関心が高まっているいまこそ、「動かぬ証拠」がカラーで掲載されている『国家の盾』をプレゼントしてあげると、悦ばれるのではと思っております。

日本列島の北から南まで、領土問題に関する資料に基づく知識が「共有」できれば、日本列島に強い「背骨」が構築できます。

『国家の盾』は、政令指定都市の中核書店でしか入手できそうにありませんので、正月に親族・友人・知人のプレゼント用に紀伊國屋新宿本店・梅田本店やジュンク堂で、お買い求めになってから帰省なさることをお薦めいたします。


『国家の盾』は、ほかの書籍で観ることができない資料が満載されており、感謝していただけるのではと思っております。


西川京子先生を選挙区支部長に選出しない自民党は、保守政党として認めることはできないことを、自民党総裁と幹事長に要請をお願いいたします。

自民党ホームページ:
http://www.jimin.jp/index.html

自民党に対するなまごえ(ご意見・ご要望):
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl

谷垣総裁お問い合わせ:
http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1292224445

石原幹事長ご意見:
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html



要請書の「ひな型」は、
《【日本を】『日本解体法案』反対請願.com》に掲載されております。

http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-236.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆

【西川京子先生講演会:「女子力」が日本を救う!】

■第1部:西川京子先生講演『「女子力」が日本を救う!』「男女共同参画社会との美名の欺瞞・家族の絆が日本復活の原点」
(40分間)

※休憩10分間

■第2部:対談・西川京子先生-水間政憲『永田町に求められる「女子力」の展望!』
(40~50分間)

■第3部:質疑応答(30分)

●会場:【武蔵野公会堂ホール】
吉祥寺南口から2分・丸井デパート正面左隣

●日時:1月28日(金曜)・
13時15分開場・13時45分開演

●参加費:一般1000円・学生500円

●問合せ先:090-5560-9728
(担当・ミズマ)

●協賛:
NPO法人・家族の絆を守る会(FAVS)、
そよ風


□◆□◆□◆□◆□◆□◆



動画サイト『超人大陸』で『国家の盾』を解説しました

民主党政権には任せられない。日本の武器となる本を出しました。
http://www.choujintairiku.com/mizuma/mizuma3.html


国民が国家意識を共有できなければ、国土も伝統・文化などを守れません。
それには、国民が正しい知識をもつ必要があります。


その基本的国家意識の知識に
いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」』を、
」として振っていただければ幸いです。





日本のマスコミ報道に疑問を抱きつつも、日本人が朝鮮半島で残虐な行為をしたといまだに思っていらっしゃる方、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「「七奪」は日本の「七恩」だった』の中で、当時の朝鮮版朝日新聞の記事が、真逆だったことを証明してくれてます。


  


□◆□◆□◆□◆□◆□◆


この記事は、営利目的以外インターネットだけ転載フリーとします。
転載条件は【水間条項から転載】との表記だけで結構です。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Please click this banner. Thank you!

人気ブログランキングへ