●超拡散希望《『Will』9月号に「トンデモ歴史教科書③;東南アジア編」が掲載されます》

2016年07月05日 04:19

●超拡散希望《『Will』9月号に「トンデモ歴史教科書③;東南アジア編」が掲載されます》


■『Will』6月号に「トンデモ歴史教科書;韓国編」を寄稿しましたら、
反響が大きくなり7月号に「中国編」を寄稿しました。
そして8月号に「東南アジア編」を寄稿してありましたが、
尖閣諸島が緊迫していた事で休載になりましたが、
9月号に掲載される予定になっております。

この歴史教科書問題は、私も係わった「新しい歴史教科書をつくる会」発足以降、
初めて「日本罪悪史観」の教科書を具体的に批判したことの反響は
予想通り凄い結果になりました。

私の歴史認識問題に対するスタンスは、
イデオロギーと無縁で、「法と証拠」だけを基本に淡々と精査するだけです。

実際、精査する上で心がけていることは、
第1級資料を読者諸賢に提示することを基本として、一次資料探しから始めるため、
レポートを仕上げる時間の9割は資料探しに費やされていますので、
いままで保守言論人ができなかったのではと思っております。

トンデモ歴史教科書の初稿に対する反響で、一番参考になったコメントが、
中山恭子先生の「日いずる国より」5月6日の番組動画のコメント欄から転載させて頂きました。

《石垣直示 (2016/05/06)
水間さん、この教育問題は本当に深刻です(ー ー;)

4日前に灘中高の文化祭に行くと「戦後70年企画」のブースがありました。
(学び舎の教科書採用のことも頭にあり)少し気になったので、
さらっとブースを見ましたが、もう本当に「唖然…」の一言。

解説放送には「沖縄戦での日本軍の悪事、従軍慰安婦がどうのこうの…」、
入ってすぐの掲示板には
「お偉い著名人らしき人が戦争の反省と平和憲法を守ろう等のメッセージ書き」、
「アメリカ兵が日本の子供にお菓子をあげたり治療をしている偏った写真がアップであり、
アメリカが正義だったような印象操作」、
「日本の暗黒の戦前戦後を想定させられる写真を並べた印象操作の数々…」

子供と一緒でゆっくりは見れませんでしたが、
少しの時間でも充分日本が悪かったんだな…と、教育させられる内容でした。

私の価値観では、祖国、祖先に誇りなき人間は素晴らしい人間に育ちません。
しかも教えられる歴史そのものが「嘘」で反日教育しているなら、尚更許せません。

未来の子供達の為にもこの状況を何とか改善しなくては…、
と思いながらも無力な自分を残念に思う反面、水間さんの存在、日本のこころに希望を感じ大きく期...》とあり、
なるほど『学び舎』の歴史教科書は、
いままで行っていた「プリント学習」のプリントを纏めた教科書だったと確信した次第です。

9月号には、「東南アジア編」を寄稿しましたが、その後は未定です。
反日教科書執筆者たちは、精査されることを嫌がりますので、
連続して検証されることがダメージですので、
トンデモ歴史教科書に憤っていらっしゃる皆様には、
情報戦の基本として『Will』編集部へ、
トンデモ歴史教科書の連続検証をお願いしてください。

反響次第では、簡単に打ち切りになります。それが現実なのです。

最近、「ひと目でわかるシリーズ」が、地方中核書店で引出しに隠され、
版元に戻りが多くなり増刷になりませんので、
いくら決定的一次資料を発掘スクープしても、無駄骨になっております。
これもまた厳しい現実なのです。
反日勢力が一番嫌がっている「ひと目シリーズ」は、
あとがきを京都御所で書き上げた
『ひと目でわかる「日の丸で歓迎されていた」日本軍』です。
この本は、敵が一番嫌がっているようですので、
高性能な反日日本人潰しの「武器」に仕上がっています。

全国の同志の皆様方には、是非、
お知り合いで理解のある「美容室」や「床屋」などの
ブックスタンド用に寄贈していただけばと思っております。
それが実現したときには、その反響を教えていただけば、
動画で紹介させて頂きますので、宜しくお願い致します。


◆「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2248.html


※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/





▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
【下記の事柄も継続拡散希望】


《アマゾン(書籍版)》








《アマゾン(電子書籍版)》






★平成27年4月28日の主権回復の日から1000日を目処に、
覚醒されていらっしゃる皆様方に協力していただき
「日中・日韓」の歴史認識問題を終結させますので、
是非、「やまと新聞動画会員」(月額324円)の登録を、何卒宜しくお願い致します。
また、「水間政憲の国益最前線やまと新聞ライブ放送」を
継続するためにも登録をお願いする次第です。

やまと新聞インターネット放送;
毎週金曜日午後10時から1時間;
番組名【やまと新聞;水間政憲の国益最前線レポート】
http://ch.nicovideo.jp/yamatoshinbun



※全文転載による拡散だけでなく、
ツイッターやフェイスブックによる拡散もお願い致します。
各記事最下部にあるボタンをクリックすることで簡単に拡散可能です。